ついつい先回りしちゃう、私。

おはようございます。
自分らしい暮らしを選ぶための
気づきをお手伝いする
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
我が家の日曜日は
子どもたちの習い事の
付き添いから始まります。
それぞれに異なる習い事がある娘たち
夫と私がそれぞれ
どちらかに付き添うのですが
昨日は私がダウンし
夫がフルで動いてくれることに。
ベッドで横になりながら
「時間に間に合うように支度できるかなぁ」
ドア越しに
いそいそと準備する気配を感じ
子どもたちの様子が
気になって仕方ない私。
定位置にない
リュックサックを探しているらしき
バタバタする長女の足音を聞いたとき
(洗うために移動させてあった)
あ、教えてあげなくちゃと
身体が反応しました。
そこでハッと考え直し
「観察してみよう」
起こした身体をまたもとに戻しました。
ちゃんと子どものほうから
所在を知っているかと
質問にきました。
夫と子どもたち
何の滞りもなく
「いってきまーす」
と出ていきました。
なんだか拍子抜けしちゃった(笑)
もしかして
日曜日の朝をバタバタにしているのは
私なんじゃないの?
と思うくらい。
時間に追われてる感覚になる
日曜日の朝
いつもは自分でやりなさい~
なんて言っておきながら
時間に限りがあると思うと
時間がないからとばかりに
あれやこれやと子どもの準備を手伝い
自分のことは後回し
終いには自分が準備する時間がない…。
ああ、確実に要らぬ先回りしてたわ、私。
子どもが小さい頃って
準備が大変なのは事実です。
でも、子どもって成長してるもの。
「子どもの準備もあるから
母親って大変なのよ」
を手放せずにいたのは
私、でした。
自分にとって必要な先回りも
子どもにとってみたら
考える機会を奪われている
ことになるのかもしれないね。
間違える(失敗)機会を奪うことは
間違い(失敗)を学び修正する機会まで奪うこと。
大きくなった子どもには
間違えないように先回りすることではなく
間違えた時、それを修正する時に
フォローすることなんだ。
忘れ物したって
しまった~っていう気持ちを
味わって見直してほしい。
ダウンしたベッドの中で
そんなふうに考えて過ごした日曜日でした。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA