旅行から帰宅した後を少しでも楽に 私が実践するちょっとした工夫

今日からお休みという方も
多いのではないでしょうか?

こんばんは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

我が家は明日から家族旅行です。

旅行の準備は大変ですが
楽しみが待っていると思うと
準備が進むものですね。

それに対して
旅行から帰った後は
身体も疲れているし
片づけが億劫に感じるものです。

だから私は、旅行から帰ったことの事を考えて
少しでも楽になる工夫をしています。

工夫とは言えないかもしれませんが、
旅行を出発する前には、なるべく
家の中を整えるようにしています。

遊び疲れて帰宅した時に
ホッとできる空間にしておきたいし

旅行から帰ったら
大量の洗濯物が出るし
後片づけに追われるでしょう?

家が整っていれば
通常の生活に戻りやすくなるのです。

家を整えるというと
大げさに聞こえるかもしれないけれど
特別なことではなく
モノを定位置に戻すだけのことです。

旅行と言えば、
仕舞い込んであるモノを引っ張り出して
準備することが多いもの。

帰宅した後には、当然それらの片づけが
待っているのです。

疲れた身体に、少しでも負担がかからぬよう
旅行に使用したモノだけ
片づければいいような状態にしておくために
家はなるべく整えてから出発するようにしています。

そして、荷物(荷造り)にも工夫があります。

子ども達の荷造りに関しては
先日もブログにしたとおりです。
参考:旅行・合宿の荷造り 子どもが自分で持ち物を管理しやすい荷造り>>>

今回の旅行で準備した衣類関係の荷物がこちらです。
左側が子どもの荷物
右側が大人の荷物です。
20170811211347_IMG_4797

子ども達は
「水着」
「下着&パジャマ」
「洋服」がパックになっています。

見えにくいかもしれませんが、
黒のメッシュに詰まっているのが夫の衣類
彼は下着もTシャツもズボンも全てひとまとめ

このメッシュにギュッと詰めて渡されます。
(夫が自分で準備します)

私のモノは
下着、部屋着、水着、洋服ごとに分けてあります。

基本的に自分の衣類は
自分たちで準備しています。
(子ども達の衣類は私が手伝いますが)

何かしらのケースに入れているので
それぞれ荷物の管理がしやすいのが
特徴なのですが、
子ども達は濡れにくいビニルケース
夫は大き目のメッシュケース
そして私は洗濯用ネットを使用しています。

そう洗濯用ネットがポイントなのです。

宿に洗濯機が置いてある場合がありますよね。
洗濯ができるなら、洗濯をして
帰ってくるようにしています。

全て一緒に洗濯するので、デリケートなものなどは
この洗濯ネットに入れて洗濯するのです。

これらの荷物、
行きは、子ども用と大人用を分けて
それぞれのボストンバッグに入れていきます。
(その方が準備がしやすいので)

帰りにひと工夫がありまして、
着用した洋服(洗濯物)のみ大人用ボストンに
詰めるようにしているのです。
その際に、必要なら洗濯用ネットに入れてしまいます。

帰宅したら大人用ボストンは
洗濯機がある場所に直行し
バッグから洗濯機へ中身を移すだけ!

大量の洗濯物には変わりないですけどね。
まとめておくだけで後がグンと楽になります。

いかがでしたか?
ほんとにちょっとしたことなのですが
私が実行している旅行後が楽になる工夫です。

皆さんは工夫していること何かありますか?

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA