私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

カテゴリ: 片づけのこと

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

片づけで気がついたことのひとつなのですが
“ざっくり収納”についてちょっと考えてみました。

よく耳にしませんか?“ざっくり収納”
我が家もモノによって“ざっくり収納”ですが
“ざっくり収納”ってどんなイメージですか?

細かすぎない、ずぼら(いい意味でよ)
投げ入れ可能、曖昧でOK
それが私の持つイメージです。

“ざっくり収納”の反対は“きっちり収納”

「どちらの収納がいいのでしょうか」

これはもう、モノを管理するうえで
どちらが自分には楽なのかの問題です。

きっちり管理したい人に
ざっくりで~はしっくりこないし

細かい管理が苦手な人に
きっちり収納しましょうはストレスだし
なんだかハードルが高い感じ。

“ざっくり収納”は
管理が苦手だからと言って
片づけを放棄しなくてもいいんだよ
という心強い味方にもなります。

なのですが…

間違えてはいけないのは
そんな“ざっくり収納”は
とりあえず何でも入れておこう収納ではないということ。

この“ざっくり収納”が成り立つのは
ちゃんとモノが分類されている場合です!

(所持するモノの量によっては分類なしでもOKかもだけど。
その例が赤ちゃん時代の子どものおもちゃ収納
だいたい分類なしのざっくり収納から始まるのではと思う。
子どもの成長に合わせた収納については後日書きますね)

リビングに置いておいた大きなカゴ
気がついた時に何でも入れになっていた

そのあたりにあった小物をとりあえず入れていた引き出し
いつの間にか紙もペンもレシートもごちゃまぜ
今ではパンパンで開けられない引き出しになっている

そんな経験ありませんか?

“ざっくり収納”でのポイントは
・おさめるモノのカテゴリーが決まっていること
・いくつものアイテムを一緒におさめるのでなく
決まったアイテム(通常は1つか2つ)のみをおさめる

とはいえ、細かい管理が苦手な方が
全てざっくり収納にするというのも
やっぱり使いにくくなります。

例えば
一つの引き出しにおさめるもののアイテム候補が
・パンツ
・下着
・靴下
なら
それぞれを別の引き出しにするのか
(これぞざっくり、アイテム一で投げ入れごちゃまぜ収納も可能)
アイテム2つまでならOKとするのか
(ごちゃまぜもモノにより可能OR畳んで並べる収納)
いや3アイテム一緒がいい
(ごちゃまぜはキツイ、畳んでアイテムごとに並べるきっちり収納)

自分の取り出しやすさや
所有する量などを考慮する必要があります。

管理が苦手という方でざっくりがいいと思っても
引き出しの大きさやおさめるものによっては
ある程度の仕切りがあった方が楽な場合もあるんです。

このざっくり収納を考えてみえてきた
片づかない要因ポイント
収納場所に対しておさめるものを決めていない

先ほど例にした
おさめるカテゴリーを決めていない引き出しやカゴ
時が経つとカオスになる危険あり!です。

あ、当てはまる状態だと思った方は
要因ポイントが自分の片づかないポイントかも。
一度見直してみるといいかもしれません。

たとえざっくり収納だとしても
何をおさめるのかという仕組みは大切です。

収納するモノや量などを考慮し、
使いやすさによって
ざっくりときっちりを上手く使い分け
片づけやすい仕組みを作れるといいですね。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


~現在募集中の講座・片づけサービスです~


★1月2月各種片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28902540.html

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

昨日は小学生の女子と一緒に片づけをしました。
(ビフォー・アフター写真は後日掲載しますね)

オプションの片づけサービスとしている
お子さんと一緒の片づけです。
(昨日はお母さんとキッチンの片づけをした後にお子さんと片づけでした)

私がお子さんと片づけをする理由。

片づけを習慣にする「できた」を実感してもらいたい。
(これは大人でも同じですが)

私は片づけで養える力があるって思っています。
「自分で考えて選択する力」
これは、自分らしくイキイキと生きるうえで
とても大切なことだし、様々な場面で必要となる力だと思います。


片づけでそれを育むには、
親であるお母さんがキーパーソンになります。
だからお母さんの考えを聞く必要もあります。
まず、お母さんが実際に私と一緒に作業してもらうことも。

私がお母さんとタックを組んで、
その力を養える環境にするために仕組みを一緒に作るのです。

お母さんがまず仕組み作りを体感していたら
見守りする時の理解に繋がると思うのです。
仕組みを作った後にその力を育んでいくのはお母さんだから。


片づけを小さいころに学んだ覚えは自分にありません。
親の片づけを見ながら覚えたのかもしれません。
小学生の頃の自分の部屋を思い出すと
それなりに散らかっていたイメージがあります(笑)

自分が母となり、子育てをしていく中で
片づけが得意なことに気がつきました。
得意というか、片づけに苦を感じないということに
気がついたんです。

片づけは得意なんて言っている私も、
自分の子どもと片づけすると
なんだか威圧的になってしまったり
手を出し過ぎて
自分ばっかり片づけをしているように感じたり
なんでだろう…上手くいかないわ
と思っていた頃もありました。
(今では私の小学生の頃より娘たちの方が片づけ上手です!)

そんな私がライフオーガナイズを学んで
片づけの仕事を始めるようになってから

子どもの片づけのSOSをもらうようになり
子ども達と一緒に作業をしていくことで
どうして自分の子どもとの片づけは難しいと感じるのか
そんなことも考えるようになりました。

大人であっても子どもであっても
片づけのプロセスは同じなんです。

私が大切にしていることは、問うこと。
そこから自分の考えが出てくるから。
気がつかなかった自分の考えに気づくから。

やりがちなのが、自分の子どもに問うときに
「ねぇ、これはもう捨てていいよね?」
「これ、使っているの?しばらく使っている所見てないけど」
ってお母さんの意図が入っていることが多い。

そうなの。
自分がどうしたいのかを考えさせるどころか
子どもはお母さんの答えを探るのに一生懸命。
それじゃ、正解があるみたいじゃない!

こう思うから、こうだから捨てるとか
こう思うから、こうだから残すとか
これでいいんだと納得する答えではなく

お母さんがこう思っているからこうする
になっちゃう。

もはや考えさせるではなくコントロールです。

お母さんはこう思うけど、あなたはどう思う?って
議論ならいいと思います。
そうして決断された答えがどうであれ
受け止められるならいいですよね。

やりがちなのは質問しておきながら
自分の考えと違うならダメって否定するパターン

質問する側にとっては
最終的にあなたが出した答えだから
私には非がないわよってことになるから
責任はないし楽なのでしょうけど。
(これ、私がやりがちだったことなんです。
子どもにだけでなく、夫にもこうだったから)

こうなってもらいたいという希望があるなら
問いではなく、説得なり
希望を伝える手法を本来とるべきなのでしょうね。

自分のこうありたいを子どもに押しつける
のではなく
自分のこうありたいは自分で叶える

子どもに片づけられるようになってもらいたいの前に
私が子どもにとってどうありたいか
子どもができるようになるように
自分ができることはあるのか
そこを考えてみる必要があるのかもしれません。

「自分で選ぶ」に必要なのは
なぜ、どうしてを考える必要がある。
だから、自問するなり、問うということは大切なのです。

問いながら、残すものを選ぶ
問いながら、どこに置くのか考える

問いながら行う片づけのサポートですが
私が正解を持っているわけではありません。
持っている正解を問いで引き出すだけ。

この、問いをお母さんの意図抜きで
行うことが結構難しいと感じる部分かなと思うのです。

皆違った価値観を持っているものである。
たとえ頭ではわかっていても
日常でおこる価値観のズレを
それもよし!とするのが結構困難。

それが遠慮なく物申せる家族となると…ね。

さて、
お子さんと一緒に片づけをする前の
注意事項としてお母さんとお話をする事のひとつに
こんなことがあります。

子どもと片づけしていると
お母さんが予期していないモノを
すんなり手放すこともあるものです。

皆さん、捨てるにフォーカスを当てがちだから
えー、これ捨てないの?
は想像しやすいのですが
逆のパターン
えー、これ捨てちゃうの?
は考えてないことが多いもの。

それはそれは衝撃ですよね。

お母さんは、予想外の出来事に
高かったのに、あんなに欲しがったのに・・・って
反応しますよね。

でもね、
そんなやりとりを繰り返さないためにも
自分でほんとうに必要かどうかを考えて
ちゃんと入ってくるモノを選ぶことのできる子
になってくれた方がいいと思いませんか?
お母さんとの信頼関係が出来た方がいいと思いませんか?

お母さんがえー!という気持ちでも
その子の選択なんです。
あー捨てちゃった、捨てなきゃよかったなんてこともあるかもしれないけど、誰だってやっちゃった…ってこともあるでしょ?でも無駄ではなく、そこから学ぶのですよ)


子どもがもう捨てていいと判断したもので
お母さんが手放せないモノは
子どもの管理外になるので
お母さんが管理しましょう。
見えないところに一時置きして
お母さんが納得してから処分でもいいじゃないですか
と伝えています。

もちろん、
子どもはいらないといったけど
子どもの作品を取っておきたい
そう思う方もいるでしょ。

こういう時に大切なのは
あなたの判断に反対するわけではなくて
お母さんがこういう理由で取っておきたいと思ったのよ
ということを伝えてあげることかなと思います。


私も子育てをしながら
日々成長だわと思っている一人の母です。

子ども達がのびのびイキイキと成長するできるよう
(お母さんものびのびイキイキと見守りができるようにね)
一緒に見守っていくことができればいいなと
そう考えています。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


~現在募集中の講座・片づけサービスです~


★1月2月各種片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28902540.html




毎日部屋が散らかってしまい、
毎日片づけしている状態なのですが
これって片づけできていないってことでしょうか?

こんにちは。
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

講座の終了後にいただいた質問。
私が返した答えにプラスして
ブログでシェアさせていただきます。

私、モノの片づけは得意です。
でも毎日部屋は散らかります。

我が家は夜寝る前に
リビングにある私物を片づける
そんなルールを導入しています。

とはいっても、生活しているわけで
朝のドタバタ時間が過ぎ去った後の部屋は
なんだかんだ散らかっています。

朝の洗面所なんて
ワォ!な状態。

一人ひとりが気をつけて
戻せばいいのだろうけれど
朝の時間は余裕もなく
そのまま・・・なことが多い。

だから掃除の前には
まず片づけをすることになります。

毎日その時間がとれているか
といえば、とれません。

冒頭の質問があった講座を開催した日も
部屋は片づいてないままでした。

「今、我が家はなかなかの状態よ!」
なんて笑い話にしましたが
そんな現状です。

さて、本題。

DSC_2772


自問してみてほしい。

・片づけに要する時間はどれくらいか?

10分?30分?それとも1時間以上?
(掃除じゃなくて片づけのみね)

・要する時間があなたには負担になっている?

いつもの片づけに時間がかかる状態なら
ちょっと負担だなと感じるかもしれません。

もし、答えが30分かかるけれど
自分もその時間なら負担になっていない
なら問題もないと思います。

1時間以上かかって
その時間が負担になっているなら
片づけの方法を見直してみると
良いかもしれません。


部屋は散らかる。
片づけたくない時も
片づけられない時もあるんです。

子どもに手がかかる時期は
片づけも掃除も手が空いた時に
やるしかない。

時間をかけられないのも事実。

そんな日もあってもしょうがない
そう言い聞かせてみるけれど・・・

でも、なんだかモヤモヤ
片づいていない感じがして
気になってしまう。

こんな状態なら
もしかしたら
片づけの仕組みが良くない状態で
「まぁ、いいか」
になっているかもしれませんね。

私が、たまには片づけられない日
そんな時があってもいいじゃないと
モヤッとせずに言える理由のひとつに
”片づけられることがわかっている”
ことがあると思います。

どんなに散らかっていても
モノの帰る場所があるから
戻せば片づく。

自分の家に対して
私自身そう思っています。

「そうは言っても、その戻すが難しくて」
「片づけをやってもやっても片づかない」
と思うことがあるのなら

収納方法が自分に合っていない
可能性もあります。

床にモノが全くない方がいい
モノが少ない方がいい
これは人によって異なります。

床にモノが置いてある状態=キレイじゃない
モノが多いからダメなんだ 

そう思い込んで誰かの真似をする前に
自分の考えを
整理してみることをお勧めします。
(優先順位をつけることも大切です。
そもそも片づけしたいかどうかも
?だったりすることも)

そうすることで
自分にあった片づけとは何かを
知ることができます。

片づけは
人と比べても楽になりません。

誰かの家と比べて
我が家はまだまだ散らかっている
よりも

以前よりも
10分片づけの時間が減ったわ
の目線が大切です。

無理のない片づけの仕組みができると
「まぁ、いいか」と
自分に許せる余裕もでてくると思いますよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
片づけのサポートを行っています。

ライフオーガナイズはあなたの家を
一時的に片づけるサービスではありません。

これまでのやり方ではいまいち上手く片付けられない。
こうなりたいという理想と現実のギャップに悲しくなる。
夫や子どもと片づけが合わなくてイライラする。
今のままではだめだと思っている。
暮らしにくさを感じる。
一人では片づける自信がない。
整えるってどうすればいいの?
どうすれば過ごしやすくなるの? 

そう思っているなら
自分にとってより良い暮らしを選ぶ
一歩を踏み出してみませんか。

ライフオーガナイズは
ヒアリングによって思考の整理から始めます。
それが全ての軸となるから。

あなたのほんとうに望んでいることは何でしょう?

あなた自身がきづいていない行動特性を知ることで
あなたに合う仕組みを見つけませんか?

 あなたの「できた!」を応援します。


初回限定の特別価格(期間限定)となります。
 予約可能な日程、詳細はこちらからどうぞ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村

フリマアプリを活用して
不要品を手放しております。

こんばんは。

自分らしい暮らしを選ぶための
気づきをお手伝いする
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

以前から登録していたフリマアプリ

屋根裏に仕舞いこんでいた不要品や
GW中に見直して手放すモノを
アプリを使って出品してみました。

子ども服
夫の靴
キャンプ用品

などなど10点以上

すぐに売れたものもあって
子ども服やキャンプ用品は反応がいいみたい。

初心者で慣れていない私は
梱包や発送で
バタバタしてしまいました。

上手に時間を活用しないと
これが本業みたいになっちゃう(笑)

ささっと簡単でね、
フリマアプリはオススメよ~
とはまだまだ言えない…。

仕組みが作れたら
そう言えるようになるのかしら。

慣れていないからなのか

結構な時間が取られ
(主にリサーチの時間)
気持ちが取られるので
(四六時中ある何かしらの反応(質問含め)に
気を取られてしまう)

ずっと関わっている気持ちになってしまう私。

その反面、
取り引きが成立した時には
不要品がお金になった~
しかもリサイクルショップより
高い金額で~(ここポイントです)
と喜びに包まれます(笑)


不要品を

アプリで売るもよし

誰かにあげるもよし

リサイクルショップで
買い取ってもらうもよし

ある程度の金額が見込めるものはアプリ
使えるよと言う人がいるなら譲って
とにかくスッキリしたいならリサイクルショップ

私の場合、このように
モノによって処分方法を
選ぶのが賢明という結論に達しました。
(当たり前な結論で失礼)


フリマアプリに興味があって
始めてみようかなと思っている方に
私が使用して思ったことを書き出しますね。


・商品を投稿するのは比較的簡単
(1点数分もあれば投稿できます)

・値段は送料を意識した設定が好ましい
(そこを無視すると赤字になる可能性もある)

・対応する時間を自分の中で決めておくとよい
(四六時中反応があります
都度対応が理想でしょうが
ずっとアプリとにらめっこすることになるので)

・送付方法は予めリサーチして把握しておくとよい
(価格設定にも関わることです)
(送料の安いクリックポストなど
事前に登録が必要な場合もあります)

・梱包に必要な材料を用意しておくとよい
(出品してすぐに売れることもあります)


さて、少しでも参考になったでしょうか?
「そんなの知ってるよ~」
と言われそうなことかもしれませんが(笑)

価格設定、発送の方法とその料金については
それなりにリサーチが必要だったなと思います。

収納のスペースもばかにならない不要品

誰かに使ってもらえるしお金なるし
そう考えることで処分することに
前向きになれることもあります。

眠っている不要品はありませんか?

ご自分にあった不要品処分の方法
ぴったりの方法が選べるといいですね。


片づけのサポートを行っています。

一人ではどうしていいかわからない
整えるってどうやるの?
どうすれば使いやすくなるの?

一緒にアドバイスをしながら片づけをします。
初回限定の特別価格(期間限定)ですので、
ぜひご検討ください。


予約可能な日程、詳細はこちらからどうぞ

このページのトップヘ