私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

カテゴリ: ライフオーガナイザー

こんばんは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

年賀状の料金(52円)適用期間、今日までですね。
なんだか、他人事のように気にしていなかったのですが

今朝、片づけ現場へ入る前に
先輩オーガナイザーと打合せをしていたら
仕事バッグから出てきたハガキ2枚。

『なんだろう?』とよく見てみたら
娘たちが先生へ出したはず!?の
年賀状でした・・・・

とっくに投函をしていたはずなのに…

どうやら、年度末の現場仕事に向かう途中で
投函しなくちゃと思いつつ
仕事用カバンに入れてそのままになっていたらしい…
(今、見つかって良かったね!今日まで52円!という
先輩オーガナイザーの前向き発言に励まされる)


私が現場へ行くときには
いつも持参するお仕事グッズなるものがあります。
(他のライフオーガナイザーもそれぞれ使いやすい仕事道具をカスタマイズして持っていると思いますよ)

エプロンにシートからメジャーや文房具類まで
結構な荷物になるんです。

子育て中のママなら持っているであろう
おむつや着替えを入れるマザーズバッグがありますね。
そのマザーズバッグほどの大きさがある仕事バッグ。
(実際マザーズバッグとして使用されていたバッグを
姉から譲り受けて仕事用に使っております。)


IMG_0301

私、そこにこんな感じのバッグインバッグを
中に収めて持ち歩いてるんです。

このタイプのバッグインバッグ
普段は使用してないけれど、現場によっては
お昼休憩の時にバッグインバッグだけ取り出して
持ち歩けるようにあるのです。

もちろん、一日現場を終えると、
エプロンを洗濯したり
シートを掃除したり、
消耗品を補充したりするのですが

バッグインバッグのポケットにいれていた
年賀状は気がつかなかった・・・
(バッグにポケットがいっぱいついているのって
便利そうだけど、わからなくなるよね←言い訳
はい、オーガナイズできておりませぬ・・・)


これから現場へ入るというのに
一瞬動揺しましたが

年賀状へ一筆お詫びを書き込ませてもらい
現場が終わったらすぐに対処できる状態にして
この件は現場が終わるまで忘れることにしました(笑)

本日の現場も楽しく作業させていただき
無事終了した帰路にネット検索開始

どうやら8日の最初の収集までに
ポストへ投函されていれば
年賀はがき料金(52円)が適用されるとのこと。

帰宅して、娘たちに報告。
それにしても、発見が1ヶ月後でなくてよかった。

今日、片づけの仕事が入っていて
いろんな意味でよかったわ~
なんて思ったのでした。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村






こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

月曜日から
自分のお客様現場
アシスタント現場
アシスタント現場
と3日間連続で現場作業でした。

どの現場も楽しく作業させていただきました。
(週末には喉が違和感あり、風邪なのか…まずいぞ~
なんて思っていたのに、現場が楽しくて風邪はどこへやら~)


どんな現場であっても
一緒に片づけをすることで
少しでも楽に暮らせるようになっていただけたらと
そう思いながら作業をしております。

作業が終わった後のお客様は
皆さん晴々としています。

どうしたいのか、どうした方が楽なのか
その方法をお客様に確認しながら
一緒に片づけをしていると
ココをこうするなんて思いつかなかったけど
これは、こうすればいいのね~
といったように、“腑に落ちる”瞬間があったりします。

第三者が一緒に俯瞰して
やりやすい方法を一緒に考えて仕組み化する

モノを選別するだけでも
結構時間がかかることだし
片づけは疲れる作業であることも確かです。
(私は楽しくて好きなんですが~)

ライフオーガナイザーと一緒に
実際の片づけをするということは
自分一人でやる片づけと異なり
第三者の客観的な目線で
自分にとってやりやすい方法を見つけ出し
尚且つ、そのやり方を学ぶことができます。
そう、整えるだけじゃなく
やり方を学んでいただけるのです。

家が何となく落ち着かない
ストレスがある方
その原因は明確ですか?

話をすることで
見えてくるものもあるかもしれない

ずーっとモヤモヤを抱えているようなら

まずは、相談してみることから
はじめてみてはいかがですか?


昨日の作業で年内の片づけサポートは終了となります。
1月4日までお休みをいただきます。
(1月・2月のお知らせはもうしばらくお待ちください)

1月・2月は講座も行う予定です。
後日お知らせいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村




こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html


先日、娘たちの個人面談がありました。

15分程度の短い時間ですが、
娘たちについて客観的な意見をうかがえる
貴重な機会でもあります。

親の私から見た娘たちのこと
担任の先生が見ているところ
そんなことを話していくと

娘たちの得意なところや
不得意なこと
着目すべきところはどこか
どこにサポートが必要なのか
そんなことがより明確になります。

当たり前だけど、姉と妹で
着目すべきところが違うわけだから
サポートする時の方法も異なるものだ
そんなことを思った次第です。

口が達者で自分の想いを言葉に表現するのが得意な長女(読書感想文が表彰されて更に自信がついた様子)

色使いや文字の美しさを重視して、見た目の美しさを表現するのが得意な次女

同じ姉妹でもほんとに違う。

姉は文章に興味があるけど
文字自体には興味なし。
文字は表現のツールのひとつなのでしょう。
(字はあまりきれいとは言えないけど
とにかく書くのが早い)

妹は文章への興味はそこそこで
文字を美しく書くことに興味をもつ。
(字がとてもきれいだけど
書くのはゆっくり細部まで気にする)


ひらがな・カタカナは難なくクリアした小1の次女でしたが、漢字に悪戦苦闘の様子。

学校で習った漢字が定着していないことが判明。

読めない・書けない漢字があったりすると
明らかにイライラする次女。
それにつられてイライラする私
(だって、やらなきゃできないでしょ~
テレビ見てる場合じゃないじゃん
私が手伝える時間だって限られてるんだからね~
と威圧的な言葉を感情的に次女に浴びせたことは反省しております)


本人もできるようになりたいと思っているみたい。
「だけどできないんだもん…」と一言。

できない次女を前に威圧的な態度で出てしまったのは、サポートが必要なのに、上手くそれをできずにいた自分に怒っていたのかも。

次女が寝た後、私が出来ることを考えました。

この先、勉強する漢字っていくつあるのでしょう。
始まったばかりで苦手意識を持って
やらなくなるのは惜しい。
「どうせ私はできないんだ」って
暗示をかけちゃうみたいじゃない?

「ちょっと、楽しいかも」でいいから
いや、
「私にもできた、嬉しい」で充分
そう感じたら一気に意欲が増すに違いない。

どうしたらそう思えるようになるのか。

そのヒントは次女の
得意・不得意にあるのかもしれません。
(ライフオーガナイズの考え方を知っていてよかった)

丁寧に文字を書きたい次女だからこそ

少しでも納得できないと文字を消す
書いてる内容より見た目に着目してしまう
何度も書くのが大変(面倒)に感じる

というところがあるわけで

そんなだから
何度も書いて覚えなさい
は全然有効じゃないし逆効果だと思う。
(書いて覚えること、それ自体は必要なのだけど)

もともと図形が得意なんだから右脳寄りで、
図で覚える方が得意だし頭に入るのではないか

それならば、
漢字をイメージしやすいようにする方法が吉
漢字の成り立ちを連想させたり
文字を分解して意味づけしながら覚える方が良さそう。

そういえば、長女は1年生の漢字を習いたての頃
こうこうしかじかでこの漢字が出来たんだって~って
聞いてもいないのにうんちく自慢のように
私に言ってきたものだった。
(基本的に得た知識を披露するのが好きな子で
ベラベラとよく喋ること喋ること。
きっとそうやってアウトプットできてるんだわ)


次女はそこに着目はしてなさそうなので、ちょっと反応をみるためにこんな手紙を書いてみたのね。

8D8436D3-490E-4E4C-849D-5A2248D093AE
(公開するの恥ずかしいけど~)

次の朝、読んでくれたみたいでね。
学校から帰ってきたら、私に宿題の漢字覚えを
一緒に手伝ってと言いながら準備を始めた次女。

私、嬉しくてにんまりしながら、慌てて準備。
もちろん、図形が得意子ちゃんのために
真っ白な紙に図や文字を書きながら説明。
こんなのでいいのか…と半信半疑になりながらも
イメージを連想できるような意味づけをしていきました。

そしたら表情が少しずつ柔らかくなって
勉強しながら笑いも出るようになったのね~
内心「よぉーし!」と叫んだわよ(笑)

ほんの10文字程だったけど
宿題テストを終えて帰宅した今日。

「私、できたと思うよ。
ママ、ありがとう」って。

勉強するのは私じゃない。
私が代われるわけでもない。
だけど、サポートはできるからね。 

次女のできたを
ちょっとずつ、積み重ねていけたらいいよね。

ライフオーガナイズの片づけは
お客様自身ができるようになるように
その方の得意なところ、不得意なところを把握して
片づけしやすい仕組みを作っていくのです。

「私もできる」「スッキリする」を感じてもらいたい
そう思いながら一緒に片づけをしています。

さぁ~て、漢字の次は算数だ!
またまた悩ましいな~

~お知らせ~
12月23日~1月8日まではお休みをいただきます。

1月以降の講座・サポートについては
後日、改めましてお知らせいたします。
(内容等が変更になります)


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村









週末は
「心とモノの整理から住環境を考える会※」
メンバーの方々と一緒に
東京都町田市の市民協働フェスティバル
『まちカフェ!』にて
無料片づけ相談会へ参加してきました。
(いつになく写真を取り忘れる私…)

※心とモノの整理から住環境を考える会
町田市近郊の住まい・暮らしに関する仕事をされている方々による、より良い暮らしのために様々な提案をする団体です。
(私も今後、一員として参加させていただく予定です)

HPはこちら
http://studio-felice.wixsite.com/kokorotomono/blank-3


無料相談にお越しいただいた方
皆さまとお話をさせていただくことで
現実のお困りごとや考えていることを
シェアしていただける機会はほんとに貴重です。

「ずっとストレスなんです」とか

どうにかしたいけれど
「一人では体力的に難しいの」とか

切実な思いの方もいらっしゃって。

片づけを自分でなんとかしなくちゃいけない
そう思っている方も多い中

片づけをプロに頼むことができること
より良い暮らしとなるように
お手伝いできることがあることを
知ってもらえたらいいなと思いました。

シニアの方々とお話する機会をいただいた今回
片づけについてこんなことを思いました。


「日本はモノが豊富にある」
私がオーストラリアに住んでいた頃
(20年も前で留学の時ですが)
一時帰国をするたびに思っていたことです。

豊富といったら聞こえがいいけれど
モノで溢れてるというイメージ。

もう、20年も昔の話だけど
今はその時代以上にモノが溢れているのではないかな。

これだけモノが豊富にあるんだから
生活の質が高まるのかといったら
どうでしょうね。

不要なモノと必要なモノが混在する生活
本当に必要なモノが埋もれている生活
そういう生活って
結構ストレスになるのではないでしょうか。

これだけモノが流通している世の中で
モノに対して無関心でいたら
家はすぐにモノで溢れてしまう
そんな環境に我々はいるということです。

ストレスに感じていないならいいけど
気持ちのどこかで気になって
いつかやろう、で毎日を過ごしているなら…
今の自分に苦労をかけている
今の自分にストレスを与え続けている
ということに気がついてほしいし

そのストレスを手放す選択を
今できるということに
気がついてほしいなと思うのです。

皆さん、モノを捨てるということに
フォーカスしすぎだとも思うのです。

モノを捨てたとしても
モノは入ってきますよ。

私が考えているのは
選ぶ力をつける大切さ。

そもそも断捨離も
モノを捨てるだけでなく
入ってくるモノにも気を配るということ

そのためには、自分はどうありたいのか
しっかり考えた方がいい。

それがちょっと難しいと感じる人も
これが今の自分に必要なのかどうか
モノと向き合うことをしていくうちに
「こうしたかったのだ」
と自分の気持ちが整理できたりするものです。

そうやって選ぶ力をつけていって
今の自分に必要なモノを必要なだけ所有する。

持っているモノに納得していれば
モノが多い少ないは関係ないのかもしれません。

「終活」という言葉がメジャーになってきて
その中には「片づけ」も含まれているのですね。

改めて自分の持物に目を向ける
そんなきっかけにもなっているようです。

「後に残された方が困らないように」
そんな理由もあるようですが

誰かのためにの前に、ご自身のために
そうしていただきたいなと思います。

いくつになったって遅いなんてなくて
変えていこう、整えようと気づいた時が
その人のベストタイミングだとは思います。

自分の暮らしをより良くするための
選択は、いくつになったってできると思うから。

人生のうちのどのステージなのかで
行動が制限されたりするので
方法を考えていく必要はありますけどね。

子育て中は体が動くけど、子どもがいるし
年齢がある程度になると、子どもの心配はないけど
自分が思うように動けないとかね。

(でもさ、どのステージにいても
それなりの問題は出てくるものじゃない
だからやろうと思った時に行動するのよ)



参加された方が話してくださった、心に残った言葉。

「終活」なんて思いつつ片づけしたの
そうしたら、このモノはあと数年とっておこうと
考えている自分に気がついたの。
そこで、ハッとしたわ。
私、まだまだ生きていたいし
元気に暮らしていきたい
そう思っているってことに!

モノと向き合って
自分がどう考えているのか
気がつかれたのですね。

さぁ、皆さん
どう生きるか、どう暮らしていくのか
それは人それぞれ選べるってことです。

より良い暮らしのためにサポートできる
プロがいること、覚えておいてくださいね。

~現在募集中の片づけサービスです~
★片づけサービス・個別相談
募集中です。
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/26663983.html


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村



こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

前回に続き、昨日も研修現場へ行ってまいりました。

今回の作業はキッチンでした。

キッチンの片づけといったらどんなことを思い浮かべますか?

プラスチックケース類を使って収納したり
食品類のストックを整理したり
食器類・道具類の置き場所を決めたり
要らないモノを捨てたり

なんだか大変そう?
キッチンの片づけにも手順があります。

キッチンがイマイチ使いにくい方は
以下のことをチェックしてみて

作業スペースはきちんと確保されてる?
キッチンに関係ないものが収納されていない?
とりあえず置きのモノが山になっていない?
作業しやすいように道具が必要なところに置かれてる?
(よく使うものが使いやすい場所にある?)

当てはまるものありましたか?

今のキッチンでは、狭いし
使い勝手が悪すぎてどうにかしたい

けど、そのために住み替えるわけもいかないし
リフォームだってお金がかかるし
そんな考えが頭の中でグルグルしたり
なんてことも聞くのですが。

ちょうど、ライフオーガナイズの考え方が
マンガになっているコミックがありまして


リフォームに関するマンガなのですが、
その中のエピソードひとつで
ライフオーガナイズという考え方にそって
リフォームを提案しているところがあるのです。

憧れのアイランドキッチンにしたけれど
散らかる一方で、リフォームを考えた夫婦

それにライフオーガナイズという考えで
どうありたいのかを軸にしながら
提案をしていくというストーリー。


世の中には、ノウハウ本もたくさんあって
キッチンの便利グッズって結構あるし
それらを使ったり、隠したり
ケースを揃えて見た目もすっきりさせること
いくらでも可能なのかもしれません。

でもね、

それで解決できるならいいけれど
逆に使いにくくなるリスクだってありますよね。

現状の問題点は把握していますか?
どうなりたいはあるけれど
どうしたらそうなるのかわかっていますか?

もう一度言いますが、片づけには順番があります。
私たちライフオーガナイザーが大切にするのは

★どこが使いにくいのか?問題点を明確にする
どのようにしたいのか。どうありたいのか
希望はあるのにそうならない現状
なにが理由なのか解決すべき問題点
使いやすいことろはどこか
使いにくいところはどこか
そこをクリアにしていきます。


というところ。


その後に作業の順番として

★モノを出して必要なモノを選ぶ
全てを一度に出して整理するのは大変ですね
1調理に関する道具、
2食器、
3食材など
ざっくりカテゴリー別に全出しする方法でOKですよ

★モノを分類で仕分けする
調理に関する道具なら、加熱に使う道具、下ごしらえに使う道具、
調理に使う道具、配膳に使う道具などに分けてみましょう

★仕分けしたモノを動作に合わせた場所に収める
キッチンを使う時の動作がモノを収める場所を決めるキーポイントです
コンロの下は加熱調理道具
作業台下には調理・配膳に使う道具
シンク下には下ごしらえに使う道具といったように
動作にあったモノが取り出しやすい場所に納まるようにしましょう

★使い勝手をよくするために便利グッズを使ったり、
見た目の良くなるようにケースを揃えたりする
見える場所には色・形状をそろえたり
取り出しやすくするために仕切り用にケースを使うなどしましょう
ただし、細かすぎる収納にならないように注意
なるべく動作が少なくなるようにしましょうね

という手順がくるのです。

では、キッチンのワークトップには何を置く?
ということだって

見た目すっきりなキッチンがいい派なら
優先順位を考えて必要最低限のモノだけを出すようにすると
掃除もしやすく、見た目すっきりなキッチンになります。

効率を重視する派なら
出すものの色・素材を揃えることでまとまりがでます。
ただし、モノが出し過ぎて作業スペースが狭くならないように
また、コンロまわりの収納には安全面にも注意しましょうね。

という自分のこうありたいによって異なります。

キッチンの食材を収めるポイントについては
我が家の食料品ストックについて書いた
こちらのページは参考にしてくださいね。

http://watashinoerabukurashi.com/archives/27081404.html


昨日の研修現場もそうでしたが
キッチンが片づくと目に見えてスッキリするし
使い勝手もグンとアップするため
やった~できた!を実感しやすいです。

一人ではちょっとね…という方も
どこがどう問題なのかわからない
という方も相談してくださいね。

ストレスフリーなキッチンを手に入れましょう!

~現在募集中の片づけサービスです~
★片づけサービス・個別相談
募集中です。
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/26663983.html


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村




このページのトップヘ