私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

カテゴリ: 片づけのこと

こんにちは。

自分らしい片づけ方を選ぶサポーター
SEN選:ライフオーガナイザー®
インテリアコーディネーターの
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

片づけサービスはこちらから→

昨日に書いたメイク関連についての記事。→

その中で、私は普段のメイク時間に
片づけと掃除をプラスしているとお伝えしました。

私がメイクする場所は洗面所。
メイクついでに洗面所をキレイにしているのです。

洗顔→基礎化粧→片づけ・掃除→メイク
ほぼ習慣化している朝のパターンです。

その時に片づけるのは
私が散らかしたモノではなく、私以外の家族が
朝の身支度で使った出しっぱなしのモノ

それを片づけるわけです。

それって嫌にならないの?
そう思われる方もいらっしゃるかも。

我が家も同じように誰かの出しっぱなしを
私が片づけしている状況で、嫌気がしてくる~
って方もいるかもしれませんね。

そもそも、使った人が片づけたらいいんだから
「ちゃんと戻してほしい」って
言えばいいのでは?っていうのは
最初に思いつきそうな解決策ですよね。

でも、それでうまくいってたら悩まないのよね~。

それは解決策のひとつになるかもしれないけど
それだけじゃ足りないかもしれません。

家族が出しっぱなしにしたモノを
いつも片づけているんだけど
そんな状況をどうにかしたい

と考えているお母さん
結構いらっしゃるのではないかしら?

そう感じているお母さんに質問。

いつもモノを出しっぱなしにしている家族のこと
あなたはどう思っていますか?

その人のことを
「やれば片づけできる人なんだ」
と思っていますか?

それとも「いや、片づけできない人だ」
と思いますか?

例えば、子どもに対して
「片づけて」と言いたくなる状態の時に

「我が子は必要な時には片づけのできる子だ」
とお母さんが思っているのか、
「片づけできない子だ」と思っているのか

両者の差は結構大きいと思うんですよね。

なぜなら、その差は
どんなことが片づけを難しくしているのか
どうしたら楽にできるようになるのか
そんな解決策の見つけやすさに影響すると思うから。

「片づけできる人」だと思えていたら
片づけに積極的ではない姿をみても

今は意識が向かないんだなとか
余裕が無いのかもしれないな

とも思えるだろうし、なによりも

収納方法に問題あったかな
こちらの要望がちゃんと伝わってないかな

とその人がダメなわけではなく
他に問題があるに違いないと考えられることで、
違う方法を試してみようとか
声かけを変えてみようなどと
具体的な解決策にたどり着きやすいと思うのです。

そもそも、その人ができないからしょうがない
なんてあきらめなくて済むかもしれません。

最初の我が家の洗面所の話に戻ると

D62A24FE-9DA3-4E30-90E9-86C5DD444F41


だいたい出しっぱなしにする人は夫。
でもね、私は夫のことを
「片づけやるときゃできる人」認定しています。

その根拠?
いくつかあるけど

★迷いなくモノを出して使用している
(モノの置き場所を把握している)
★帰省で数日留守にして帰ってきたら
ちゃんとキレイに家が整えられている
(抜き打ちで帰ってきたら家の中がカオス状態かもしれないけど)

ってところでしょうか。

もしかすると夫は
迷いなくモノを出せるけど
しまうのが面倒なのかもしれません。

以前に、収納で困っていないかと質問したら
「大丈夫だよ」と返ってきたこともあったので

意識していれば片づけできるのだと思います。

出す時って必要だから出すけど
しまうってある程度の意識が必要だったりしますね。

そのしまうってことを少しでも楽にするには
なるべく使う人のクセにあわせて
仕組みを作っていくのがいいのもわかりますよね。

実は我が家の洗面所は夫仕様にはなっておらず
私の「これがいい」にあわせてるんです。

私はなるべく棚の中にモノをおさめるような
見える収納よりも見せない収納がいい。
636065E8-21F3-43A5-88F2-6DAC375EE7D1

一方、夫は扉内の棚に戻すよりも、
出しっぱなしOKな収納(見せる収納とか)
効率性を重視している収納の方が
楽なはずなんですよね。

だけど、見た目スッキリ収納が希望の私
夫のやり方に合わせる収納よりも
自分の希望する収納法を採用しているんです。

そこを自覚しているので
自分の「こうありたい」をかなえるために
夫が出しっぱなしにしたモノを片づけしている
いわば納得しての行動なんです。

そうなると、いつも私が片づけていてうんざり
という意識はあまりないわけです。

とはいえ、これまで
「片づけできない」と思っていた人に対し
今日からいきなり、片づけ得意までいかなくても
「片づけやるときゃできる人」と思えるか
といったら、それは難しいですよね。

だから、片づけにおいて「できた経験」をするとか
誰かと比べるのではなく、
その人の過去と今を比べるような
そんな見方をすることが必要だと思うのです。

できた経験を得るために
一部屋片づける、とかそんなことではなくてね
小さな引き出しでもイイと思うのです。
とにかく「できた!」を感じられるために
スモールステップでもいいですよね。

「片づけできるんだ」って思えること
「片づけできた」って
そう感じられる経験って大きいと思うのです。

自分ひとりでが難しいのなら、
プロの手を借りるということで
それを経験してもらいたいなと思うのです。

私はお母さんたちが難しいと感じがちな
「お子さんとの片づけ」もサービスに加えています。
(私自身、いろいろな子どもたちとの片づけが楽しいこともあって)

子ども自身が「片づけできた!」を実感でき
それを見たお母さんも
「この子は片づけできる子なんだ」と
感じられる経験はとても大事だと思うし

その経験が結果的にお母さんを楽にする
と思っているからです。

コンサル型の片づけを通じて
自分にあった片づけ方を学ぶということは
家族との片づけ方の違いを学ぶということ。

これからやってくる夏休み
今年の夏は、親子で片づけ考えてみませんか?

その方にあった片づけの仕組みを作っていく
ライフオーガナイザーとして
お母さん方の「こうありたい」を応援しています。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

6月の片づけ作業承っております。


 

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

モノをチョイ置きしちゃう?
はい、私も!

テーブルの上やカウンターの上
(私はカウンター上です)
そうなの、この高さは大人にとって
チョイ置きしやすいゴールデンゾーンなんですもの。

※ゴールデンゾーンとは
一言でいえばモノを取ったり置いたりが楽ちんなゾーン(高さ領域)
お店でも商品を手に取りやすいゴールデンゾーンを重視した陳列が考えられているんですよ。

じゃあ、チョイ置きはお片づけの敵か?
そう思う!と思ったあなた
チョイ置きしている場所はどんな状態ですか?
チョイ置きしたモノが山積みになってる?
(それは片づけの仕組みを見直してみるといいよね)

無意識でやっているチョイ置きは自分のクセとか、やりやすさを教えてくれます。

だからどこにどんなふうに何を置いているのか観察してみましょう。

置きやすい場所ありませんか?
そこによく置くものは何ですか?

私はカウンターの上に書類を置くことが多いです。

で、その現状がわかったなら
その現状に困っているのかいないのか、どうなりたいのか
どんな収納方法が好みなのか、こだわりがあるのかないのか
自分の希望を聞くんですよ。

私は基本的にモノを外に出したくない。
(だから書類も収納棚の内側に置き場所があるんです)
日常はカウンターの上にモノがあってもいいけど来客がある時は見た目が悪くないようにしておきたい。
これが私の希望だとしたら

考えられる解決方法を出してみる

・毎日書類を処理して棚に入れられる?
・書類だけは扉の外にするのはどう?
・チョイ置きをよしとすることはどう?

これはどうだ、これはどうだと問うんです。

あ~、それはできそうにないなとか
それはイヤだなとかね。
自分は答えを持っていますから。

その結果、今は未処理の書類一時置きとして
カウンターに置くのはよし!としています。
それだけでは山積みになりかねないので
書類の収納ボックスにも一時置きを作ったり、工夫をすることで対応しています。

さて、今日一番言いたかったことは
チョイ置きをよしとすることを考えてみて
ってことなんですよ。

イヤイヤイヤ、
チョイ置きはやがて山になるし
チョイ置きで散らかるでしょう
って突っ込まれそうだけど。

山にならない仕組みやルールを考えるんです。
散らかって見えない方法を考えるんです。

チョイ置きの場所が自分にとって最適の場所なら
そこに置き場を作る、そのかわり散らかって見えない工夫をするんです。

特に、効率的にモノを配置するほうが使い勝手が良いと感じる人には、こんなところに置いちゃダメと思うより、ここに置くならどう工夫したらいいだろうを考えてみるといいかも。

そんな時、色に注目してみるといいですよ。
とお伝えしているんです。

いろいろな色があると散らかって見えやすい。
いろいろな形もまとまりはなくなるけど
やっぱり色のほうが散らかってると認識されやすい気がします。

無印の収納が見える収納としてよく使われるワケ
お揃い感のあるシンプルなフォルム(形)に色

逆に目立たせたいものがあるなら
色でアクセントをつけることも可能なんです。

見せる収納でストレスなく収納する
チョイ置きをついしちゃうんだけど
そういう時には思い出してみてくださいね。

あ、ちなみに夫がよくチョイ置きする場所
トレイを置いてそれでよし!としてる我が家

C3829B61-9E2D-4C28-AA4C-C00BDBC7FACF

自宅講座にいらっしゃった方が
ここだけなんか違うと思いましたと
言われることが多い所でもあります。

いろいろ試しましたが
彼がいろいろ置きやすい場所はココらしく。
であるなら、やっぱりココで!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

 
~現在募集中の講座・片づけサービスです~
★3月の片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/29657151.html


こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

片づけした後の爽快さが好きです。
だから片づけするんだけど
だ、け、ど
家はいつでもキレイなわけじゃない。

仕事をしていると
資料を広げてるダイニングテーブルは
モノでいっぱいになってるし
娘たちが帰ってくると
紙類やオモチャで散らかる床

41093F54-A52D-44C9-BB6A-69A20F36E23F

夕方慌てて夕飯作ってると
お母さん、ご飯置くところないよ〜
あ、テーブル資料だらけだ〜
ちょっとよけるからね~

で、バタバタバタ…

床に読みっぱなしの新聞や
絵を描いた紙が広げてあったりして
上に乗っちゃった時に
スベってあぶないから
ちょっとそれどかして〜

なんてやりとりも日常

毎日生活していたら散らかる。

でも、これまでの経験から
大丈夫だ、片づけられるって思えているから
だからイライラしなくて済んでいたり
(いや、する時もあるんだけど)
自分にダメ出しすることもない。
(以前はちゃんとできていないとって思ってた
どんだけ完璧主義だったんだろ)

でも、それだけじゃないんです。

ちょっとしたルールが
今は良しとすると思わせてくれて
今は片づけなくても大丈夫だと
片づけを手放しやすくさせてくれてるんです。

私も絶賛子育て中

子どもが家にいる時間帯は
散らかる時間帯でもあるんだけど
なにかと片づけより優先順位の高いことが
目白押しな時間帯でもあります。

その時間帯に片づけを考えていたら
それはそれはイライラするので
その時間帯は片づけを手放しています。

それでも、
やらなくちゃいけないことを先延ばししてる
というような感覚や罪悪感を感じないのは

夜にはリビングをリセットする
というルールがあるからかもしれません。

子どもも含めて夜にはリビングをリセットする
(引っ張り出したモノやリビングに属さない個人のモノは、はい、撤収~!)
ということにしています。

夜は大人がくつろぐ時間
子どもの寝た後は私の自分時間なんです。
くつろげる時にちゃんとくつろぎたいから
自分時間に片づけしたくないから

だからリセットをかけるルール

このルールがあるから
片づけをやらない!と手放すことができるのです。

いつもキレイは理想
だけどそれよりイライラしないためのルール

ルールというと堅苦しい感じもするけど
するべき・やるべきルールというより
やらなくてもいいルールや
自分の助けになるようなルール

このルールは良さそうだぞ
と誰かのルールを取り入れてみると
お、いいかも!もあれば
あー、ダメだ!もあると思う。

だって
価値観はひとそれぞれ
お困りごともそれぞれ
こうなりたいもそれぞれ
だから。

試してみようと思ったら
それを取り入れてそれを実践することで
イライラするのかしないのか
ちゃんと見極めてほしい

どうありたいのか
本末転倒になっていないか

イライラするけど
キレイに家を保ちたいより
ちょっと散らかっていることもあるけど
イライラしない暮らしの方がいいな
と私自身の経験からそう思うから

私がお手伝いするのは
ママがイライラせずに過ごせるための仕組み作り

要らぬところは手放せるように
必要なところはそれがしやすい仕組みを

臨機応変に優先順位を考えるは必要なのだけど
助けになりそうならルールを作る!もありです。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

 
~現在募集中の講座・片づけサービスです~
★3月の片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/29657151.html






 

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

あなたにとって片づけするメリットは何でしょう?
そこを考えたことありますか?

ここ最近ヒヤリングをさせていただくなかで
片づけをするためにモチベーションって
やっぱり原動力になるなと改めて思って。

片づけって面倒だなぁ~
と思う気持ちより勝るほどの
片づけることで得るメリット
いかに自分のためになるかを知っていれば
やろう!と取りかかりやすい。

片づけたらどんないいことがある?
お困りごとが人それぞれ違うように
どうなりたいのか
片づけをすることの目的も違います。

片づけをしてどうなりたいと思いますか?
どうして片づけをするのでしょう。
まずヒヤリングをすることで
その目的を明らかにしていくのです。

これは何も片づけに限らず
ダイエットなどもそうですよね。
持続性のことって目的意識が重要ですよね。

片づけは一時的にきれいにするのではなく
「維持する」持続性の行動も大切なんです。

だから、ヒヤリングの時間は
やり易い方法はどんな方法かを確認したり
目的を明確にするヒヤリングの時間が
作業に取りかかる前にとっても重要なのです。
(私が知ることだけじゃなく
ご自身がしっかり認識してもらえることが重要です)


実は私も、これまでの習慣にない
毎日体操を寝る前に行うことに挑戦中。

少し前に受けた検査の結果から
自分の身体をメンテナンスするために
始めていることなのですが
ちょっと今日は…と思う時も
これを行うことで自分にどんなメリットがあるのか
目的意識を強く持つことで続けています。


片づける目的はひとそれぞれ

片づけられない
なんとなくモヤモヤしている
なんとなく漠然とそう思っている方も

それはどうしてなのか
どうしたら「できた」を実感できるのか

あれをすべきだとか、これをすべきだとか
こうしなくちゃということを手放せるよう

自分ってどうなりたいの?
片づけしたらどんないいことがあるの?
問いかけながら前に進んでみましょうよ!


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

 
~現在募集中の講座・片づけサービスです~
★3月の片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/29657151.html






こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

片づけで気がついたことのひとつなのですが
“ざっくり収納”についてちょっと考えてみました。

よく耳にしませんか?“ざっくり収納”
我が家もモノによって“ざっくり収納”ですが
“ざっくり収納”ってどんなイメージですか?

細かすぎない、ずぼら(いい意味でよ)
投げ入れ可能、曖昧でOK
それが私の持つイメージです。

“ざっくり収納”の反対は“きっちり収納”

「どちらの収納がいいのでしょうか」

これはもう、モノを管理するうえで
どちらが自分には楽なのかの問題です。

きっちり管理したい人に
ざっくりで~はしっくりこないし

細かい管理が苦手な人に
きっちり収納しましょうはストレスだし
なんだかハードルが高い感じ。

“ざっくり収納”は
管理が苦手だからと言って
片づけを放棄しなくてもいいんだよ
という心強い味方にもなります。

なのですが…

間違えてはいけないのは
そんな“ざっくり収納”は
とりあえず何でも入れておこう収納ではないということ。

この“ざっくり収納”が成り立つのは
ちゃんとモノが分類されている場合です!

(所持するモノの量によっては分類なしでもOKかもだけど。
その例が赤ちゃん時代の子どものおもちゃ収納
だいたい分類なしのざっくり収納から始まるのではと思う。
子どもの成長に合わせた収納については後日書きますね)

リビングに置いておいた大きなカゴ
気がついた時に何でも入れになっていた

そのあたりにあった小物をとりあえず入れていた引き出し
いつの間にか紙もペンもレシートもごちゃまぜ
今ではパンパンで開けられない引き出しになっている

そんな経験ありませんか?

“ざっくり収納”でのポイントは
・おさめるモノのカテゴリーが決まっていること
・いくつものアイテムを一緒におさめるのでなく
決まったアイテム(通常は1つか2つ)のみをおさめる

とはいえ、細かい管理が苦手な方が
全てざっくり収納にするというのも
やっぱり使いにくくなります。

例えば
一つの引き出しにおさめるもののアイテム候補が
・パンツ
・下着
・靴下
なら
それぞれを別の引き出しにするのか
(これぞざっくり、アイテム一で投げ入れごちゃまぜ収納も可能)
アイテム2つまでならOKとするのか
(ごちゃまぜもモノにより可能OR畳んで並べる収納)
いや3アイテム一緒がいい
(ごちゃまぜはキツイ、畳んでアイテムごとに並べるきっちり収納)

自分の取り出しやすさや
所有する量などを考慮する必要があります。

管理が苦手という方でざっくりがいいと思っても
引き出しの大きさやおさめるものによっては
ある程度の仕切りがあった方が楽な場合もあるんです。

このざっくり収納を考えてみえてきた
片づかない要因ポイント
収納場所に対しておさめるものを決めていない

先ほど例にした
おさめるカテゴリーを決めていない引き出しやカゴ
時が経つとカオスになる危険あり!です。

あ、当てはまる状態だと思った方は
要因ポイントが自分の片づかないポイントかも。
一度見直してみるといいかもしれません。

たとえざっくり収納だとしても
何をおさめるのかという仕組みは大切です。

収納するモノや量などを考慮し、
使いやすさによって
ざっくりときっちりを上手く使い分け
片づけやすい仕組みを作れるといいですね。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


~現在募集中の講座・片づけサービスです~


★1月2月各種片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28902540.html

このページのトップヘ