私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

カテゴリ: 子どものこと

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

学生の頃に苦手だった科目ありますか?

私は英語が苦手でした。 

単語を覚えられなーい、から始まり
文法は頭に入らず
通知表ではどの教科よりも悪い評価

そんな私が
英語を話せると出会いが広がるはずだ
そう思える出来事があって
英語を話せるようになりたいと思い始めました。

ただ、私は本(教科書)と向き合っても
きっといつまでたっても習得できない

それならば、
英語を話すしかない状態
にした方が習得しやすいはず

じゃ、そんな状況に身を置こう=留学
そう思ったんですよね。

その思いつきが結果的に良かったのか

自分の興味のあることに
つなげられたことで 
苦手意識のあったことを
自然と克服していました。

あ〜良かったね!
めでたし、めでたし
で終わる話じゃなくて…

この苦手意識は
どこからくるんだろうか
と考えてみたら

私の場合は
テストの悪い点数や
通知表の評価などの
比較しやすいことはもちろん

授業が全くついていけず
英語の時間がつまらなかった

という経験からなんですよね。

そんなふうに思うからなのか

最初のつまずきである
ちょっとわからないを
うやむやにしたくないって
思うところがあるんです。

だから
娘たちのテストは点数よりも
理解できているかが
とても気になるんです。

次女が小1になり
持ち帰るテストの結果から
どうやら算数の理解が
できていないらしいことに気がつき
(先生からもご指摘あり)

さぁ、どうにかしなくちゃ!
のスイッチが入っちゃったのね。

どこがどうわからないのか
そこを探ることより先に
解決策のお試しに走った私。
(とりあえず、何かしらやらなくちゃと思ったんだよね)

計算ドリルを買い与え
計算できないところがあると
言葉で説明の嵐。
(しかも、簡単だけどなぜできないんだーと心で思いつつ)

それを繰り返していると娘から
できないからヤダ、やらない
なんて発言が出てくるように。

えー、やらないとできないよ!
とばかりに、ますます熱を込め
やることの大切さをコンコンと説明

ますます消極的な態度になる娘…

こんな悪循環を経てようやく

これじゃまるで
あなたはできないんだから!

ってダメレッテルを貼っているのと
同じことだなと気がつきました。

算数を彼女の理解しやすいように
教えて楽しませるどころか
算数って面白くもないんだよ
苦手意識を植え付けている
そんなことをしている
自分に気がついたんです。

ドリルが悪いとか
そんなことじゃなくて

どんな方法を試すにしても

これだったら理解できるだろう
という私の一方的なやり方で教えて
なんで理解できないの!
とイライラしていたら

なるほどね!も
そうなんだ!も
得ることもできず

ただやりなさい、なんて
そんなの無理だわ、無理!

算数はつまらないものだよって
教えてるだけだよね。

それに気がついてから

本人が困っているところは
具体的にどんなことか
そこを探りつつ

やり方を教えるにしても
娘が少しでも興味を持つ方法
(お買いものごっこをして、実際のお金を使ってみたり)

私自身もこれできないの?と
イライラしなくても済む方法を
考えることにシフトするようになりました。

1D284622-D714-4388-A731-AFC8A1A40FFE
こちらは、言葉で説明しても、
頭に入りにくい次女のために
長女が即席で作った
一の位、十の位説明キット



この経験から思ったのは

苦手意識を持たせたいと
これっぽっちも思って
なんていないし

どうにかして良い方向にと
思ってやっているのに

苦手意識を植え付けるような
ことをやっている矛盾

なんとなく理解できない
何ができないのかを
具体的に特定もせず

あなたのためだから!と
できるようになるための
策を講じるってことは

親である私自身が
次女は〇〇が苦手と
決めつけているからかも。

それは結果的に
あなたは〇〇が苦手だよ

という意識を植え付けることに
なりかねないということ。

次女の算数も

できていないところ
(理解しにくいところ)は
具体的に〇〇(こんなこと)なんだね。

そこをクリアできるように
理解しやすい(やりやすい)方法を
試してみようよ。

そこがわかると(できると)
楽しくなるかもしれないよ〜

なんて気持ちでサポートできたら
いいだろうなと思うのです。

ほら、人は
苦手と思うようなことも
苦手じゃないように
変えていくこともできるんだからさ!

どうしたらできる?
できることは何だ?
に注目していこうじゃないの。

うん、私も!

~現在募集中の講座・片づけサービスです~
★3月の片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/29657151.html

意見交換会という名の
片づけお困りごとに関する話を
皆でしようよ、という会を企画しています。
参加費は無料です。
お時間あえばぜひご参加ください!

3月16日(金)10時~12時 
聖蹟桜ヶ丘のサロンにて
(駅から徒歩圏内にあるサロンです)

ご希望の方は下記からご連絡ください。
詳細をご案内いたします。
お問い合わせフォーム


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村









こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね。
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

小学生の娘2人(小3と小1)のいる我が家は、週末にひな祭りのお祝いをしました。
4E2A9497-1EA8-44EE-A627-CF14BD548B12

といっても、チラシ寿司を一緒に作って食べただけなのですが。

節分の豆まきが終わると娘たちにせがまれるようにお雛様飾りを出すのですが、母に任せていると時間がかかると悟った娘たち。私たちで飾るからと2人で飾っておりました。

出したことで管理責任が芽生えたのか⁉︎しまう時もやる気満々で!

こんなちょっとしたことなのだけど最近は『母の時間がなくてできない』をカバーしてもらうかのように、娘たちができる事をお願いして任せることが増えました。もちろん、初めは一緒にやってやり方を覚えてもらうのだけど。

子どもと片づけを一緒にやる時も同じなのだけど
子どもにやり方を教えるチャンスがあるなら
これをできるとこんなメリットがあるよ〜とか
こんないいことあるんだよ〜を感じてもらいたい。

それでも自分の子どもとなるとつい、
何でダメなのかを説明すっ飛ばして
それダメだよで済ませちゃったりしてね。

子どもが思うように動けないと
ついイライラするなんてこともありがちでしたが

片づけの仕事をやり始めてから
何のために教えているのか?
を考えるようになりました。

完璧なやり方(私のコピーになるように)を教える必要もないと思っているし
こうやればできるよというやり方を見て手順を覚えてもらう目的だとわかっていれば

そうなるためにはどうしたらいいか
私は何をしたらいいのか、
何をしなくてもいいのかを考える。

娘たちもできることが増えていけば良いし
私も娘たちにいろいろお願いできることが増えたら助かるし。

私にもメリットがあるってことを忘れずに!

優しい言葉をかけなくちゃダメとか
こういうやり方しなくちゃダメより

それをすることで
お互いどんな良いことがあるのだろう。

そこを考えられると
いろいろな疑問にもすんなり答えが出しやすくなる。

お母さんたちの話をきくと
お母さんたちって子どものこと
とってもとっても考えているなと思うんです。

今の自分のやり方にバツをつけるより
子どもへの想いを大事にしていきませんか?

さて、今日はこれから
入学前のお子さんの部屋づくりをサポートしてきま〜す。
 
ご自分の片づけももちろん、
お子さんとの片づけにお困りの方へ

無料意見交換会を開催します!
時間があえばぜひご参加下さいね。

3月16日(金)10時~12時 
聖蹟桜ヶ丘のサロンにて予定しております。
(駅から徒歩圏内にあるサロンです)
参加費は無料となります。
ご希望の方は下記からご連絡ください。
詳細をご案内いたします。
お問い合わせフォーム


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村
 

○○をしたほうが状況がよくなるとわかっているのに
行動に移せない。そんなことありますか?

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

私は小3と小1女子の母で子育て真最中。

我が家の娘たち、
ギュッとして~とかわかりやすく甘えてくるときと
変化球で甘えさせて~の時があるんです。
(変化球の時って、だいたいは真逆の態度をとるあまのじゃくになっています。長女の場合は怒りの言葉で表現したり、次女の場合はひっくり返りの行為で表現されたりね)

そこには「私の気持ちをわかって~」
なんてメッセージがチラリ・・・
「言葉にしてくれたら楽なのに」と何度思ったことか。

わかりやすい態度で来る時には
「かわいいなぁ~」「よしよし」と私もニコニコ。

拗ねるように「甘えたくないもん」
なんて態度の時は、私の余裕に左右されるも
「またやってるわ~」で対応できることもある。

ただ、それを繰り返されたり
「泣く」を出されてしまうと
とたんにお手上げになっちゃう。


先日、次女の算数の宿題を手伝っていた時

必死に教えようとする母に
なんだか、他人事のような態度の娘

正しい答えを教えてもらいたかっただけの娘
解き方を考えて理解してもらいたかった私
そこがぶつかっちゃったみたい。

ちょっとしたことから泣き始め…

「泣いたって解決しないんだから」
娘の泣きに影響されたくないと思いつつも
もれなく反応しイライラ開始。
そんな母の気持ちをよんだのか、
大泣きが始まる娘。

だって、やるしかないじゃない!
私も時間取ってるんだから。
〇×※△〇××△※!!

感情任せで言葉を放つ母
(後で後悔するのだけど)

娘はひとしきり泣いて、
私もひとしきりイライラして
二人ともすごいエネルギーを消耗する結末。

そんなことが起こった後は
子どもが寝た後にひとり冷静になって考える。

次女の気持ちを受け止めてあげなかったことに
反省をする私。

始まりのときに、「大丈夫だから」って
抱っこしたらすぐに解決できたのにと思う私。

そうなんです。
泣き始めの時に抱っこしちゃえばいいのにって
頭の中ではそう考えているのに行動できないのです。

なんだろう、勝ち負けなんてないのに
そうしちゃうと負けちゃう気がするような
自分の気持ちがイヤだって言っているから。

改善する方法はわかっているのに
気持ちが引っかかって行動に出せないでいる。

子育てに限らずあると思うのです、こういうことって。

どうしたらいいのかな、こんな時。
そう思っていた時にちょうど

このブログにも何度かご紹介している
タイ僧のプラユキさんと直接お話できる機会があったので
(プラユキさんについてはこちらへ「よき縁ねっと」

プラユキさんに相談させていただいたのです。

「大泣きする娘を抱きしめたら
すぐに解決できるのにと考えてるけれど
なぜか辛くなってできないのです」

そしたらプラユキさん一言
「抱っこしちゃえばいいよ~」

ん?えっ?ええっ?なんと!
(私の頭の中はこんな感じの衝撃)

「行動しちゃうんだよ」

気持ちが辛いのに行動するの?
?が浮かぶ私に、こう説明をしてくださいました。

感情は自分を知る手掛かりにはなるけれど
感情に行動をコントロールさせるのではなく
理に沿った考えを主軸にするのだと。

より良くなるために理に沿った行動が
「抱っこする」なのであれば感情にとらわれず行動をすること。
そうしていけば感情も変化していくというのです。

それを聞いて気づきました。
私、いつの間にか
自分の気持ちに従う=自分を大切にする
だと思い込んでいたことに。

それにしても衝撃的だった言葉。

ただ、やりなさいと言われるのではなく
私の考え方のどこがズレていたのか
気づきをいただけるってほんとにありがたいことです。

これまで嫌だなと思ってきた娘たちへの対応は
自分を変えるチャンスなのだ
という新たな視点をいただきました。

よし、次のチャンスは逃さないぞ
そう思えたらワクワクしてくるから不思議です。

さて、そのチャンスはすぐにやってきました。

何やら思い通りにいかなかったのか
ひっくり返ってバタバタする次女。

一瞬たじろぎましたが
とりあえず手を伸ばして
抱っこ…じゃなくてコチョコチョしました。
抱っこよりハードルが低かったからか
とっさにコチョコチョ。

そうしたらなんだか娘も私も可笑しくなっちゃって
一緒に笑っていつの間にか私、娘を抱き上げていました。

「あ~、できた!私、できた!」って
皆は当たり前にできることなのかもしれないけど
私はできずに苦しんでいたことが出来たって
ほんと嬉しくなりました。

おもしろいことに、その様子を見ていた長女が
いつもの怒りっぽい変化球を出してきました。
(次女はひっくり返りの変化球が定番で、長女は怒りの変化球が定番です)

なんだか試されたみたい(笑)

同じくコチョコチョからの抱っこ。
なんだか幸せ(ほんと単純な私)

辛いからできない。
気持ちを大切にするなんて言いながら
気持ちに囚われていたんですね。

「自分ってこうだから」
「こう思うから」
そんな思いに囚われているところから
自分にとってより良く生きる方法とは何かを考えて、
その変われる一歩を選ぶこともできるのですよね。

それでね、
理に沿った行動で一歩を踏み出してみると
以前のやり方が、どれだけ自分を疲弊させていたのか
そこに気づくこともできたわけです。

どちらが自分を大切にすることなのか
身をもって知ることができました。

プラユキさんとお会いする時には
いつも気づきを頂くのです。
その気づきや学びは、日常に直結していて
そのたびに生きやすくなっていくこと、
特に今回の気づきと学びは
私のライフオーガナイズの仕事にも
生かしていける深い学びだったと感じています。

皆さんには
○○をしたほうが状況がよくなるとわかっているのに
行動に移せない。そういうことがありますか?

何がストップをかけているのでしょう。

より良くイキイキとした暮らしができるよう
理に沿った考えで行動してみる
そんな一歩を踏み出せるといいですよね。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


~現在募集中の講座・片づけサービスです~

★1月自宅講座、募集中です。
1月26日(金)3名様
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28755381.html
(講座の依頼も承ります。お問い合わせフォームからご依頼ください
小さなお子様がいるお母さんも、ご相談ください)
問い合わせフォーム

★1月2月各種片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28902540.html

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html


先日、娘たちの個人面談がありました。

15分程度の短い時間ですが、
娘たちについて客観的な意見をうかがえる
貴重な機会でもあります。

親の私から見た娘たちのこと
担任の先生が見ているところ
そんなことを話していくと

娘たちの得意なところや
不得意なこと
着目すべきところはどこか
どこにサポートが必要なのか
そんなことがより明確になります。

当たり前だけど、姉と妹で
着目すべきところが違うわけだから
サポートする時の方法も異なるものだ
そんなことを思った次第です。

口が達者で自分の想いを言葉に表現するのが得意な長女(読書感想文が表彰されて更に自信がついた様子)

色使いや文字の美しさを重視して、見た目の美しさを表現するのが得意な次女

同じ姉妹でもほんとに違う。

姉は文章に興味があるけど
文字自体には興味なし。
文字は表現のツールのひとつなのでしょう。
(字はあまりきれいとは言えないけど
とにかく書くのが早い)

妹は文章への興味はそこそこで
文字を美しく書くことに興味をもつ。
(字がとてもきれいだけど
書くのはゆっくり細部まで気にする)


ひらがな・カタカナは難なくクリアした小1の次女でしたが、漢字に悪戦苦闘の様子。

学校で習った漢字が定着していないことが判明。

読めない・書けない漢字があったりすると
明らかにイライラする次女。
それにつられてイライラする私
(だって、やらなきゃできないでしょ~
テレビ見てる場合じゃないじゃん
私が手伝える時間だって限られてるんだからね~
と威圧的な言葉を感情的に次女に浴びせたことは反省しております)


本人もできるようになりたいと思っているみたい。
「だけどできないんだもん…」と一言。

できない次女を前に威圧的な態度で出てしまったのは、サポートが必要なのに、上手くそれをできずにいた自分に怒っていたのかも。

次女が寝た後、私が出来ることを考えました。

この先、勉強する漢字っていくつあるのでしょう。
始まったばかりで苦手意識を持って
やらなくなるのは惜しい。
「どうせ私はできないんだ」って
暗示をかけちゃうみたいじゃない?

「ちょっと、楽しいかも」でいいから
いや、
「私にもできた、嬉しい」で充分
そう感じたら一気に意欲が増すに違いない。

どうしたらそう思えるようになるのか。

そのヒントは次女の
得意・不得意にあるのかもしれません。
(ライフオーガナイズの考え方を知っていてよかった)

丁寧に文字を書きたい次女だからこそ

少しでも納得できないと文字を消す
書いてる内容より見た目に着目してしまう
何度も書くのが大変(面倒)に感じる

というところがあるわけで

そんなだから
何度も書いて覚えなさい
は全然有効じゃないし逆効果だと思う。
(書いて覚えること、それ自体は必要なのだけど)

もともと図形が得意なんだから右脳寄りで、
図で覚える方が得意だし頭に入るのではないか

それならば、
漢字をイメージしやすいようにする方法が吉
漢字の成り立ちを連想させたり
文字を分解して意味づけしながら覚える方が良さそう。

そういえば、長女は1年生の漢字を習いたての頃
こうこうしかじかでこの漢字が出来たんだって~って
聞いてもいないのにうんちく自慢のように
私に言ってきたものだった。
(基本的に得た知識を披露するのが好きな子で
ベラベラとよく喋ること喋ること。
きっとそうやってアウトプットできてるんだわ)


次女はそこに着目はしてなさそうなので、ちょっと反応をみるためにこんな手紙を書いてみたのね。

8D8436D3-490E-4E4C-849D-5A2248D093AE
(公開するの恥ずかしいけど~)

次の朝、読んでくれたみたいでね。
学校から帰ってきたら、私に宿題の漢字覚えを
一緒に手伝ってと言いながら準備を始めた次女。

私、嬉しくてにんまりしながら、慌てて準備。
もちろん、図形が得意子ちゃんのために
真っ白な紙に図や文字を書きながら説明。
こんなのでいいのか…と半信半疑になりながらも
イメージを連想できるような意味づけをしていきました。

そしたら表情が少しずつ柔らかくなって
勉強しながら笑いも出るようになったのね~
内心「よぉーし!」と叫んだわよ(笑)

ほんの10文字程だったけど
宿題テストを終えて帰宅した今日。

「私、できたと思うよ。
ママ、ありがとう」って。

勉強するのは私じゃない。
私が代われるわけでもない。
だけど、サポートはできるからね。 

次女のできたを
ちょっとずつ、積み重ねていけたらいいよね。

ライフオーガナイズの片づけは
お客様自身ができるようになるように
その方の得意なところ、不得意なところを把握して
片づけしやすい仕組みを作っていくのです。

「私もできる」「スッキリする」を感じてもらいたい
そう思いながら一緒に片づけをしています。

さぁ~て、漢字の次は算数だ!
またまた悩ましいな~

~お知らせ~
12月23日~1月8日まではお休みをいただきます。

1月以降の講座・サポートについては
後日、改めましてお知らせいたします。
(内容等が変更になります)


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村









今日、娘の火傷治療で通っていた病院の先生から
「キレイに上皮化(新しい皮膚ができた)できたし
このままケアして多少の時間はかかるものの
普通の皮膚になっていきますよ」
とおっしゃっていただき娘の火傷通院は一応終了となりました。

こんばんは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

10月末に湯たんぽのお湯漏れで
おしりに火傷をした長女

その時のブログがこちら
タイトル:ショックです…湯たんぽで火傷

http://watashinoerabukurashi.com/archives/26419628.html

火傷を負った日から今日までの
湿潤療法(モイストケア)の治療による
経過をまとめてみました。

10月22日(当日)
直径5センチほどの火傷
最初の緊急でⅡ度の熱傷という診断

10月23日(1日経過)
湿潤療法による治療を開始

プロペトを患部に塗って
プラスモイストで熱傷部分を覆い
防水フィルムで包み込むように固定する方法



熱傷部から出る滲出液が多いので
朝にプラスモイストを交換し
学校から帰宅して交換し
お風呂上りに交換する状態

(湿潤療法はこの滲出液を保って
湿った状態にすることで傷を早く治す方法です)

10月24日~26日(2~4日後)
見た目に黄色っぽい膜が熱傷部を覆うようになった
新しい皮膚が出来たのかと思ったが
シャワーで剥がれるので調べてみたら
どうやらフィブリン膜と呼ばれる
浸出液が固まったものらしい。

シャワーは痛むらしく
おそるおそる浴びていた状態。

また、夜寝ている間も滲出液が多くしみ出し
毎日シーツにシミをつくるほどだった。
(タオルなどを敷くとよい)

10月27日(5日後)
熱傷部の外側が赤くなってきた
(皮膚ができてきた)

10月28日(6日後)
固定フィルムの粘着部がかぶれて
痒がるようになる

10月30日(1週間後)
受診
ハイドロコロイド被覆材(キズパワーパッド類)へ切り替え

テープ類にかぶれやすい娘
先生もその点を考慮してくださり
ハイドロコロイド材に切り替えることに

こちらを熱傷部にのみ貼り付ける
傷の部分がすぐに白くなる(浸出液に反応)ので
こまめに取り換えるようにする
(学校にも持たせて貼り換え)

10月31日~11月6日(1週間~2週間)
傷の部分は周りから上皮化がすすんでいるが
傷のまわりのかぶれた部分が痒そう
かぶれ部分のダメージの方が跡になり
熱傷部分よりも目立つほど


11月7日(2週間後)
受診
上皮化している部分が多くなってきている
中心部の上皮化していない部分のみ
引き続きハイドロコロイド材で覆う

白く膨らむ反応が無くなったら
ハイドロコロイド材をやめて
プロペトでの保湿のみで良いとの指導をいただく

11月15日(約3週間後)
ハイドロコロイド材も
ほとんど白くならなくなってきたので
止めるタイミングを見ている状態だが
上皮化した部分が一部傷になって
出血しているのをみつける

11月22日(約4週間後)
受診(かさぶたの治療開始)
この時にはハイドロコロイド材は使っておらず
プロペトでの保湿のみの状態

上皮化した部分で出血した部分が
固くなっていることを相談すると
どうやら出血してかさぶたになっているらしいとのこと

再びハイドロコロイド材をかさぶたの上から貼り
かさぶたの部分を治療することに

同時にプロペトでの保湿の指導をいただく

患部をプラスモイストで覆うようにして
軽く蓋をするようにするか
こまめにプロペトを塗るようにするとよいとの事

何かで軽く覆うことを試みたいのだが
なにせテープかぶれを起こしやすい娘

先生が提案してくださったのはなんと
絶縁テープ(ビニルテープ)
一番皮膚にはやさしいのだとか。

帰宅して絶縁テープを試してみたが

絶縁テープでもかぶれてしまった娘

もはやこまめな保湿しかない

かさぶたは
一日でキレイに剥がれ落ちました
そこから数日皮膚ができるまでは
ハイドロコロイド材を使用しました。

12月に入るころ(5週間後)には
皮膚の色の違いがあるものの
新しい皮膚で覆われている状態となりました。

そして最後の受診となった今日(12月8日)
先生に状態を確認していただきました。

娘の新しい皮膚は赤いところと
黒っぽいところがあります。
これは火傷の深さの違いだそうです。

普通の皮膚は肌色ですよね。
これは角質などが積もっているからなのだそう。
それに対し、新しい皮膚は赤みがあります。
この赤みのある皮膚が普通の皮膚と
見た目が同じようになるのに
3か月はかかるそうです。

かぶれで跡になってしまった個所も
日が経つにつれ薄くなっています。


火傷といえば跡が心配になるものです。
私は下の娘の軽いやけどの時に
湿潤療法を行っている先生に
お世話になっていたこともあり
今回の火傷でも、
「大丈夫、きっと大丈夫だから」と
娘と自分に言い聞かせることができました。

湿潤療法、ネットで調べるとたくさん出てきます。

ただ、娘のようにかぶれやすかったり
上皮化した部分が傷ついてかさぶたになったり
そんなこともありますし、
しっかりとした医師の指導の下で行うと安心です。

皆さまには起きてほしくないけれど
こんなこともあるのだと知っていただけて

火傷が跡に残るかなと心配されている方に
少しでも参考になればいいなと
ブログに記録を記載いたしました。

冬は暖房器具の出番が多く
その分、火傷の危険性も高くなります。

皆さま、どうぞお気をつけて
安全に暖をとって冬を乗り越えましょうね。

2018.05.25追記
数ヶ月前に別件で皮膚科を受診した際
火傷の箇所を先生に見ていただきました。

その際、皮膚科の先生からも
『キレイに治療できている』
とおっしゃっていただきました。

今回の火傷の治療は
皮膚科ではなく、湿潤療法を取り入れている
整形外科の先生にお世話になっておりましたが

皮膚科の先生曰く、皮膚科でも今では
湿潤療法を取り入れているのが普通に
なっていますよとおっしゃっていましたよ。

娘は現在もお風呂上がりに
プロペトを塗って保湿をしています。
(習慣になっています)

今現在の火傷のあとは
随分とキレイに目立たなくなっています。
(火傷の場所が場所だけに
写真でお見せできませんが)

火傷はケアも含めて治すのに
時間がかかるものですが
しっかりケアすればここまで
目立たなくなるものだとほっとしています。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村


このページのトップヘ