嬉しさと寂しさを味わう

元気に学校へ向かう娘の
後ろ姿をみながら
「ついこの前まで手を繋いで
送り迎えしていたのになぁ」
としみじみした気持ちになりました。
おはようございます。
自分らしい暮らしを選ぶための
気づきをお手伝いする
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
娘たちが通った幼稚園は園バスがなく
つい最近まで手を繋いで送り迎えの
生活をしていました。
送り迎えはやっぱり大変なことでしたが
娘たちの幼稚園時代5年間の月日のなかで
その生活リズムはすっかり定着していました。
だから今朝は
娘の送迎が無くなった現実に
娘の成長を感じるとともに
また一段階手を離れた寂しさを感じました。
でもね、いつかこの状態が
普通(あたりまえ)になってしまうと思うから
今のうちにこの複雑な気持ちを思いっきり
味わっておこうと思うのです。
最初は大変だと思うことでも
試行錯誤でやっているうちに
それが習慣化してくるものですね。
その時々の気持ちに気づきながら
無理なく新たな生活リズムを作っていきたいな
そう思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA