ついチョイ置きしちゃう。から考える最適な収納とは

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
https://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

モノをチョイ置きしちゃう?
はい、私も!

テーブルの上やカウンターの上
(私はカウンター上です)
そうなの、この高さは大人にとって
チョイ置きしやすいゴールデンゾーンなんですもの。

※ゴールデンゾーンとは
一言でいえばモノを取ったり置いたりが楽ちんなゾーン(高さ領域)
お店でも商品を手に取りやすいゴールデンゾーンを重視した陳列が考えられているんですよ。

じゃあ、チョイ置きはお片づけの敵か?
そう思う!と思ったあなた
チョイ置きしている場所はどんな状態ですか?
チョイ置きしたモノが山積みになってる?
(それは片づけの仕組みを見直してみるといいよね)

無意識でやっているチョイ置きは自分のクセとか、やりやすさを教えてくれます。

だからどこにどんなふうに何を置いているのか観察してみましょう。

置きやすい場所ありませんか?
そこによく置くものは何ですか?

私はカウンターの上に書類を置くことが多いです。

で、その現状がわかったなら
その現状に困っているのかいないのか、どうなりたいのか
どんな収納方法が好みなのか、こだわりがあるのかないのか
自分の希望を聞くんですよ。

私は基本的にモノを外に出したくない。
(だから書類も収納棚の内側に置き場所があるんです)
日常はカウンターの上にモノがあってもいいけど来客がある時は見た目が悪くないようにしておきたい。
これが私の希望だとしたら

考えられる解決方法を出してみる

・毎日書類を処理して棚に入れられる?
・書類だけは扉の外にするのはどう?
・チョイ置きをよしとすることはどう?

これはどうだ、これはどうだと問うんです。

あ~、それはできそうにないなとか
それはイヤだなとかね。
自分は答えを持っていますから。

その結果、今は未処理の書類一時置きとして
カウンターに置くのはよし!としています。
それだけでは山積みになりかねないので
書類の収納ボックスにも一時置きを作ったり、工夫をすることで対応しています。

さて、今日一番言いたかったことは
チョイ置きをよしとすることを考えてみて
ってことなんですよ。

イヤイヤイヤ、
チョイ置きはやがて山になるし
チョイ置きで散らかるでしょう
って突っ込まれそうだけど。

山にならない仕組みやルールを考えるんです。
散らかって見えない方法を考えるんです。

チョイ置きの場所が自分にとって最適の場所なら
そこに置き場を作る、そのかわり散らかって見えない工夫をするんです。

特に、効率的にモノを配置するほうが使い勝手が良いと感じる人には、こんなところに置いちゃダメと思うより、ここに置くならどう工夫したらいいだろうを考えてみるといいかも。

そんな時、色に注目してみるといいですよ。
とお伝えしているんです。

いろいろな色があると散らかって見えやすい。
いろいろな形もまとまりはなくなるけど
やっぱり色のほうが散らかってると認識されやすい気がします。

無印の収納が見える収納としてよく使われるワケ
お揃い感のあるシンプルなフォルム(形)に色

逆に目立たせたいものがあるなら
色でアクセントをつけることも可能なんです。

見せる収納でストレスなく収納する
チョイ置きをついしちゃうんだけど
そういう時には思い出してみてくださいね。

あ、ちなみに夫がよくチョイ置きする場所
トレイを置いてそれでよし!としてる我が家

C3829B61-9E2D-4C28-AA4C-C00BDBC7FACF

自宅講座にいらっしゃった方が
ここだけなんか違うと思いましたと
言われることが多い所でもあります。

いろいろ試しましたが
彼がいろいろ置きやすい場所はココらしく。
であるなら、やっぱりココで!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

 

~現在募集中の講座・片づけサービスです~
★3月の片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
https://watashinoerabukurashi.com/archives/29657151.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA