より良く暮らすを考える

東日本大震災から丸8年が経った昨日、

8年前の地震について学校で
話を聞いてきた長女10歳が
夕飯時に私と夫に
「ねぇ、8年前の今日は
私たちどうしていたの?」

と質問してきました。

その時娘は2歳半
その日の状況を覚えていないのでしょうね。

その日はたまたま仕事が休みだった祖母が
我が家に遊びに来てくれており
結局帰宅できなかった夫に代わって
不安な一晩を一緒に過ごしてくれました。

いつ起こるかわからない災害
災害だけに限らず
いつなにがどうなるのかわからない人生

だからこそ
今をなんとなく生きるのではなく
今をより良く生きることも
選ぶことはできるのだということ

娘の質問がきっかけで
そんなことを改めて
考えることができました。

「より良く暮らす」をお手伝いする片づけのプロ

人生が限られた時間だと考えたとき
どんな暮らし方をしたいですか?

ちょっと大げさ?
いえいえ、そんなことありません。

それを考える機会があるって
大事なことだと思うんです。

片づけって暮らしに直結しています。
毎日の片づけが楽になると
時間と心の余裕につながります。

やりたいことができるよう
片づけをするということ。

片づけのお悩みを解決し
より良く暮らすために
お手伝いする片づけのプロがいます。

そんな片づけのプロが
みなさんのより良い暮らしのために
協力して開催するイベントがあります。

チャリティイベント神奈川

私が所属する「ライフオーガナイザー協会」では
東日本大震災をきっかけに始まった
5月30日(ゴミゼロ)のオーガナイズの日に合わせて
全国規模で開催されるチャリティイベントがあります。

今年は私、このイベントのリーダーとして
企画運営に携わっています。

先週にはチャリティイベントに先立って
同じくイベントの企画運営をする仲間2名と
(リーダーズと称されております)
ライフオーガナイザー限定の座談会を開催しました。

左:私 中央:大房さん 右:関口さん

開催の様子はリーダーズ
大房亜紀さんと関口ミーナさんが
ブログにまとめてくれています。

【ライフオーガナイザー向け座談会で話したこと】

悩んだ過去を消化して、一歩前進!

こうしてスピーカー側に立って
決められた時間内に伝えたいことを
伝える難しさを実感したわけですが

イベントでは
片づけ現場で活躍する
頼もしいスピーカーたちが
わかりやすく話をしてくれることでしょう。

詳細は決まり次第
ご案内させていただきますね。

神奈川チャリティイベントは
5/17(金)午前中@横浜の開催です。

ぜひご予定あけておいてくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA