看病とひとり時間

子ども達が交代で熱を出し
看病のため寝不足気味に。
子ども達は元気になったけれど
私は眠くてしかたない。
横になっていたら
姉妹喧嘩が開始され
プリプリしながら私に近寄ってくる娘たち。
気がついたら布団の中でサンドイッチ状態の私。
母親なんだから、たとえ自分が
不調であろうとも子どもが第一よ!
なんてことはないの~
自分の身体は大切なのよ~
と思いつつ
「あなた達のことは大好きだけれど
私、今は休みたいの。」
そう子ども達に伝えた後
布団に居座ろうと思っていたのだけれど
夫の提案に背中を押されて
「お風呂屋に行って汗をかいてくる」
ことにした。
いつもは子ども達も一緒だけど
今日はひとり。
ゴロゴロしてる選択肢もあったし
ちょっと面倒かもなんて
気持ちがよぎったのだけれど
もらえるときのひとり時間は
遠慮なく楽しむことにした。
そういえば
私ばっかり…
っていう気持ちが大きくなってたなぁ。
頼ることを忘れてしまうのは
自分の悪い癖。
自分で頑張って満足ならいいけれど
私は疲れて不機嫌になる。
怒っているより
笑っているほうがいいものね。
お母さんが自分を大切にすると
皆が幸せになる。
そういうことなんだよね。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA