片づけの固定観念にとらわれない

こんにちは。

自分らしい片づけ方を選ぶサポーター
SEN選:ライフオーガナイザー®の
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

片づけサービスはこちらから→

片づけの固定観念にとらわれない
というと
難しい感じがしますか?
それとも楽になる気がしますか?

何もないところから自分にあった収納を
考えるのは難しいと感じるかもしれませんね。

固定観念=ルールではなく
固定観念=「こうあるべき」という自分の考え
だと思います。

片づけやすさは
その方の行動動線やクセにより
だいぶ変わってきます。

だから、そこを確認することが大事なのですが
そこに「こうあるべき」が強くあると
使い勝手の良い収納から遠ざかることもあります。

「どうなっていると楽?」
「無理のない収納ってどんな収納?」
「これまでの収納の使い勝手はどう?」
そんなことを探りつつ
その方のクセや行動動線を考慮し
仕組みを作っていくことをしています。

片づけって時に試行錯誤だったりします。
我が家も試行錯誤で収納の見直しをします。

片づけの仕組みを作ったとしても
一回でその状態をキープできるとは限りません。

仕組みを作ったら終わりではなく
使いやすいように変更していく
そこも大事なんですよ。

我が家も試行錯誤の末に
本棚にバッグを収納しています!
8CC394F9-2145-43AA-A815-42D1DFB2BACD

ここは一軍のバッグ置き場。
クローゼットの近くに設置している本棚の中。

もともと収納されていた本を見直して
スペースができ、そこにバッグを置くことで
クローゼットに余裕が出て使い勝手はアップしました。

E6F73E9B-4EBB-4881-BED3-671A84B6E688

ここには、バッグの中身を一時置きできる場所も
設けているんです。
バッグを変える時に、持たなくてもいいもの
ありますからね。それを置いておく場所です。

バッグの中にモノが入りっぱなしになり
「どこに置いたっけ~」なんて迷子を防ぎます。

312A41C7-0A9C-45A8-A30E-FF67458E8D92

ちなみに二軍はクローゼットの上部
無印PP収納ケースの中におさめています。

これらは、
試行錯誤した末の収納です。
この先、本棚を撤去しよう
なんてときも来るかもしれません。

でもそんな時でも
「こうあるべき」にとらわれずに
使い勝手の良い収納を考える
それができるとといいなと思っています。

 
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

6月の片づけ作業承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA