子育て中の夫婦時間と個々の時間

こんばんは。
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

子ども達が
合宿などで不在だった週末、

久しぶりに夫婦二人だけの
週末を過ごしました。

映画を観に行ったり
食事に行ったり
(素敵なレストランではなくKFCね(笑)
なぜなら、子ども達といかないお店だから!)
DSC_2956


そんな楽しい時間も過ごしましたが、

ずっと一緒に
時間を過ごしたわけではなく…

それぞれで、好きなことをするために
私は家で、夫は外で過ごしていたので
大半の時間は別行動でした。

良く考えてみたら
結婚15年以上経つ私たち
結婚当初からこのスタイル。

結婚当初、私はその関係性が
私は私、夫は夫。とはっきりしすぎて
時に淋しく感じられることもあり
ドライ過ぎないだろうか
もっと一緒の時間が必要なのではないか
と思うこともありました。

それでも、
やりたいことができる関係性は
お互いが成長することを
認め合える気がしたし、
自分にとっても
やりたいことができるのは
ありがたいなと思っていました。

そんな関係性も、子どもが生まれ
私が子ども中心にシフトしていくなかで
”やりたいことをやれる”ことが
嫉妬の対象になってしまっていたようです。

子育てをしながら
自分を犠牲にしているという思いが生まれ
イライラした状態を何とかしてもらいたい思いで
疲れてる自分をアピールするようになっていきました。

そういう時に出る言葉は
「あなたはいいわよね、
やりたいことをやっていて」でした。

その言葉の裏には
「私はやりたいことなんて
何にもできていないのに」
がありました。

結局は
自分をおざなりにしすぎたことに
気がつかずにいただけでした。

自分自身のケアもできていないのに
誰かにケアしろとイライラするのは
どうなのかしらねと今では思いますが

子育てに頑張りすぎて
「自分のため」と「誰かのため」の
バランスが崩れてしまっていたのですね。

その結果
夫婦の関係にも影響するということを
実感したものです。

夫婦一緒に過ごす時間は
お互いの話を聴いて
意思疎通をはかる時間でもあると思うから
やはり大切な時間だと思います。

でもその前に、日常生活の中で
「夫だけいいな」
「ずるいな」
という気持ちになってしまうなら
バランスは崩れていないか
いま一度振り返ってみて。

もし、他人のためばかりになっているなら
自分のための時間を持ってみることを
考えてみませんか。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

いったい自分は
どんなことをしたいのだろう

どんな価値観をもっているのだろう

いまいちモヤモヤしているのなら
一緒に整理してみませんか?

9月19日(火)10:00~12:30に
自分を振り返る講座を
講師自宅にて開催する予定です。
自宅講座開催のようすはこちらへ>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA