私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

カテゴリ: 思ったこと

こんにちは。

自分らしい片づけ方を選ぶサポーター
SEN選:ライフオーガナイザー®
インテリアコーディネーターの
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

片づけサービスはこちらから→

家で仕事をしていると、帰宅した長女が一言
「お母さん、ちょっと片づけてくれるかな」

娘がそう言ってくる時は、友達が家に来るよの合図です。

41093F54-A52D-44C9-BB6A-69A20F36E23F
少し前の写真だけど、
日中の我が家のリビングテーブルはこんな感じ。

いやいや、片づけてって、
いつもよく来ている友達だし
何をいまさら言ってるのか…と思いつつも

最近はかき氷を友達と作るブームで
キッチンに入ることが多いので
流しの食器だけは片づける私。
(食器洗いが進まず、よく溜まりがちになるんだよね…)

私が片づけの仕事をしているからなのか
大村家の子どもたちは散らかさない
そう思っている方もいるようでして

娘たちは帰宅するなり
リビングにランドセルをおろして
中身を床に全出しするかのように
床にモノが散らばっている状態なんて
よくあることだよ~というと
驚いていただけるわけです。

20170503132926_IMG_3674

ランドセル置場は決まっているので

帰宅してランドセル置場に直行する時もあれば
直行する前に床に着地する時もあるわけです。

夕方になると必ず定位置には戻ってくるので
(我が家のリビングは夕方にリセットするので
ランドセルがそのままリビングの床に出しっぱなしということはない)

日中に「これをどうにかして!」と言うことって
ほとんどないかもしれません。

子どもたちの片づけを見守ってきて
この子たちは片づけできるわって
思えるようになっているので
イライラは確実に減っています。

お母さん、片づけてね~
と言えるようにもなったか、
散らかっている状態をちゃんと
散らかっていると認識できているんだなぁ
と思わずニヤリです。

片づけなくちゃといつも気をつけている
それはそれで素晴らしいかもしれないけど

上手に片づけを手放すことで
その時にやりたいこと、やるべきことを
優先的にやれる状態の方がいいと思うから

そのために「片づけられる自信」があるということ
モノとの向き合い方を知っている方が
大事だなと思うのです。

モノにコントロールされている状態は
いくらモノの量を減らしてみても
収納術をためしてみてみるものの
どこか不安で、いつも頭の片隅に
「片づけなくちゃ」がつきまとう。

モノをコントロールできている状態なら
ここぞという時でも「大丈夫」と思える。
だから、ソワソワ、イライラ片づけなくちゃと
思うことも少ない状態でいられるのだと思います。

片づけに自信をもってもらいたい。
大人だけじゃなくて、子どもにも。

だからこそ「自分に合った片づけ」を
知ってもらいたいと思うのです。

片づけのどこが不安に思うのか
どこがやりにくいのか
どんなことが楽だと思えるのか

家をキレイにするだけじゃない、片づけ。
片づけで養える力ってあるんですよ。

お母さんのイライラを手放すためにも
夏はお子さまとの片づけを
考えてみませんか?

今週末は町田にて片づけのプロによる
無料の相談会も開催されます。

相談らしい相談がなくても大丈夫。

話をするだけでも
気がつかなかったヒントに気がつくこともあるから。

よかったら遊びに来てくださいね。

「まちだくらしフェア2018」
日程:2018年7月6日(金)7日(土)
時間:10時~16時
会場:町田市民フォーラム3F・4F
1FB0502C-7A89-48E0-ADDB-189B35DE9C38

「心とモノの整理から住環境を考える会」
として参加いたします。
私も6日(金)の午前中は
会場に相談員として参加する予定です。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

今年の夏は片づけしてみませんか?

こんにちは。

自分らしい片づけ方を選ぶサポーター
SEN選:ライフオーガナイザー®の
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

片づけサービスはこちらから→

片づけの固定観念にとらわれない
というと
難しい感じがしますか?
それとも楽になる気がしますか?

何もないところから自分にあった収納を
考えるのは難しいと感じるかもしれませんね。

固定観念=ルールではなく
固定観念=「こうあるべき」という自分の考え
だと思います。

片づけやすさは
その方の行動動線やクセにより
だいぶ変わってきます。

だから、そこを確認することが大事なのですが
そこに「こうあるべき」が強くあると
使い勝手の良い収納から遠ざかることもあります。

「どうなっていると楽?」
「無理のない収納ってどんな収納?」
「これまでの収納の使い勝手はどう?」
そんなことを探りつつ
その方のクセや行動動線を考慮し
仕組みを作っていくことをしています。

片づけって時に試行錯誤だったりします。
我が家も試行錯誤で収納の見直しをします。

片づけの仕組みを作ったとしても
一回でその状態をキープできるとは限りません。

仕組みを作ったら終わりではなく
使いやすいように変更していく
そこも大事なんですよ。

我が家も試行錯誤の末に
本棚にバッグを収納しています!
8CC394F9-2145-43AA-A815-42D1DFB2BACD

ここは一軍のバッグ置き場。
クローゼットの近くに設置している本棚の中。

もともと収納されていた本を見直して
スペースができ、そこにバッグを置くことで
クローゼットに余裕が出て使い勝手はアップしました。


E6F73E9B-4EBB-4881-BED3-671A84B6E688

ここには、バッグの中身を一時置きできる場所も
設けているんです。
バッグを変える時に、持たなくてもいいもの
ありますからね。それを置いておく場所です。

バッグの中にモノが入りっぱなしになり
「どこに置いたっけ~」なんて迷子を防ぎます。

312A41C7-0A9C-45A8-A30E-FF67458E8D92

ちなみに二軍はクローゼットの上部
無印PP収納ケースの中におさめています。

これらは、
試行錯誤した末の収納です。
この先、本棚を撤去しよう
なんてときも来るかもしれません。

でもそんな時でも
「こうあるべき」にとらわれずに
使い勝手の良い収納を考える
それができるとといいなと思っています。

 
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

6月の片づけ作業承っております。

こんにちは。

自分らしい片づけ方を選ぶサポーター
SEN選:ライフオーガナイザー®の
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

片づけサービスはこちらから→

本日は神奈川チャリティーの日

本来ならボランティア参加
の予定でしたが
土曜の夜から発熱した長女
昨晩も熱が下がらずに
急遽、代わっていただくことに。

(チャリティのリーダーは
こんなご迷惑をかける事態にも
娘の体調を気遣っていただく
配慮をしてくださって(涙))

当の長女は今朝、回復しました。
私は一般参加として会場へ行く予定です。

~~~
~~~~~~~~~~~~~~~
昨日は母の日でしたね。

私は片づけの現場仕事でしたので
特にお祝いをしたわけではありませんでした。
0424FD09-7258-431D-A5CF-F47D857F9406
(次女からは野の花のプレゼントと
メッセージカードをもらいました)


長女が発熱したため
夜の長女の看病は私が担当。

日中は夫が家事・看病を担当。

次女は車で10分ほどの
義理実家で面倒をみてもらいました。

ほんとにありがたいものです。

平日は私が子ども関係のことなど
引き受けることが多いですが

土日は私が片づけ現場へ行くことや
学びの場へ行く事も多く
夫にお任せすることが多いのです。

昨日のようなことがあると
それぞれができることをして

協力していく
それができることが
ありがたいことなんだよなぁ

と思いました。

娘たちも小学生になり
自分のことは自分でできることが
増えてきたこともあり
私が仕事で遅くなって
いろいろ任せることが多くなってきました。

協力してくれる家族のために
私自身ができることのひとつに
仕組み作りがあると思っています。

子どもたちが自分で
モノを管理しやすくなる仕組みだったり
それぞれの使い勝手やクセを把握して
管理しやすくする収納とかね


家族が使う頻度が高いモノを
わかりやすくする仕組みだったり
ゾーニングによって
このあたりには〇〇があると
わかりやすくする収納とかね

夫がキッチンに入っても
迷わなくてすむ仕組みだったり
自分には必要ではないけれど
家族のためにするラべリングとかね

片づけの現場にいくと
お母さんが全てを担っている現状
を目にすることもあります。

片づけによって
手放せることもあるんですよ。

相手に頼むだけじゃなくて
そうなるように自分ができることだって
あるんですよ。

少しずつ一緒に片づけをする中で
できた時間の余裕で〇〇したいとか
こんなことに興味があるんですとか
そんなことを聞くたびに
ほんとに嬉しくなるんです。

そうやって自分の時間を持つこと
それが幸せにもつながるから。

キレイにする片づけだけじゃなくて
自分に返ってくる片づけ
始めてみませんか?


5・6月の片づけ作業承っております。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


こんにちは。

自分らしい片づけ方を選ぶサポーター
SEN選:ライフオーガナイザー®の
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

片づけサービスはこちらから→

~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日の片づけ現場にて
家はさぞかし片づいてきれいなのでしょうね
とお客様

いつも片づいているわけではなく
片づけを手放すことだって多いですよ。
と答えた私。

大事なのは
いつも片づいた空間より
片づく自信がもてる仕組みがある
ということなんだって思うのです。

大丈夫、片づくから!
という気持ちでいられる仕組みがある

どうやったら片づくのか
片づけの手順・自分に合った方法
を知っているということ。

だから、片づけの現場では
大村があの時言っていた
「片づく自信がもてる仕組みが重要」
ってこういうことだったんだ!
とその意味を
日々の暮らしの中で実感していただきたい
と思いながらお客様と一緒に
片づく仕組み作りをしているんです。

片づいた直後の「すっきりした~」
もいいのですが
日々の暮らしでストレスフリーの状態を維持し
「あ~、片づけが前ほど大変だと思わない」
と実感していただけるのが大事だと
あえて声を大にして言いたい!
(即効性よりも、ジワリと効く。その効き目はきっと長いはず)

その仕組み作り
頑張って一人でやらなくていいよ
一緒にやってみようよ
と活動しているんです。

私があなたに代わって片づけますよ
ではなくてね
片づけの仕組みを一緒に作って
その片づけの手順や方法を
実際にやりながらお伝えする
なんです。

子育て忙しい?
そうだよね、私もそうだった。
(まだ、バタバタしてるけど
気持ちの余裕はずいぶん違うかな)

まだ娘たちも手がかかる
そんな時に自分にエンジンがかからない
なんてことも経験したしね。

そんな時に救いだったのは
片づけの仕組みがあったこと
(その時はまだこの片づけの仕事にも出会ってなくて
仕組みができてるなんて自覚なかったけど)

子育てに、仕事に
忙しいと思うけど
自分の人生を生きる
ということを考えてほしい。
誰かのためだけじゃなく
自分のために。

そんな忙しい時期だからこそ
自分のために片づけの仕組み
見直してみると良いのではないかしら。

片づけしなくちゃと空間をみてイライラ
よりも、
ちゃんと優先順位がつけられる
その結果、あえて片づけを手放せる
そんな状態にしませんか。

だってさ
イライラしながら優先順位なんて
諦めながら優先順位なんて
自分を犠牲にしながら優先順位なんて
辛いもの。

私も現在進行形で子育てしながらも
自分の人生をより良く生きるために
いろいろ勉強したり時間を使ったり

それをする時には
いろいろ思うこともあるんだけど
困ることもいろいろ起きるんだけど
だけどそれが結果的に
イキイキと生きてるって実感になるのかも
なんて思うから。

子育て中のお母さん応援しております!


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ    にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

~現在募集中の講座・片づけサービスです~
★5月の片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.co/archives/30m983454.html

どうすればいいのか
わからなくて困ってる
なんて方もこちらからご相談くださいね。
お問い合わせフォーム















こんばんは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

子育て中のお母さん、自分時間持ってますか?

ライフオーガナイズの一つに
時間のオーガナイズなるものがあります。

以前の私は、子どもや夫はもちろん
自分以外の誰かのために動く時間が多く
それが充実していることなのだと思っていました。

誰かの評価が自分を肯定してくれるようで
○○ちゃんのママ、凄いね!って言ってもらえるのが嬉しくて
自分の体力や自分の時間まで犠牲にして
もっとやれる、もっとできるって頑張った結果

バランスを崩しました。

他人からの評価を欲しがる時って
他人の目を気にしてるんですよね。
基準が自分じゃなくて完全に他人基準。

それを続けていたら
自分が何をしたいのか
それすらわからなくなっていました。

バランスを崩して
そんなことにようやく気がついて
自分に問うことを始めました

「なにがしたいの?」
「大切なことってなんなの?」

そうやって少しずつ自分のための
時間を持つようになりました。

最初はやりたいこともわからず(これほんとよ)
とりあえず好きなことを思い出すところから始めて
刺繍をやってみたり、本を読んだりね。

昔の私のように元気になりたい
そう願いながら必死でした。

そんなことを経験して思うのは

自分をごきげんにするには
自分の好きなことやればいい

これって自分にとっていいことだって
そう想像しやすいから実行しやすいんだけどね。
(まぁ、それすらもやってなかったわけだけれど)


ライフオーガナイズのひとつ
時間のオーガナイズで大切なことを学びました。

やらなくていいことを手放すということ。

重要なことなのに見落としがちなことじゃないかな。

考えてみて
子育てママならこれはやって当たり前でしょと思っていること
やらなくちゃならないでしょと思い込んでいること
それって本当に必要なことなのかしら?
自分にとって大切な時間を無くしてまで
やらなくちゃいけないことなのかしら?

1日24時間、これは皆同じ。
子どものことで精一杯なのに
これ以上自分のことなんて無理!
そう思うのはよくわかります。
私もそうでしたから。

でもね、手放す時間があれば
そこでできるんですよ、自分時間。

当たり前のことなんだけど
その手放すが結構難しいんです。
他人の目を気にしている時はとくに。

あれもこれもやらなくちゃと
頑張っているときに限って
子どもと向き合う気力なんて残ってない
子どもにイライラしちゃう
私、そんな感じでした。

自分にとって重要ではないコトを手放したら
ずいぶんと余裕が出てきました。

今でももちろん、
イライラすることはありますが
満たされていないような虚無感は
無くなったと思います。


子育てで一番手のかかる時期に
ちゃんといらないことを手放せていたら
もっと笑顔で楽しめるんじゃないかしら

子どもって段々と手がかからなくなるものだよ。
今ここは今しかないんだもん。


先日から、高3の甥っ子が大学受験のため
我が家に1週間ほど滞在しており
あんなに小さかった子がこんなに大きくなったと
しみじみ思ったら急にそんなことを思った次第です。

子育て中のお母さん
「何が大切なのか」
もう一度考えてみよう。
(私自身、毎日が慌ただしく過ぎる毎日に
つい問うことを忘れがちだわ)

そして
自分時間を足していこうと思ったら
重要ではない時間をひいてみる
それを思い出してほしいなと思うのです。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


~現在募集中の講座・片づけサービスです~


★2月の片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28902540.html


このページのトップヘ