私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

カテゴリ: 自宅の収納

こんにちは。

今日は、少し前から見直したいと考えていた
我が家のリビング収納棚の整理に着手。

自宅講座で収納をオープンにする人が
片づけるところなんてあるの?
なんて聞こえてきそうですが(笑)

ありますよ、生活してますから。

ちょうど一年前に同じ収納棚に関する
記事を書いていたみたいです。

その時は棚を片づけるというより
棚に置かれていた写真類を整理したのよね。

これがブログに載せた写真

ビフォー

DSC_1929
写真類で占領していた上段
写真を整理したことで
一時的に棚にモノがなくなりました。

アフター

 DSC_1949


それから1年ほど時は経ち、今日の棚。
CDD29758-C8D1-4BB4-9ED6-F6C0E1A6078E

しっかりモノで埋まっております。

ちなみにこの収納棚は
リビングにある扉付きの収納です。

やっぱりね、
生活していればモノは入ってきます。

とりあえずモノを収納棚に納めて
暮らしていくうちに
どんどん新たなモノが詰め込まれていき

とうとう収納場所がなくなって
収まらなくなっちゃった
さて、どうしたものか
なんてことありませんか?


私もね、
ここが使いやすいので
ファイルなどを移動させてきたり
私の仕事関係のモノを置いたら

もとは空いていた上段に、なんとな~く
置いたモノが把握できなくなり
ちょっと使い難いなぁと感じていたのです。

使い勝手が悪いってなると
やっぱりストレスになるから
このタイミングで見直しておくことにしました。

最近増えている仕事関係のモノたち。
本、現場に必要な道具やカバンや資料
それぞれの置き場に納まっていたけれど
この見直しを機に一個所にまとめてみることにしました。
(使い勝手がどうなのか試してみることにしたんです。
片づけはトライアンドエラーですから!)


子どもたちが使う文具類も点在してるので
使いやすい状態を目指すことにしました。

考えるポイントは
ゾーニングによる収納です。


ゾーニングという考え方では
収納する場所が何をする場所なのか
そこを考慮してモノの置き場を
考えていくのです。

ただ何となくそこに置いてあるモノは
モノが使われる場所へ移動させます。

私も今回久しぶりにモノを見直してみたら
『思い出の品』や『使われていないコード類』が出てきましたよ。
(中段の箱に納まっているから外からは見えませんが)

それらが一番使いやすい高さの棚に
納まっている必要はありませんから
違う収納へ移動させることにして
他に必要なモノを収納させます。

94E878FE-A08D-45D1-AAF6-821C83AD7D82
見た目はあまり変わってない(笑)
箱の中身は変わっているのだけど

最上段には私の仕事関係のモノ
上から2段目は文房具
上から3段目は子ども達の工作道具
写真に写っていない一番下は防災用品とお米

もちろんゴールデンゾーンも考慮しています。
(ゴールデンゾーンは背の高さによって異なります。
腰の位置が一番使いやすいので
チョイ置きが多くなるのもその位置ですよ~)


一番使いやすい場所によく使うものを持ってくるのですが
子どもたちの使いやすい高さと
大人の使いやすい高さはもちろん異なります。

小さなお子さんがいるご家庭なら
それを逆手にとって、子どもが届かない位置へ収納する
なんてこともあるでしょうね。

今回新たに設けた最上段
仕事関係のスペースは
しばらくこのまま使い勝手を見る予定です。

今はいろいろな色のファイルが並んでいるので
見た目がいまいちですが
使い勝手が良かったら
ファイルケースをそろえるなりして
見た目を整える予定です。


我が家もそうですが、
子育てをしていると
子どもたちの成長に合わせて
モノも多くなってきたり

仕事を始めたことでモノがふえたり

ライフステージに合わせて見直しをすることは
やっぱり快適に暮らすために必要なことだと思います。

例えば、部屋を一つ物置にしていたけど
子どもが大きくなったから
子ども部屋にしたいなんてときにも

家全体でゾーニングを考えることで
物置のモノをどこに移すのか答えが出やすくなります。

使い勝手が悪いと感じながら
そのままストレスを感じて過ごす日常より

できるところから始めてみませんか?
少しずつ見直していくことで
選ぶ力がついてきますから
自信がなければ最初はプロと一緒にやってみる
それもいいと思いますよ。

どこから始めていいのやら
という方も、よかったら自宅講座へ来てくださいね。
実際の我が家の収納を見ながらお話できますよ。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


~現在募集中の講座・片づけサービスです~

★1月自宅講座、募集中です。
1月26日(金)3名様
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28755381.html
(講座の依頼も承ります。お問い合わせフォームからご依頼ください
小さなお子様がいるお母さんも、ご相談ください)
問い合わせフォーム


調味料・食品などのストック(予備)は
どのように収納していますか?

こんばんは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html)

我が家のストック置場はこんな感じ
20171115180452_IMG_5685

以前は、蓋付きのコンテナに
調味料のストックを入れて
開き扉内に収納していたんです。

そういう状態だと
ストックの管理は
記憶任せなんですよね。

私の記憶は全然頼りにならず

スーパーで使用している調味料が
安くなっている度に
「あれ?まだあったかな~?
でも安いから買っておこう!」となり
無駄に増えていくばかりでした。

記憶は頼りにならないことがわかり
引き出しを貯蔵庫として使うことで
全体が見渡せるようにし
量が把握できるようにしました。

これの何がいいのかって
置き場が限られていることなんです!

安くても無駄に買わなくなりました。
だって買っても置き場がないのですから。

奥には麺類を中心に
インスタントヌードルやスープ、
乾麺、パウチタイプの大豆やコーン
が入っています。

20171115180039_IMG_5678

よく見てもらうとわかりますが
仕切りとして使用しているのは
空き箱3つ。その空き箱は
DSC_3267

生協のミニラーメンの箱
これが厚みがなく薄いので
仕切りとして使いやすいの~(笑)

上の蓋の部分をカットして使っています。
これが3つ並ぶと引き出し幅にぴたりと納まる!


もう一つの引き出しには鰹節、海苔などの乾物
未開封の粉ものや調味料などが入っているのですが

仕切りは一切無し、なんです。

その代りに取り出しやすいように
やっていることがあって

pixlr_20171116180002601

わかるかしら?

特に粉ものって大きな袋の中に
小分けで入っていることありませんか?

袋ばかり大きくてガサツクから
上部を切り落としたら
くるりくるりと折っておくのです。

20171115180443_IMG_5684

上から取り出しやすくなるし
引き出しを閉めた時に
大きな袋の上部が引っかかって
がさがさがさーとならない

しかも、中の個包装には消費期限が
印字されていなかったりするので
外の袋も取っておく必要があるのよね。

こうするとね、仕切り用のカゴも要らない!

ストックは基本的にここに入るのみ
と決めています。

でもね、
私は紅茶が大好きなので
お茶のストックはまた別の場所にあるんです。

あ、おやつも別の場所(笑)

大好きな特別の物と
消費・ストックの回転が速いものは別場所です。
(おやつとかね)

それにしてもよく見ると、
写真が我が家の食事情を
せきららに語ってるね・・・

もちろん、
この方法が誰にとってもよい方法
というわけではないのですよ~。

私は在庫表を作って数字で管理した方が楽~
という方もいらっしゃるだろうし

そもそも管理なんてしたくない!
手前に消費期限の早いものを並べて
とにかく手前から使っていく方が楽~
という方もいらっしゃるでしょう。

自分にとって見やすくて使いやすい収納で
ロスも少なくできるものです。

毎日の使い勝手、クセ、やり方を考慮しながら
一緒にオーダーメイドの収納を作っていくのが
ライフオーガナイザーである私のお仕事なのです。

余談ですが、先日の新聞記事に
キッチンは女性だけの場でなくなりつつあって
コミュニケーションの場に変わりつつある
という記事があったんです。

我が家でも
週末は夫がご飯を作ってくれることが多く
娘が調理を手伝いたいと言ってくる時もあるんです。

夫がキッチンに入りやすいように
子どもと一緒にご飯作りができるように
安全面を考慮する必要があるし
整えているキッチンの方が入ってもらいやすいかな
と感じています。

もったいないロスを減らすためにも
自分が楽になるためにも
キッチンを整えてみませんか?

自分で片づけたいけれど
どこをどう変えたらいいのかわからない
そんな方にも個別にアドバイスをいたします。

12月まで、特別価格で
個別相談(ヒアリング)や片づけサービスを承っております。

~現在募集中の片づけサービスです~
★片づけサービス・個別相談
募集中です。
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/26663983.html



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村









インテリアグリーン(観葉植物)は好きですか?

部屋にグリーンがあると癒されたり
アクセントとなって部屋の雰囲気もグンとよくなりますよね。

私、植物を育てるのは自信がない人でした。
枯らしちゃうのです・・・・

何がいけないのだろう?って
上手に育てている人に聞くと
「水をやり過ぎちゃってない?」

うん、その通りだわ。
枯らせちゃならぬ
とばかりせっせと水やり。
その結果、根腐れで枯れるらしい。

「土の状態を確認すること」
が重要だと知ってから

まずはベランダにて植物を育てて
みることからチャレンジしました。
(観葉植物は枯れるイメージが強すぎて
私の中でそのイメージを和らげるために
楽しく植物を育てることから始めたわけ)


どうせお世話をするなら
食べられる野菜が面白いかも!ということに。
ハードルが高いのか低いのか…。
とにかくワクワクする事が大事だから!

今では子ども達と好きな植物で
寄せ植えを楽しむまでになりました。

そして少し前にブログにしたけど
初心者にもやさしいアイビーは
ベランダで伸び放題となったわけです。
20171015071536_IMG_5343

そして、やっぱり初心者向けの多肉植物。

とってもかわいい姿に引き寄せられて
購入した多肉植物の寄せ植え。
こぢんまりとまとまっていたはずが
数年後にはこーんな状態
20171015071544_IMG_5344

「ろくろっくび」だわね。
こうなると見た目にどうなんでしょう・・・

ということで
伸び放題のアイビーと多肉植物を
インテリアへ移動させることにしたんです。

このままではちょっと見た目が・・・なので
家に眠っていたガラス瓶などを活用してみました。

20171024181406_IMG_5373


20171024181555_IMG_5376

部屋から眺めるベランダグリーンもよかったけれど
部屋に置くインテリアグリーンはずいぶんと和みます。

花屋で購入した切り花や枝ものをざっくりと飾ったり
野の花や植物を飾るのもいいですよね。

いきなり大きな観葉植物を置かなくても
ちいさなグリーンから楽しむ

お部屋の雰囲気、変わりますよ~

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


~現在募集中の講座です~
★次回の講座は11月7日(火)です。
時間:10:00~12:30
場所:講師自宅(場所は申し込み後にお知らせいたします)
料金:3500円(事前に振込をお願いします)
申し込みはこちら★申し込みフォームへ
詳細はこちらから★詳細ページへ

急に寒くなりましたね。
オイルヒーターを出しました。

出しましたって言っても
これまで収納場所であった屋根裏に
持ち上げるのを諦めて
(とにかく重いから危険なのよね)
子ども部屋のベッド隙間に
置いてあったのをリビングへ
移動させただけなんだけどね。

昨晩に長女の体調が悪くなり
添い寝したまま
長女の布団で寝てしまったら
寒すぎて目が覚めました。

娘たちは暑がるので、親よりも
薄手の掛け布団にしてるのです。

真夏を過ぎてつい最近、
掛け布団(薄手の羽毛)を
出したところでした。

あまりの寒さに
ちょっと早いかも~と思いつつ
真冬用の掛け布団と交換した今日。

秋、春用の薄手の掛け布団や
薄手のコートもだけれど
活用する時期が短くなってる
そんな気がするのよね。

それでも手放せずに持ってます。
薄手の寝具。
布団収納は結構、場所を取りますね。

DSC_3188

天袋と押し入れ下段が寝具収納

冬物羽毛を出した今が
一番スッキリしている状態。
真夏のタオルケット使用時が
一番フルの収納となります。

だから、冬に引っ越しして
布団収納余裕だわ~なんて
なっても、夏に仕舞えず困った~
なんてことになりませぬよう!

軽い羽毛の掛け布団は押し入れの
天袋(一番上の部分)が定位置。
出し入れ頻度が低く
軽いものということで。

夏は全ての羽毛布団が収納されるので
天袋に入りきらない掛け布団(羽毛)は
引き出しの中に収納します。
(薄手のダウンケットなど)

DSC_3184

天袋右半分は敷き布団が入っていて
誰かが泊まりに来たとき、
娘を看病するときなどに使います。
(ベッド下に布団を敷いて使う)
押し入れに入るように
コンパクトな敷き布団を選んでます。
(今現在も販売しているか不明です)

DSC_3182

毛布、タオルケットは
シーツ予備は下段の引き出しへ
寝具類の中では、
使用頻度が一番高くなるのでね。

一目瞭然となるように畳んでから
立てるように収納していますよ。


特にこれといった特徴もない
我が家の寝具収納を紹介しました。

住居環境や好みによっても
また来客用をどうするかによっても
布団の所持量は異なりますよね。

ただでさえ嵩張る布団
ただ何となく、いつか使うかも
それだけで所持するには
収納場所がもったいない!

そんなことを言う私も以前は
圧縮袋を屈指しながら
多めの寝具を所持していました!

でもね、結局使われることなく
仕舞われたままの寝具。
特にカバー類は多かったな~。

洗濯したらその日に乾くよ
天気の悪い日にそもそも洗濯しないし。

しかも、使用回数は少ないのに
やっぱり新品じゃないし
年数経つと古びてくるもの。

そんなこんなで見直したら
グッと使いやすくなりました。
っていいながら、予備の枕は手放せずに
4つもあるんだけどね(笑)


自分にとっての適性量を
見直してみること。

そうすることで、
嵩張る寝具収納が
ぐんと使いやすく
なるかもしれませんよ~。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村


~現在募集中の講座です~
★次回の講座は11月7日(火)です。
時間:10:00~12:30
場所:講師自宅(場所は申し込み後にお知らせいたします)
料金:3500円(事前に振込をお願いします)
申し込みはこちら★申し込みフォームへ
詳細はこちらから★詳細ページへ









モノを減らそうと一生懸命になりすぎて
行き詰っていませんか?

こんにちは。
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

私の家には余計なモノがないと思うかたもいますが
ありますよ。余計なモノも。見直しが必要なモノも。
子どもが生まれて成長するにつれて
モノだって多くなってきていますしね。

ただ、ゴールデーンゾーンといわれる
使う人にとって使い勝手の良い位置に
そのモノたちを置くことは避けています。

我が家の収納の考え方の基本です。
(自宅講座に来て実際に見てもらうと、
その点が理解してもらいやすいと思います)

子ども部屋の洋服なども日常用の収納と
たまに使う収納に分けています。

20170917160520_IMG_5260_1

子ども部屋に備え付けのクローゼットは
(写真左側の茶色の扉)
ポールの位置が子どもには扱いにくく
(我が家は私も娘も小柄なので)
収納スペースも限られていたので

IKEAのワードローブ
(SIZE80x50x171 cm)を購入し、
そちらをメインに使っています。


20170917154015_IMG_5256
ちょうど写真は最近の衣替え時に見直して
サイズアウトした服をまとめたもの。

メインで使用しているワードローブは
日常のモノが中心です。

畳むモノが少ないほうが管理も楽なので
子供服は今やハンガー収納がメインです。

トップスはすべてハンガー
ボトムス・下着・靴下・予備パジャマは
引き出しに収納しています。

ただ、このワードローブに
オールシーズンを収納してしまうと
パンパンで使い勝手が悪くなってしまいます。

しかも、子供服はサイズアウトしたり
服がシミ汚れでヨレヨレになっていたりと
一定時期に確認が必要なこともあるので
既存のクローゼットも活用して
衣替えをする仕組みにしています。

20170917154110_IMG_5257


こちらの既存クローゼットにはオフシーズンのもの
夏には、冬服のアウター類を
冬には、半袖Tシャツなどをハンガー収納しています。
(女子ならではの姫ドレスなども常時ハンガー収納♡)

引き出しには季節の小物類・水着・
オフシーズンのパジャマが入っています。
一週間に一回の頻度となる習い事のユニフォーム
習い事の道具も常時こちらの引き出しに収納しています。

管理が楽になるからと一個所にまとめたけれど
一個所にまとめたことでパンパンになったら
使い勝手は悪くなるのです。

モノを減らすと管理はしやすいですよね。
わかっているけど、モノが減らすのができなくて・・・
と悩んでいる方は、
まず、ゴールデンゾーンに置くものを考えてみませんか?
ほんとにそれ、ゴールデンゾーンに置いておくものですか?
そこに置いておかなくてもいいのでは?
使い勝手の良い空間になるといいですね。

ちなみに、私のクローゼットは
自宅講座でもお伝えしているのですが
衣替えしませんが、ゴールデンゾーンを
意識した収納にしています。

衣替えしないと言うか、数分で終わるというか…
引き出しの入れ替えをしたりして
ゴールデンゾーンへ並び替えるだけなのです。
(自宅講座ではその仕組みを詳しくお伝えしております)

興味があると思った方は
自宅講座にぜひ参加してくださいね。

10月自宅講座、募集中です。
10月13日(金)3名様
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25188085.html


~現在募集中の片づけサービスです~

片づけサービス・個別相談
9月末・10月募集中です。
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25326857.html



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村



このページのトップヘ