本は必要な時に必要なヒントを示してくれる

本との出会いは一期一会

惹かれて自ら手に取ったり 
人からオススメされたり
ネット検索して
めぐりあったり

そうして手もとにやってきた本たち

時には、

これまでの
自分の考え方や
モノの見方を
大きく変えるような
ヒントを運んでくれる。

それも絶妙なタイミングで。

さらりと本の内容を
流し読みすることもあれば

読みきらないこともある

何度も読み返すこともある

しばらく時間が経ってから
読み出すこともある

本の読み方ひとつだって
今の自分を表してくれてる。

他の何かが気になって
集中してないな~とか

内容が受け止められず
気持ちが辛くなって
読むのを止めた、とか

自分の置かれた現状を
変えたいって一生懸命に
何度も丁寧に読んだり

何となく今の自分には
重すぎるから後で読もうとか

だから

本を読むときには
自分の気持ちに
素直に従うことにしている。

必要な情報はネットで検索すれば
すぐに得られる時代だけれど

だからこそ、必要なモノ(情報)を
選びとっていくことは大切。

そのためには
ただなんとなくの時間ではなく
自分に返ってくるような時間を過ごしたいと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA