不要になったものを誰かに繋げるという考え方

どうしたらいいのかわからないから
不要なモノを手放せずにいる
そんなことありませんか?

洋服や本ならまだしも
家具などの大きなモノはどうしよう?

まだ使えるのに、捨てるのはもったいない
だからとりあえずそのままにしておく。
そんなこともあるのではと思います。

先週、お客様で大型家具を数点
手放された方がいらっしゃいました。

片づけの時に不要になったモノに関して
どう処分していくのか迷っていらっしゃるときには
要望になるべく近くなるように
アドバイスをさせていただきます。

家具の処分方法はざっくりと
・リサイクル業者に買取ってもらう
・粗大ごみに出す
・地元の方に譲る
・家具の買い替えで引き取ってもらう
などが考えられます。

今回のお客様、
ちょうど家具の買い替えをするとのことで
対象の家具は無料にて引き取ってもらえ
その他の家具は有償で引き取ってもらえる
ということだったようです。

でも、
まだまだ使える家具をできることなら
リサイクルとして扱ってもらいたい
という希望でいらっしゃったのです。

地元のリサイクル業者さんにも
確認はしていただいたようなのですが
たとえブランド家具でも10年以上経過していると
買取は難しいとの返答だったらしいのです。

家具の状態(破損など)によってはどうしても
リサイクルできないものもあります。
(その場合は逆に処分にお金がかかることもあります)

お片づけの際に家具を確認できたので
同期のオーガナイザーから教えてもらった
リサイクル業者さんにコンタクトを取ったところ
お客様の納得のいく形で家具を手放していただけました。

銀座屋さん、ありがとうございました。

壊れてしまった家具なら
処分も仕方がないですが

まだ使える状態で不要になったのなら
また誰かが使ってくれるんですよ~。

お客様にもそちらの方が
お得だったりすることも。

みんなにとってプラスの方法
ご提案していこうと思います。

~現在募集中片づけサービスです~

★片づけサービス・個別相談
募集中です。
詳細はこちらをどうぞ>>>
https://watashinoerabukurashi.com/archives/26663983.html

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA