片づけはモノと向き合うだけじゃない、自分と向き合うチャンスでもある

片づけの仕事をしています。というと「どうしたら捨てられるようになるのかわからない」とか「捨てられないから片づかなくて」と声をかけていただくことも多いものです。

でもね、リバウンドしにくい片づけには手順があるんです。

お客様にはもっと楽にもっと楽しく片づけをしてもらいたいし、「片づけなくちゃ」という不安を手放していただきたいと思っているので、「モノを減らす」から始めません。モノだけに意識を向けすぎると、一時的なキレイさを手に入れるだけになってしまうことも多いのです。

どれだけモノの量を減らしてみても、素敵な収納術を試してみても、やっぱり維持ができない状態では、いつも頭の片隅に「片づけなくちゃ」がつきまうことになりかねないのです。

そう、片づけに納得していない状態が続くわけです。

維持できる片づけには「自分にあった片づけの仕組み」を作ることが大事

納得できる片づけにするためには、しっかりご自身の考えに耳を傾けながら、あなたに合った無理のない片づけの仕組みを作り上げていくことが大切です。

だからヒアリングを大切にしています。

たとえば片づけを始める前に「なぜ片づけるのか?」を考えてみることは、具体的な行動へ移すためや、維持するモチベーションとしても必要なコトでもあるのです。

だからこそ、自分の考えも一緒に整理していく

「どうしたら楽なの?」「したくないことは?」そう問いかけながら空間を片づけすることで、考えが明確になったり自分でも気がつかなかった本当の想いに気がついたり「自分を知る」ことにつながります。

そうして問いかけることでだんだん見えてくる「なりたい自分ややりたいこと」

「もっと自分のスキなことをしたい」
「家族との時間を楽しみたい」
「素敵な空間で過ごしたい」

明確化してできた自分軸は片づけにとどまらず、あなたが大切に思うそんな“ありかた”を選び取る行動へとつながることでしょう。

「片づけのストレスや不安を手放して、自分が本当にやりたいことを楽しむ時間を増やす」

私がお手伝いする片づけは空間が整うだけでなくストレスを手放せるような片づけ。これまでの片づけがどうして難しかったのか、どうしたら楽なのか、あなたに合ったオーダーメイドの片づけをサポートしていきます。そのサポートはまさに豊かな暮らしへの土台作りでもあると考えています。

 

メッセージ

 34歳での出産から8年間、専業主婦として子育てに奮闘しましたが、子ども・家族のためにと自分のことを後回しにして全てを抱え込んだ結果、バーンアウトしました。

 自分を大事にするとはどんなことなのか、ライフオーガナイズの考え方が人生の軸となる自分の考えを整える手助けをしてくれました。

私自身、自分と向き合いながら様々ことを整えて今があります。

ライフステージの変化によって、様々なバランスを取るのが難しくなることもある。

だからこそ、住環境を整えて少しでも片づけの不安や悩みを手放せるストレスフリーの状態であることは重要だと実感しました。

あなたに合った片づけの仕組みは時間と余裕を生み出します

片づけを仕組み化することで新たに生み出される時間と余裕で「自分が大切に思うこと」を迷いなく前向きに取り組めるように、一人でも多くの片づけに悩める方のお手伝いができたらと願っています。

どうぞ、一人で抱え込まずに片づけのお困りごと、相談してくださいね。

ライフオーガナイザー®インテリアコーディネーター:大村純子

片づけ大賞2018年「準グランプリ受賞」

 

 

 

 

電話に出られない場合がございますが折り返しご連絡いたします。044-953-4034受付時間 10:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールお問い合わせ 24時間受付中