私のひそかな楽しみ

子どもに内緒で何かを食べる
お楽しみの時間
子どもがもっと小さい時は
そんな至福のひとときを
楽しむことも多かったなぁ。
子どもが大きくなると
キッチンでチョコレートを
口に入れ、何気ない顔をして
子どもの前に行ったら
食べたことが匂いでばれたりしてね~。
今では一人の時間もあって
堂々と食べているけれど
それでもまだあるのです。
子ども達は食べないけれど
私がたま~に食べたくなるもの
改めましてブログへようこそ。
自分らしい暮らしを選ぶための
気づきをお手伝いする
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
そういうものを食べる時は
子ども達がいない、一人のお昼ごはん。
たま~に食べたくなるのです。
これを!

DSC_2635

そう、トムヤムクンヌードル。
先日、久しぶりに食べたくなって
輸入食品を扱うお店(原宿舶来食品館)にて
ママートムヤム(一番下の袋入り)を購入
その後に食料品の買い物のため
イオンへ行ってみたら、なんと
“タイフェア開催中”
ずらりと並んだインスタントヌードルに
「食べくらべ」してみたーいと
興味をそそられた私。
はい、購入です。
すっかりウキウキと気をとられすぎて
本来の買い物を忘れるところだった…
2回もレジに並んだわ(爆)
店を出ようとして買い物すべきものを
全く購入していないことに気がついた…
気がついたのが家に帰ってから
じゃなくて良かった。
今では日清のトムヤムクンヌードル(写真左)が
すっかり定着しているけれど、
インスタントのトムヤムヌードルとの
出会いは20年前のオーストラリア留学時
ママートムヤムをタイ人留学生が
食べていて、それをもらって食べたのが最初
日本ではまだ見かけなかったので
一時帰国する時は箱買いして
お土産にしたりね(笑)
(これとインドネシアのミーゴレンもね)
1年ぶりくらいに食べたママートムヤム。
少し変わってました!
唐辛子が別袋になっていて
辛さの調節がきくようになっていました。
私の食べ方はずっと変わらず。
トムヤムクンはエビが有名ですが
私はチキンと(たまに卵)を入れて
調理します。
(留学時、タイ出身の友人は
フィッシュボールといって
魚の練りものを入れていました)
麺の量が少なめなので
量増しのため緑豆春雨を
足すときもあります。
そして最後にナンプラーとレモン汁。
忘れちゃならないのがパクチー!
(私、大好きでベランダにパクチー育ててます)

20170502141207_IMG_3610

ナンプラーとパクチーはお好みでだけど、
レモン汁はかなりオススメ。
懐かしい思い出もつまっているママートムヤム
たま~に思い出しては楽しんでいます。
小さな子がいる子育て真っ最中のママは
至福のひとときをとるのも大変って
思うかもしれません。
でもね、”自分の好き”に気づいてあげられるのは
たとえどんなに些細なことだって
心の状態に目を向けているってことだから
だから”自分の好き”を素直に楽しんで!
あなたのひそかな楽しみ何かありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA