自分の気持ちを手がかりにする。子育てで無理してるよ~に気づくために。

NOと言う選択肢、持ってますか?

こんばんは。
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

自分軸があれば・・・
いろいろなことの答えが
選びやすくなる
なんて言っている私ですが

自分の事ってなかなか
見えないものだと痛感しました。

というのも、あることに関して
勝手な思い込みによって
自分の首をしめていたことに
気がついた出来事があったからです。

子どもが生まれて母親になって
子どもがママーって甘えてくるのがカワイイ♡
なんだけど、それも時と場合により。

かわいくママー♡って
甘えてくるような直球ばかり
ってわけではないでしょう?

変化球がくることも多々あるんだよね。

かまって!かまって!かまってー!
とばかりにひっくり返ってみたり
あまのじゃくになってみたり
困らせてみたり、あの手この手でね(笑)

わかるのよ、かまって欲しいのは。
わたしにも覚えがあるから
散々やった手だもの(爆)

抱きしめてあげれば早いのだって
わかってはいるのだけれどね。

でもね、でもね、
自分に余裕がない時には対応できない…

違う甘え方をしてごらん?
言葉で伝えてごらんよ。
お母さんはそっちの方がいいな
そう話してみても
やっぱりひっくり返る・・・

もうね、いい加減にして~って
思いながら対応したりする。

自分に余裕があるときならいいけどね
いつもそうだとは限らないからね。

そんな余裕のない朝だったんだよね。

事態は収まらず、悪化するばかりの状況に
お手上げどころか、
私だって嫌なんだーと叫んだ私
そして自己嫌悪に陥る始末

なんとか子ども達を学校に送り出し
(実際は夫が送り出してくれた・・・)
一人きりになった部屋でやっと振り返り時間

きっと子どもに甘えられるのが
嫌なんだと思っていた自分

母親なのにそんなふうに
思うのはどうなのよ

なんて思っていたから
自己嫌悪に陥るわけだ。

でも、よーく考えてみたら
甘えられるのが嫌というより
甘えられた時はいつでも
受け入れなくてはいけない
今は答えられないんだって
言えない自分がいたことに気がついた。

子どもが甘えてきたら、
NOと言っちゃいけないんだと
無意識にそう思っていたみたいです。

NOという選択肢のないプレッシャー

それに気がついて
思いっきり泣き笑いしました。

なぁんだ、そんなこと!
ちゃんと気づいている方にはそうでしょうね。

でも、こんな些細な気づきが
自分を救ってくれるのですね。
気分がずーっと楽になりましたよ。

そんな気づきがあった後の、
金曜日の朝の出来事。

私:「ねぇ、来週頭は自宅講座だからさ
   ここにある習字道具を
            学校へ持って行ってよ」
  (本当は学校に持って行ってあるはずなのに
   前回の授業に忘れていったんだからさ!)
娘:「え~、手がふさがるのが嫌だから
           お断り~」
私:「私、お仕事なんだけどなぁ~。
          掃除楽になるし」
  (これ一つなくなったところで
            掃除が楽になるわけじゃないけど
   無くなったらスッキリするんだよね~)
娘:「持って行くのは、
            次に授業で使う時でいいと思う
   持って行っても保管場所を
            聞かなくちゃわからないから。
   だから、持っていかない!
            行ってきます」
私:「チッ……」
  (意志強すぎ・・・)

自分の思い通りにならない
「チッ」と思ったわ(笑)
ちょっとくらいこちらの気持ちを
考えてくれてもいいじゃない
なんて思ったりもしたけれど、

だけど、
NOって言いきれるのっていいじゃない!

なんだか私に向かってNOと
堂々と言えている子どもに
プンプンしていた自分のほうが
よっぽど子どもみたいだなと
笑ってしまいました。

試行錯誤で子育て真っ最中です。

少しでも母らしくと思う私に
私の気持ちが無理してるよ~って
少しでも楽になるための方法を
教えてくれているような気がします。

泣きたい時
落ち込んだ時
イライラする時
そんな時は気づくチャンスです。

あなたは、無意識にNOの選択肢を無くしていませんか?

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA