「サレンダードワイフ」の本を久しぶりに読み返したら…。

何年前だったろう
夫婦のあり方に関するヒント
夫に対する接し方のノウハウ
が載っている!と思って
購入した本。



タイトルの「サレンダード」を訳すと
「降伏する」という意味となり
妻が一歩引くことで、夫からより多くのものを
手に入れるノウハウ本と紹介されている。
この本は私が第一子を出産した直後
夫婦のあり方について悩んだときに
すがる思いで購入したものだった。
その当時、夢中で読んだわりに
書かれていたノウハウを
実践し続けることができず
本棚へ仕舞われてそのままになっていた。
今回久しぶりに手に取って
読み返してみたくなった。
「サレンダードワイフ」になるための原則として
彼を不当にコントロールしない
(相手を信頼して指図するのを止める)
彼の考えを尊重する
(敬意を払い不必要な口出しをしない)
彼に自分の望みを伝える
(要求するのではなく望みを口にする)
などが挙げられており
(実際はもっと書かれている)
自分がどれを実践したのか
はっきりとは覚えていないけれど
読み進めるうちに
なぜ長続きできなかったのか
あの時にはわからなかった理由が
今になってはっきりと解った!
自分の視点が変わると内容の
認識はここまで違うのか!
と自分ながら驚いたほど。
同じように実践を試みたけれど
続かなかった…という人は
どこがダメだったか?に気がつく
ヒントになるかもしれない。
つづきは
「サレンダードワイフ」実践失敗のワケ⁉
~2018.06追記~
私のブログにご訪問ありがとうございます。
「サレンダードワイフ」で検索して
訪問していただいたかもしれませんね。
私は結婚して17年が経ちました。
子どもを出産するまでの7年間は
夫婦2人で過ごしていました。
夫婦2人だけの時期、
家族が増えてからの時期
その時なりの夫婦問題ってあるものです。
夫とのより良い関係性を願い
この本を手にしました。
ただ、初めてこの本を読んだときは
その内容が腑に落ちていませんでしたので
表面上の取り繕いをしていただけにすぎませんでした。
初めて本を手にしてから長い年月が過ぎました。
私の気づきについては
「サレンダードワイフ」実践失敗のワケ⁉
https://watashinoerabukurashi.com/archives/17062363.html
で述べた通りです。
試行錯誤をしながら長い年月を経た今
自分と向き合うことをしたことで
ようやく少しずつ、関係性にマイナスとなる
自分のクセに気づくようになりました。
長年向き合っていたようで
向き合わずに過ごしていた関係
当たり前になりつつあった関係
以前には気がつかなかった
すでにある幸せ。
最近は幸せだなと思うことが
増えてきました。
夫婦関係に悩んでいて
私のこのページへきていただいているなら
下記のページも是非読んでみてください。
幸福学についての学びのレポート
シリーズでお伝えしていますが
シリーズ最初のページとなります。
より幸せに暮らせる
ヒントとなりますように。
https://watashinoerabukurashi.com/archives/31276379.html
ブログを最後まで読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA