わからないことの答えを聞いてみることは簡単だけど、理解する力を深めるためにできることがある

この数日は確定申告の書類作成にかかりきりでした。

これまで医療費控除は申請したことあるけれど、個人事業主になって一年生である私は初めての確定申告。

いやね、年末までにやることやっておけば、いきなりガツンとやらなくてもよかったのに、とチラリと思ったけど
いまさらそんなこと言ってもしょうがいないので、とりあえずやる、それしかない!

しかも、始めたら一気にやりたいタイプなので、かなり集中してはまった数日間。

めんどくさそうと思っていた経理もやり始めてみたら、なかなか面白くて、どうやるのかがわかるとさらに面白いなぁと思ったりして。ごちゃ混ぜの数字を項目にまとめて整理整頓してるみたいなんです。分けたり、まとめたりしてみると整ってきて明確化するところは片づけそっくり(笑)

とりかかる前は面倒だったけれど、やり始めてやり方がわかったら楽しめました。いや、ほんとにやってみるって大事ですね!

申告1年生の私は仕分けが分からないところもあり、昨日は税理士さんとの無料相談会に行ってきたのですが、そこで思った以上の情報を得ることができました。

『何を相談するのか』それをわからないまま相談会へ行くのか、『自分がわからないこと、何に困っているのか』を明らかにして相談会へ行くのとは得られる情報の量は全く異なるものです。

解決するなら、とにかくどんなことがわからないのか明確にしておくこと。相談へ行く前にまずは自分でわからないことをチェックしておきました。

「問題を明確化すること」根本の問題を見極めておくことは解決法を導き出すためにも重要です。それは片づけも同じだと思うのです。

片づけ作業のご依頼があると必ず事前のヒアリングをお願いしています。私が情報をもらうことで私がお客さまを
理解することに繋がるのはもちろん、それに答えてもらうことでお客さまが困っていることや変えたいなと思うところを確認してもらうことにもなるからなのです。

片づけは、自身が経験してきたことで、どんなことが上手くいかなくて、どんなことが上手くいっているのか、そこを把握してこそ上手くいかないと思っているところをそう思わなくてもいいような方法で変えて行くことができるのです。

そこを明らかにするための事前ヒアリングでもあるのです。

たとえ時間がかかっていてもそこまでやってみた努力は全く無駄ではないって思っています。今、皆さんがやりにくいと思いながら片づけしている努力も無駄じゃありません。そこをやってきたからこそ
自分にあった方法がわかるのです。

そこまでやったからこそ誰かに教えてもらったやり方を理解する力になる
そう思うから。

やり方がわかると片づけも楽しいと感じるようになったりします。私の確定申告のように。
楽しいと思える解決法を知っていることって大きなことだと思いませんか?

さぁ、やろう!って思った時がやり時です。
一緒に考えていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA