子育てでも片づけでも 思考の整理は後悔しない選択をするために欠かせないこと

福島県の旅行から私の実家
茨城県にきました。

こんばんは。
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

実は、長女が今回の旅行をキャンセルしたいと
言い出したのがちょうど1週間前。

バレエのレッスンへ行くか、
それとも旅行へ行くか。

本人は真剣に悩んでいたみたいで
泣きながら決められないという娘。

旅行に行きたいと思っている私は
キャンセルもあり得る事態に
結構イライラしつつも

はい!紙と鉛筆。

一緒に気持ちの整理です。

モヤッと考えていることを
あえて文字にして
俯瞰するお手伝い。

こんなふうに。

バレエに行きたいと思っている
なぜなら・・・・。

旅行に行きたいと思っている
なぜなら・・・・。

バレエに行かなかったら/行ったらどんな気分か・・・・
旅行に行かなかったら/行ったらどんな気分か・・・・

そうしていくことで、結局は
「バレエを休んで、次にみんなと比べたとき
上手く踊れなかったらかっこ悪いなぁ」
という不安な気持ちから、レッスンへ行くべきだ
と思っていただけで、ほんとうに行きたいのは
旅行だと気づいたようです。

そう気がついたから
旅行へ行くことにするとにこやかな表情。
決めてからは迷いはなくなっていました。

「子どもなんだから、親が決めてもいい」

もし、それをしていたら
私、きっと旅行中に娘の心情や表情が気になって
楽しめなかったでしょうね。

「親が決める」
それは、確かに私が楽でしょうね。
でも、その方法にはやっぱり違和感があります。

人生は決めたことの積み重ねです。

誰かが出した答えには、自分が納得するための
言い訳を考えることになります。

言い訳だらけの人生より
失敗しても言い訳できない人生が
自分はいいなと思うから

だから、”選択するを代わってあげる”のではなく
”選択しやすいようにサポートする”が
私にできることなのだと思います。

ライフオーガナイズに出会い
どうありたいのかを明らかにする
思考の整理を知ったことは、
片づけだけでなくて
こうして子育てにも役に立っています。

どうしたいのか、それがわからなくても
自分の考えを整理することで
明確になってくるものです。

そうすることで自分の気持ちに正直に
より納得のいく答えが出せるもの。

そうして出せた答えなら
後悔はしないはずです。

「自分のなりたい人生を
選び取っていけるよう」
お手伝いをしよう。
公私ともにそう思っています。

年齢42歳の私と8歳、7歳の娘
その歳の差で、初めてのことを一緒にできた今回の旅
私にとってもまた一つ、貴重な経験となりました。
旅行へ行くと結論を出した長女にも感謝です。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA