お母さん、好きなものは○○だって残したいの!

DSC_1847

ぐんぐんと成長する子どもたち。
季節が変わる時に
クローゼットの中身の
見直しをしています。

サイズアウトしたものは
子どもに確認しながら
処分していきます。

これまでモノの状態によって
誰かにあげたり
フリーマーケットに出したり
ゴミとして捨てたりしてきました。

でも、
どんなにボロボロになろうが
サイズアウトしようが
ずっと手元に置いておきたいと
言って譲らなかったモノが
こちらの長袖シャツ。

うーん、もう、捨てて欲しいけど~。
お互いが幸せである方法あるかしら?
と考えた末に
お気に入りである
リスの部分を切り取って
トートバッグへ縫い付ける提案をしました。

提案したものの、しばらくの間
トートと長袖Tシャツはそのまま…
それでも自分の性格はわかってるつもりなので
目に入る所に放置です(笑)
見えなくなったら存在を忘れてしまいますから~

こうして娘がこの事を忘れた頃にやっと完成
捨てても大丈夫だったのかもと思ったけれど
娘の喜んでいる顔を見て
良かったーと思いました。

ちょっと歪んで縫えてるけれど
良しとしてもらおう!

そして、このトート、
パン屋さんでポイントが貯まって
いただいたモノだったのだけれど、
なかなか丈夫だし
ちょうど一人分のパジャマを
入れておくのにピッタリなサイズだと
いうことに気がつきました。

これまで味気ない100均のプラカゴに
私が脱け殻のように散らばっているパジャマを放り込んでいたので、
この際だから、好きなモノで
新しい習慣づけをしても~らおうっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA