私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

カテゴリ: オーガナイズ記録

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

『片づけなさい』と言われて
子どもが片づけられるのは
 仕組みができている場合。

そこに至るようになるには
まず、片づけの環境を整えて
どうやってやるのかを子どもが
理解している必要があります。



先日、小学生と一緒に片づけ作業をしました。

学習机をちゃんと
使えるようにしたい
との希望から
机を整えることにしました。

321B8070-D411-4665-96DA-CAF19A24FC2F

一気に部屋全体が整えばいいのですが
所持するモノの量
現状によっては時間がかかります。

1日で片づけようと頑張ったけど
もう2度とやりたくない…
となってしまうより

どこか一箇所を集中的に整える。

その方が
できた!またやる!を実感しやすい
なんてこともあります。

できた!けど疲れ果ててもうこりごり…
なんてならないように。

机の片づけといっても
書類あり、
文房具あり
その他諸々、盛りだくさんです。

なかでも書類(プリント類)
これは見直しに時間がかかり
根気がいる片づけになります。

片づけたい場所が数カ所ある場合、
書類整理から手をつけるより
ほかの場所から始めてみましょうと
助言することも多くあります。

今回は机全体を整えるので
書類整理は欠かせませんから
あえて一番先に手をつけました。
(スペース確保もかねて)

小学生になると毎年教科書をもらいます。
机の1番いい場所に過去の教科書が
そのままになってるなんてことも。

取っておくことはいいのですが
保管場所を別にするなど
考える必要があります。

書類だけでも相当な量となりましたが
集中して作業してくれました。

さてお次は、引き出しの中や
机の上のモノを分類していきます。

引き出しの中がどういう状態か
というのを確認するのも重要です。

一見、机の上はキレイなのに
引き出しの中がごちゃまぜでパンパン
という状態は、使い勝手が悪いし
机の上にモノが進出するもの時間の問題です。

ただ、あるモノを空いているスペースに
収めていくだけだと、その時はキレイでも
すぐにまた散らかることになります。

片づけは基本的に
出す→分類→選ぶ→おさめる
となります。

特にモノが多めの方は
出して分類(仲間分け)すると
こんなに同じものを持っていたんだ
と俯瞰することができます。

そしておさめる時にも、仲間同士
グルーピングしたものでおさめると
一つ一つのモノの場所を覚えるというより
この関係はココとカテゴリーでわかるから
戻す時に楽になります。

ですから、選んだモノをおさめる時にも
私は子どもたちに
これはどの仲間になるのかを聞いて
おさめていくようにしています。
(戻すことができるかどうかの確認の意味も含めて)

そうやって作業した結果
171B909A-296B-443B-94A5-83AE3D937799

机がこんなにキレイになったのは
初めて〜と喜んでくれたそうで
机で勉強するようになったそうです。
(お母さまより)
掲載の許可、ありがとうございます!


いかがですか?
捨てるにフォーカスは当てておりませんが
選ぶ作業をしてもらうと
処分するモノ、自分の管理から外すモノ
上手に判断していました。

どれとどれが仲間で
どう収めていると使いやすいのか
それを確認しながらの作業です。

片づけを一緒にしていると
その子が持つ特徴やクセがわかってきます。

片づけのプロセスで
どこができているのか
どこを苦手とするのか
そこを確認できることで
この先の維持につながります。


そして、片づけすると
こんなに気持ちいいんだ〜とか
やりたいと思っていたことが
できるようになった!とか
できないと思っていたけどできた!とか
そんな気持ちを経験してもらいたい
そう思っています。

それを経験できると
自信となるし、良いからまたやろうと
片づけの習慣がつきやすいと思うから。


母である私が片づけできないから
もしそう思っているのなら
やり方を一緒に考えてみませんか?

私も子育てしていると
苦手でできないことはたくさんあります。

その都度
できることをやっていく
そう思うようにしています。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


~現在募集中の講座・片づけサービスです~


★1月2月各種片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28902540.html













 

こんばんは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

2018年、最初の仕事は小学生2人との子ども部屋のお片づけ
(掲載の許可をいただいております)

小5のお姉ちゃんと小1の弟くんの部屋。
(ちなみにどちらも右右脳の持ち主でした~)
弟くんとの片づけを午前中に行い
お姉ちゃんとの片づけは午後に行いました。

お客様が大人であろうと子どもであろうと
本人の意思を尊重するということは同じです。

ですから、たとえ子どもであっても
私と一緒に片づけをするということを
依頼を受ける際にご本人に確認をしてもらっています。

さらに、一緒に片づけを始める前には
時間は短いですがヒアリングもします。
(話だけだと実際のモノを前にして話を聞くことが多いです)

もちろん、立ち会っていただく
お母様にも注意点をお伝えしたり
事前ヒアリングをさせていただいております。

子ども達には
どうして片づけをするのか
今日一緒に片づけをするとどうなるのか
どういう状態を目指すのか
ということを始めに話をしてから作業を開始します。

今回作業をしたお宅では、基本的に片づけを
子ども達に任せているということで

最初に話をしているときにも
自分たちのモノは自分たちで管理する
ということを意識していることが伝わってきました。

実際、一緒に片づけをしていても
こういう容器の方が使いやすいとか
こうした方が楽だという意見をはっきりと
伝えてきてくれ、私もすっかり感心しきり。
(やっぱり利き脳の特徴が出てるかも~なんて思いつつ、
面白いものだなぁ~と今後の参考が増えました!)


さて、子ども部屋であっても
収納棚からモノを全て出して
一つ一つ仕分け分類していく方法には変わりありません。

ただし、集中できる時間はその子によって異なります。
その子の様子を見ながら進めていくことになるのですが…

子どもの片づけで注意することは
子どもがおもちゃで遊び始めてしまうこと。
久しぶりに見たオモチャは魅力的なはずですものね。
そばにいたお母さんも、注意を促してくださり
順調に作業が進んでいきました。

さて、部屋全体のビフォー写真はありませんが
開始前のお部屋はこんな感じでした。
ビフォー写真1
IMG_0284
ビフォー写真2
IMG_0286

床に積まれていたモノも
仕分け、分類して住所を決めて収納すると
この様な見た目になりましたよ。
(動線を考慮して家具の配置も変えています)

アフター写真1
IMG_0294

弟くん収納のポイントは

何が入っているのか一目でわかる
見える収納(透明・半透明容器)や

アクション数が少なくなるように
フタなし収納を意識しました。

基本的に引き出しや収納容器には
1種類のモノだけを収めるようにして
わかりやすくなるようにしていますが、

引き出しに数種類のモノを入れる時には
本人の希望で仕切りをすることにしました。
IMG_0297

この仕切りは使わなくなった箱や
牛乳パックを利用しております。
まず、使い勝手を見てもらうには
これらの仕切りで十分なんです。


一方、ミニチュア系の細々とした部品を
多く所持するお姉ちゃんの収納ポイントは

透明の見える容器+ざっくりの収納が〇

見た目にこだわれるよう
大好きなモノを飾るように
陳列しながらの収納も意識しました。

アフター写真2
IMG_0296
家具の配置的にL字の収納になりましたが
使用頻度によって置く場所を決め
ほとんど取り出さないモノを奥に置くことで
デッドスペースになりがちなところも
上手く利用することが可能となります。

そして、ついついモノを置きたくなる棚の上。

ココにモノがないだけで見た目が全然違うものです。
棚の上ににモノを置かないように
こんなコーナーを作ってみましたよ。

IMG_0290

お気に入りのモノを集めてディスプレイ

こういうディスプレイは
周りにモノがないから目が行くポイントになるんだよ~
そんなことを伝えておきました。


さて、すっきり片づいて喜んでくれた二人とお母さん。

私が帰った後に弟くんが、なんと!
冬休みの宿題となっていた
絵日記に今日の片づけを書いてくれたと連絡がありました。
すごく嬉しかったので、感想としてご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
題:かたづけマイスターがきた

本文:
ぼくのいえにかたづけマイスターがきました。
(かたづけマイスターはかたづけの名人です)
それで、すごくきれいになりました。
すごくうれしいです。
みんなにみせたいですが、
きょうしつにもってこれないので
すごくざんねんです。
すごくやさしかったです。
つぎは1かいをかたづけたいです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たくさんの思い出があった冬休みなのに
片づけのことを書いてくれたなんて!感激です。

もうね~、これを読んで涙が出た~

わたし、今年一年頑張れるよ!

新年初めの現場は楽しい現場でした。
ほんとにありがとうございました。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

今日の片づけの現場はキッチンでした。
(最近キッチン片づけの現場に入ることが多いです。
明日もキッチンでの作業予定です!)

時間は3時間。
(注:キッチン片づけに必要な時間ではなく
お客様のご希望の時間です)

モノの量、広さによって作業にかかる時間は
もちろん異なります。

どこが困っているのか
どうなりたいのか
それによって作業の範囲も異なります。

一緒に片づけをするお客様は
まとめて長時間片づけすることにも
慣れていないことも多いもの

ちょっと自信ないかもという方には
一日3時間~の作業からスタート
してみることもいいのかもしれません。
(ヒアリングはしっかり行うことをお勧めします)

キッチンの3時間作業なので
全体を整えるというより
(人数がいる場合にはともかく
3時間でキッチン全体を整えるのは
ちょっと難しいかもしれません)

システムキッチンI型の下部をメインに
片づけしていきました。
(今回は食器類の整理はしておりません)

キッチンはモノの出入りも多い場所ですね。

ただ何となく仕舞われたまま
使いにくいなと思いながらも
そのままになっていることも多いものです。

毎日作業をする場所であるだけに
作業効率にかなり影響する場所でもあります。

だからこそ、作業動作を考え、かつ
お客様の使い方や要望を聞きながら
モノをあるべきところへ納め直します。

そのためには全部を出すことが必須。

全部モノを出すことって
なかなかありませんよね。

出すということの利点は
持ち物を客観視できること。
(これだけ持っているんだなとか
もうずっと使ってないなとかね)


ずらりと並んだ調理道具たち
20171218095330_IMG_5766
20171218095344_IMG_5767

まずは調理道具類を中心にずらりと並べ
必要なものを選び取ってもらいます。

選び終わったところで
使いやすく収めていくのですが、

ポイントは
動線的に無駄がないように収納
(ゾーニングを意識した収納)
モノが見渡せるように収納
(取り出しやすさも考慮します)

BEFORE
20171218094209_IMG_5763
AFTER
20171218105140_IMG_5769
写真はシンク下の収納です。

下ごしらえに必要な道具を中心にまとめています。
調理道具の一部(2軍のもの※使用頻度が低いもの)
調理道具でも触ると刃が危険な道具も
(お子さまへの安全面の配慮から)
こちらへまとめています。
調理道具の1軍は、コンロ横の引き出しに
移動させています。

調理道具の見直しが終わると
加熱道具、スパイス類、
食品類、保存用容器(ラップ類・お弁当グッズ)
を同じ手順で選別し、収めていきました。

お料理が好きな方は
調味料も多く持っていらっしゃいますよね。
その調味料(スパイス類)も
使用頻度によって並べ方も変わってきます。
スパイス類の収納場所があるシステムキッチンも
ありますが、今回はスパイス置場一個所では
納まりきらない量でした。
というわけで、
下ごしらえで使うのか、加熱調理時に使うのか
そんな観点から2カ所に分けて収納しました。

私がキッチンの片づけで大切に思うのは
お客様自身がカテゴリーを把握しやすく
モノを管理しやすいように見渡しやすく収める
(見当たらなくて新しいものを買うことの無いように)

調理道具ならここ
食材のこのカテゴリーならここ
お弁当グッズならここ
趣味の道具ならここ
というように。

たとえ新たなモノが入ってきても
同じカテゴリーの場所に収めるようにしていく
それが理解できているのがいいのです。

一時的なキレイさではなく
自分でメンテナンスしていけること
それが大切だと思っています。

使っているのか使っていないのか
モノを選び取るにも頭を使います。

集中してモノを選んでいただいたお客様
2時間を経過したところから
徐々にお疲れの様子が見てとれました。

無理せずに片づけを行うこと
休憩を入れながら行うことも
片づけを続けるために重要であることを
忘れずにいてくださいね。

片づけの仕組みを作った後には
お客様にはキッチンを使用するうえで
使いにくいところはないかどうか
試験運営をしてもらうわけです。

問題があれば、収納場所を変えてもらう
そんなことをしてもらいます。

ある程度収納場所が定着したなら
仕分けトレーなどを購入してもらうことで
見た目、使い勝手をさらに上げていただけます。
(使い勝手がアップしそうなところは
収納グッズのアドバイスもしております)


そこまでのアドバイスをしたうえで
作業も終了です。

※お客様の掲載許可をいただいております。

キッチンが使いにくい
そう思われている方はぜひ
キッチンを整えてみてくださいね。
毎日の使い勝手がグンと変わるかもしれませんよ。

~お知らせ~
12月23日~1月4日まではお休みをいただきます。

1月以降の講座・サポートについては
後日、改めましてお知らせいたします。
(内容等が変更になります)


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村










こんばんは。

今週片づけサポートをしたお客様宅

前回ヒアリングにてお客様の
「こうありたい」という考えを軸に

今の生活スタイルや動線を
考慮しながら部屋の使い道を
がらりと変えることにしておりました。

今回は主に
息子さん用のスペースと
お母様のワークスペースを整えるお手伝い。

一気に部屋を整えるため
同期のオーガナイザー
かまりんことかまたあきこさん
マッキ-ことあらかわまきこさん
一緒に作業へ入ってもらいました。

コツコツとモノの移動は済ませていただいて
部屋には移動してきたモノが所狭しと
作業のために仮置きされておりました。

実は部屋にはまだ収納らしき家具はゼロ

とりあえず衣装ケースや透明ケースに
息子さんが所有するおもちゃが混在して
仮置きされている状態でした。

作業へ入る前にお話を聞いてみると
購入しようかと考えている収納家具を
週末に下見してきたとのこと。

「収納グッズや収納家具は
片づけをした後に購入しましょう」ということを
覚えていてくださって良かったなと
内心ほっとしました。

これは頑張って
収納するモノの量を把握できる状態にしようと
オーガナイザー3名は仕分けに取りかかりました。

作業開始時に息子さんは学校へ行っているため
モノをすべて残す前提で分類をすることに。

女の子のおもちゃはビーズやら細々している
と思っていたけれど、なんのなんの
男の子のおもちゃもパーツが細々、負けていませんね。

私以外のオーガナイザーは男女それぞれの母。
さすが男の子のおもちゃを見慣れている。
しかも、マッキ-なんて現役で
「我が家はレゴ屋敷なの~」ってほど家にレゴがあるらしい!

私なんて出てきたパーツとにらめっこしていたら
「あ、それはプラレールのパーツだよ」とか
「それはナノブロック レゴだ」とか
サクサク作業が進む、進む!

子どものおもちゃ類を収納する場合
(おもちゃに限りませんが)
戻しやすくするためにも分類は必要。

「レゴ」とか「プラレール」など
分類がわかりやすいものはともかく

子どものおもちゃで乱雑になるのは
おまけ系のおもちゃではないかと思います。

おまけのおもちゃって
プラスチックのものから紙のものまで
様々なので、分類が異なるし

次から次へと新しいものが増えていきます。
その住所が不明だと戻せずに
部屋が散らかる原因にもなります。

今回もおまけ系のおもちゃはひとまとめにして
手放すものと残すものを本人に選んでもらうことにしました。

息子さんが帰宅してから
私と息子さんで残すものを選ぶ作業をしました。

親子でこの作業をする場合
難しいのが、親が口出しをしたくなるということ。

子ども自身に管理を任せるなら
主導権を子どもにした方が良いと思っているので
私がお子さんと作業をする場合には
なぜ、この作業をするのか
その意味を説明するところから始めています。

ちなみに、オモチャが増えた時には
どうしたらいいのかも考えてもらいます。

そのうえで選び取る作業をして
本人が考える分類をしてもらうのです。

無事に分類まで終わって
収納すべきおもちゃ類がひとまとめになりました。

そこで改めてモノの量を見ていただいて
どのような収納家具が適しているのか
使い勝手も含めてアドバイスさせていただいています。

お手伝いに入ってもらったライフオーガナイザー二人も
こんな家具があるよと案をぽんぽん出してくれました。

結果的にお客様が考えていた収納家具では
量的に収納が難しいという結論に至りました。

もし、収納家具を購入した後だったら
やっぱり悔やまれますよね。

「収納グッズを買うならモノを選び取った後で」
そこを実感していただいたかと思います。

収納がたりないから~
そう思われて収納グッズを購入してしまう前に
収納するモノを見直してみる
収納スペースに無駄がないか
など確認してみるといいかもしれませんね。

ブログへ内容を掲載することを承諾してくださった
お客様、ありがとうごいました。

お手伝いしてくれたオーガナイザーのお二人
ありがとうございました。

~現在募集中の片づけサービスです~
★片づけサービス・個別相談
募集中です。
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/26663983.html


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村

あなたは片づけたい場所がありますか?
それはどこですか?

おはようございます。
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

昨日は片づけサポートに行ってきました。

ご依頼主様は自宅でサロンをされている方でした。
サロンはご自身が施術をする場のみでなく
交流もできる居場所としてオープンにされています。

(私もサロンで講座を開催させていただくことになっています)

ヒアリングは別日に実施したこともあり
昨日は片づけを3時間かけて行いました。

講座に参加される方もそうなのですが、
ヒアリングなどで思考が整理されると、
今の自分が整える必要のある個所の
優先順位がはっきりされてきます。

今回も、サロンを整えるより先に
ご自身のリビングから整えるということになり
昨日はリビングにある収納棚を片づけしました。
※掲載の許可を頂いております。
(掲載写真の全てはアフターです)

20170914123206_IMG_5254

ガラス開き戸内の棚と引き出し4つの収納です。

まずは引き出し部分から

一番下の引き出しには主に薬関係が入っておりました。
その中にはちらほらと日用品類も混在していました。

確かこの辺にあったはずだと記憶を頼りに
お目当てのモノを探すのって大変ですよね。

ご依頼主様も、使いたい時に
使いたいものが見当たらないので
新たに購入してしまう状態だったそうです。


そういう場合には、
一目見てモノが判別しやすい収納を心掛けるといいですね。

薬類は薬類としてまとめて一つの引き出しへ
日用品でもティッシュやマスクといった衛生品は
隣の引き出しへ納めました。

ご依頼主様にとってカテゴリー外と判断された
モノは他の場所へ移動してもらうと
スペースに余裕ができました。

そこで、別の個所に置いてあった
処方薬をこちらの引き出しに収める提案をしました。

20170914123139_IMG_5250


ご依頼主様は私と同じく右左脳。

私自身もそうなのですが
見える個所はビジュアルにも気をつけたい
でも、引き出しのように隠れてしまう場所は
そんなに気にしない傾向にあります。

外から見えないからOK、とりあえず入れておく
ざっくりで構わないと考えます。

でも、文房具のように
はさみも、のりも、えんぴつも、画鋲も…
など様々なものが一緒になる時には
ざっくりすぎると使いにくくなるのです。

きっちり仕分けするけれど
全体的に見渡せる収納がベストです。
20170914123200_IMG_5253


さて、一番時間がかかったガラス開き内

時間がかかったのは書類が多かったから。
書類整理は時間も根気も必要です!

ご依頼主様には引き出し内に入っていた紙類の
選別作業を頑張っていただきました。

紙でいっぱいだった引き出しが空き
新たにレターセットなどを収め
使い勝手のよい引き出しに大変身しました。

こちらの棚に置くモノを見直したことで
スペースに余裕もできました。

20170914123120_IMG_5249



リビングに位置している収納は
そこに入るものが決まっていないと
なんでも引き出し(置き場)になってしまいがちです。

本来そこにある必要のないものが
一緒に収められていることが多いものです。

モノの指定場所を決めるのも大切だけれど
ざっくりとしたカテゴリーであっても
何が入っている引き出しなのか
それが明確になっていると
探す時はもちろんのこと、
余計なモノを一時的に入れることもなくなりますね。

リビングの収納、
とりあえず何でも収納になっていませんか?
使い勝手がよくなるように見直ししてみましょうね。

我が家も見直してみよう~と
背中を押すことができたら幸いです。


最後に
ご依頼主様
初対面にも関わらず、いろいろお話いただき
考える時間を共有できたことで
私自身も得るものがたくさんありました。

また、写真掲載の許可もいただき、
本当にありがとうございました。


~現在募集中の講座・片づけサービスです~

片づけサービス・個別相談
9月末・10月募集中です。
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25326857.html


10月自宅講座も募集中です。
9月19日 満席
10月13日(金)3名様
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25188085.html
(講座の依頼も承ります。お問い合わせフォームからご依頼ください
小さなお子様がいるお母さんも、ご相談ください)
問い合わせフォーム



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村




このページのトップヘ