賃貸でも気軽にDIY 貼ってはがせる壁紙の貼り方を教えてもらってきたよ

 

こんにちは。

神奈川県(新百合ヶ丘)のライフオーガナイザー®︎インテリアコーディネーターの大村純子です。

自分たちで好みの住まいを作るという考え方

私が学生の頃に留学していた
オーストラリアでは

DIYで家をメンテナンスする

という考え方があり

(留学していたのは20年も前の話だけど)

家を自分たち好みにするために

自分たちで手を入れている

そんな様子をよく目にしていました。

私が帰国してから

DIYアドバイザーを学んだのも

そんな考え方が好きだから。

片づけも自分たち好みの住まい作り
のプロセスに欠かせないと思ってます。

日本では壁の仕上げは壁紙が多いですが

オーストラリアはペンキが多いんです。

知り合いのインテリアデザイナーも

ペンキの色を混ぜながら
部屋を好きな色に塗り替えていました。

手軽に雰囲気が変えられて
楽しいだろうなぁ~と
思いながらそんな姿を見ていました。

日本だってDIYの幅が増えている!貼ってはがせる壁紙

壁紙を変えるだけで
部屋の印象はがらりと変わるものです。

今日は、賃貸でもDIY可能な
貼ってはがせる壁紙もある
輸入壁紙専門のショップ
東京・恵比寿にある
WALPA store TOKYO
(ワルパストアトウキョウ)」に
お邪魔してきました。

せっかくなんだから
壁紙見るだけじゃもったいない(笑)

ということで
貼ってはがせる壁紙の貼り方を
店内で教えていただいてきました。

ちなみに貼り方の動画は
WALPAさんのHPからでも見ることができます。
https://walpa.jp

貼り方はポイントを押さえたら
すぐにできそうでしたよ。

貼り方を教えてもらって
驚いたのは

「気軽さ」
でしたね。

使える場所を選ばない気軽さ
(原状復帰が求められる賃貸でも可能)

そして
きっちり養生しなくてもいい気軽さ

我が家も珪藻土を塗ったり
ペンキを塗ったりしてきましたが

塗る作業のほかに
養生に時間がかかるんです。
※養生…施工箇所以外のところをカバーすること

でもね、貼ってはがせる用の糊は
はみ出してしまっても
乾かないうちにふき取るだけという。

要するにはみ出したら大変!
な感じがないんですよね。

それだけでも
ずいぶん違うんですよね。

手軽に貼り方のレクチャーを受けられる

壁紙貼りに必要な道具は
このようにセットで販売もしているようですが

貼り方を教えてもらうときには、
必要な道具も全て貸し出してくれるので
本当に身一つで気軽にお店へ行くだけ。

貼ってはがせるっていうのだから
剥がした後を見てみたいです!
という希望にもこたえて見せていただきました。

ほんとにスルリと剥がせました。
しかもその剥がした壁紙
再度糊をつけて再利用可能という。

実際にやってみたら
自分でもできる!
ということがわかります。

いろんな種類の壁紙と使い道のいろいろ

私、もう25年前ほど昔
あれは、高校生の頃…

東急ハンズで
シールタイプの壁紙を購入し
いわゆる学習机に貼って
リメイクを試みた経験があって

空気が入って膨らむ
しわが寄ってしまう
なんてオンパレードで
結局キレイに貼れずに断念したんです。

そんなことを話したら
紹介してくださったこちらの
シールタイプの壁紙たち。

貼ってはがせるシールの壁紙

シールタイプで水に強くて
お風呂場に施工した例があるとのこと
幅が広がりますよね~

私ももう一度
家具のリメイクを
このシールタイプでトライしたいかも
と思っています。

この気軽さを暮らしに取り入れる

今回、ご一緒したのは
心とモノの整理から住環境を考える会
(通称:ココモノ)

ココモノ代表の小森あきさん

あきさんは
新たなオフィスにクロスを検討中

私も
夏に向けてただいま絶賛準備中の
我が家のリフォームで検討中

でもそれだけでなく
やっぱり暮らしにもっとワクワクを
ということでいろいろワークショップなど
やったらいいじゃない!と

あんな使い方も
こんな使い方も面白いよね
と話しながら盛り上がりました。

現実になったらまたお知らせしますね。

さぁ、暮らしをもっと楽しもう!

~お知らせ~

★LINE@始めました。
片づけに関するお悩みなど
ご相談くださいね。

友達追加後に、メッセージかスタンプを
送信していただいて登録完了です。

友だち追加

ライフオーガナイザーランキング参加用リンク一覧

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA