片づけできない罪悪感、さぁ、どうしよう?

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
https://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

自分は片づけができない
子どもにも片づけを
教えてあげられない

片づけをできていないことに
罪悪感を感じるし

かといって

人に片づけをお願いするのも
罪悪感を感じるんです
という話を耳にしました。

罪悪感を感じなくていいんだよ
って言うのは簡単なんだけど

ホントに大切なのは

「どうしてそう思っているのか
何がそう思わせているのか」

を知ることだと思うんです。

自分ができないと感じるところ
どうにかしたいと思っているところ
変えたいと思っているところ

それは何なのか。

人は、自分の経験や考え方を
モノサシにして判断することが多い。

〇〇でなくちゃいけない
と思い込んでいることもあるだろうし

これが当たり前なんだ
と思っていたり

自分にとっての最善は
他の誰かにとっても最善なはず
と考えて疑わなかったり

ものごとが上手くいった
そういう経験が
生きていくための術になる。

試行錯誤でやってきていて

たった1つの正解なんてない。

価値観の違いがあるから。

最近、話を聞いてなるほどな
と思った話なのですが

赤ちゃんが生まれた後に
おススメですよ
と保健師さんから渡された本に
「家が散らかっていてもイイ
子育てが大事なんだから」
(大変だか大事だか忘れたけど、そんな内容)
と書かれていたそうです。

でも、その本を読んだお母さんは
「散らかっている現状がイヤだ
と思って過ごしていた自分は
気持ちが軽くなるどころか
ちゃんと片づけができない私
に×をつけられた気がした」
そうなんです。

自分の価値観によって

今は散らかっててもいいじゃない!
という言葉に助かる人もいれば

それに悩んじゃう人もいるということ。

どんな素晴らしい収納方法も
どんないいルールも
その人に合っていなければ
ストレスの要因になることだってある。

だからこそ、
片づけられない
そんな思いや罪悪感は
どこからきてるのか
その要因をちゃんと知って
自分にあったやり方って何かを
探っていくことって大事だ
と思うのです。

ライフオーガナイザーとの片づけを
ただ単にその場をキレイにおさめる
一時的な片づけだと考えるのは
ほんとにもったいないこと。

どうしたらより良くできるか
あなた自身でその方向へ向かう
あなたにあった方法を考える
そんなお手伝いができるのですから

人に片づけを頼むことにも
罪悪感を感じる人もいるという事実。

そこを
自分で今の暮らしを
より良くするために
必要なことだと知ってもらうためにも
たくさんの人と直接話を交わす
そんな機会もたくさん作っていきたい
そう思っています。

意見交換会という名の
片づけお困りごとに関する話を
皆でしようよ、という会を企画しています。
参加費は無料です。
お時間あえばぜひご参加ください!

3月16日(金)10時~12時 
聖蹟桜ヶ丘のサロンにて
(駅から徒歩圏内にあるサロンです)

ご希望の方は下記からご連絡ください。
詳細をご案内いたします。
お問い合わせフォーム


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA