私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

カテゴリ: DIY

自分で空間を作り上げていく楽しさ
私が提供する空間づくりサポートでも
そういう楽しさを感じてもらいたいと思うのです。

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html)

私はモノ作りが好きです。ワクワクするから。
(上手下手は別として)
ここ最近、知り合いのDIY女子の
DIYをお手伝いしています。
(仕事ではDIY作業を承っておりませんが
片づけの相談時などに一緒にDIYアドバイスはできますよ。)


DIY女子である彼女は
趣味と実益を兼ねた刺繍などをするのですが
作業に集中したいタイプで
個室のような場所で作業をするのが心地いいのだとか。
でも、どう考えても部屋は余っていない・・・
子どもが巣立つまで待つのは先が長すぎる。

ならば作ってしまえ、秘密基地(笑)
DSC_3262


ということで作業スペースを作ってきたとのこと。
今回、さらなる秘密基地グレードアップに向けて
私もお手伝いさせてもらうことにしました。

DIY好きならご存知かもしれませんね、
お部屋の壁や天井を傷つけずに
お手軽に棚などが作るために人気の部品があるんです。
(写真で使用しているのはディアウォール)
LABRICO(ラブリコ) 2×4アジャスター ナチュラルグレージュ (DXN-1)

これらの部品で、2×4材の上下にこの部品を取り付けて
天井と床面で突っ張るようにさせることで柱にできるのです。
(巨大な突っ張り棒みたいなものかな)

その柱にフックを取り付けて
モノを引っかける場所にしたり
柱2本を立てて棚板を取り付けて
棚として使用したり
柱2本にボード(板)を取り付けて
間仕切り壁やディスプレー壁として使用したりと

その用途は多様で、壁面収納がお手軽に作れると
今、この部品を使ってDIYする方も多いですね。

現在販売されているこの手の部品は

ディアウォール(温かみのある雰囲気)
ラブリコ(温かみのある雰囲気+機能的)
ピラーブラケット(甘すぎない男前な雰囲気)

といったところでしょうか。

それぞれ見た目や雰囲気が違うし
アジャスターと呼ばれる調節があったりなかったり
使用方法の注意などもやはり少しずつですが異なります。


私も気にはなっていたのだけど、
この部品を使って棚などを増やす必要がなかったので
この度、その部品を使ってDIYができるなんて
ほんと夢のよう~(笑)

DIYの手順と言えば
まずは最初のアイデア出し
こんなのがいい、こんな機能が欲しいという要望を
叶えるようなアイデアを出していきます。
私は最初は可能、不可能を考えずにとにかくアイデアを出します。

ある程度アイデアが出たら、具体的に形に出来るかを考えます。
実例をネットで検索して情報を集めるのもこの時
実例をみるとちょっとしたヒントをもらうこともあります。

実際の形に出来そうだというアイデアが決まったら
具体的に寸法で割り出しします。

最初のイメージ出しは、楽しくってウキウキしたけど
具体的な寸法などの割り出しになると
少しテンションが下がる⤵

あちらこちらを採寸しながら
足して引いて頭はフル回転。
(得意ではないけどできることのひとつです)

ここまで済んでしまえば
後は材料調達&組立てという
ワクワクしかないことばかり!

DIYはわからな~い、というかたも
DIYは決してハードルが高くないのですよ。

必要な材料も今は木材通販なるものがあって
希望の寸法にカットして送ってくれます。
好きな色に塗装だってしてくれますよ。

ホームセンターは何より
直接見ながら材料を購入できるし
材料をカットしてくれたり
DIYのためのスペースがあったり
DIYの道具を貸してくれたり
木材などを持ち帰るために軽トラックの貸し出しがあったり
至れりつくせりなのです。
(アドバイザーが居るところもあります)

無事に形になればいいな~と
ちょっぴりドキドキしながらも
買い出し&作業日が待ち遠しい
(もうしばらく先の話なのですが)

ちょうどいい寸法がないから
もう少し使い勝手が良くしたいから
見た目を良くさせたいから
自分でメンテナンスしたいから
DIYは様々な思いを叶えてくれる手段でもあります。

興味をもってくださったなら
DIYアドバイザーとしてお答えできることは
お答えできればと思っています。


~現在募集中のサービスです~
★片づけサービス・個別相談
募集中です。
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/26663983.html



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村





今の住まいを選んだのは
上の娘がお腹の中にいたとき。

リフォームされていない
それが購入を決めた理由のひとつだった。

少しずつ自分たちの好きな空間を
作っていきたい。

それが私たち夫婦の思い。

オーストリアで
インテリアの勉強をしていた時に
知ったことなのだけど

みんな当たり前のように自分たちで
リノベーション(リフォーム)をしていた。

日本は壁紙の仕上げが多いけれど、
あちらはペンキ仕上げが主流
模様替えで壁の色を変えたり
なんて日常茶飯事。

DIYに関するテレビ番組とか
たくさんあってよく見ていたっけ。

私もいつかこうやって
好きな空間を作っていこう
そう思っていた。

こうして選んだ今の住まい。

住んで7年。

劇的に変化していることはない。

必要なところを必要な時に
やれる箇所をやれる時に
リノベーションしていくスタンス

家具もそう。
少しずつ好きな家具を揃えていってる。

だから久しぶりに友人が
我が家にくると
あれっ、何か変わってる?
くらいの違い。

今は子どもたちも巻き込んで
一緒に作業したりして
少しずつ手を加えている。

ゆっくりのんびりペースだけれど
これが私たちが選ぶ暮らしかた。









DSC_1847

ぐんぐんと成長する子どもたち。
季節が変わる時に
クローゼットの中身の
見直しをしています。

サイズアウトしたものは
子どもに確認しながら
処分していきます。

これまでモノの状態によって
誰かにあげたり
フリーマーケットに出したり
ゴミとして捨てたりしてきました。

でも、
どんなにボロボロになろうが
サイズアウトしようが
ずっと手元に置いておきたいと
言って譲らなかったモノが
こちらの長袖シャツ。

うーん、もう、捨てて欲しいけど~。
お互いが幸せである方法あるかしら?
と考えた末に
お気に入りである
リスの部分を切り取って
トートバッグへ縫い付ける提案をしました。

提案したものの、しばらくの間
トートと長袖Tシャツはそのまま…
それでも自分の性格はわかってるつもりなので
目に入る所に放置です(笑)
見えなくなったら存在を忘れてしまいますから~
こうして娘がこの事を忘れた頃にやっと完成
捨てても大丈夫だったのかもと思ったけれど
娘の喜んでいる顔を見て
良かったーと思いました。

ちょっと歪んで縫えてるけれど
良しとしてもらおう!

そして、このトート、
パン屋さんでポイントが貯まって
いただいたモノだったのだけれど、
なかなか丈夫だし
ちょうど一人分のパジャマを
入れておくのにピッタリなサイズだと
いうことに気がつきました。

これまで味気ない100均のプラカゴに
私が脱け殻のように散らばっているパジャマを放り込んでいたので、
この際だから、好きなモノで
新しい習慣づけをしても~らおうっと。







我が家のキッチンキャビネットは
マンションへ移り住んだ8年前に
ニトリで購入したもの。

DSC_1816


その当時は真っ白だったのです。
写真でみてもオフホワイトとは
呼べないほど黄色い…。

そろそろプチリフォームしようかね
と夫婦で相談中

それならば
と下見がてらIKEAへ行って
寸法などの相談にのってもらいました。

DSC_1820


ここは引き出しでカトラリー入れて~
ここには食器を~
と考えるのは大得意。

なのだけれど

寸法を詰めていくのは気合いが必要。
夫と数字で話すときには
図形を見て視覚で補ったり。

人って向き不向きがあるのよね。
不得意なところは
プロや誰かに補ってもらおう。

さぁ、どうなる
キッチンキャビネットDIY
報告できる日がくるといいな~。

このページのトップヘ