今の住まいを選んだのは
上の娘がお腹の中にいたとき。

リフォームされていない
それが購入を決めた理由のひとつだった。

少しずつ自分たちの好きな空間を
作っていきたい。

それが私たち夫婦の思い。

オーストリアで
インテリアの勉強をしていた時に
知ったことなのだけど

みんな当たり前のように自分たちで
リノベーション(リフォーム)をしていた。

日本は壁紙の仕上げが多いけれど、
あちらはペンキ仕上げが主流
模様替えで壁の色を変えたり
なんて日常茶飯事。

DIYに関するテレビ番組とか
たくさんあってよく見ていたっけ。

私もいつかこうやって
好きな空間を作っていこう
そう思っていた。

こうして選んだ今の住まい。

住んで7年。

劇的に変化していることはない。

必要なところを必要な時に
やれる箇所をやれる時に
リノベーションしていくスタンス

家具もそう。
少しずつ好きな家具を揃えていってる。

だから久しぶりに友人が
我が家にくると
あれっ、何か変わってる?
くらいの違い。

今は子どもたちも巻き込んで
一緒に作業したりして
少しずつ手を加えている。

ゆっくりのんびりペースだけれど
これが私たちが選ぶ暮らしかた。