私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

カテゴリ: 日々の出来事

こんにちは。

自分らしい片づけ方を選ぶサポーター
SEN選:ライフオーガナイザー®
インテリアコーディネーターの
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

片づけサービスはこちらから→

「あぁ~、もう時間がないよぉ…」

これ、昨日の朝支度の時に
次女が泣き叫んでいたセリフ

朝は早起きなんだけどねぇ。

時間を意識した時には
出る予定の時間まであと少し。

そんななか
「今日の学校の用意してない」
ことに気がつく

さらに
「宿題の音読やるの忘れてた」
ことに気がつく(おいおい…)

不穏な雰囲気に包まれる朝。

〇〇した?〇〇すませた?
と口を出すのも疲れたわ

そんな朝を過ごし
夕方にも娘とのやりとりに
プチンっときた私

クドイ説教ママになりました。

なんだかのび太のママみたい…
長いよなぁ~と自覚しつつ
とまらない説教

長~い説教になったのは
自分自身がなんでイラついたのか
結局どうしたかったのか
そこがわかってなかったからで

自分の気持ちを話ながら、
「あ、私は子どもたちに
自分でできることはやってもらいたくて
協力してほしいと思っているんだ」
ということに気がつく。

そこでようやく方向転換
(ガミガミしちゃったけどね…)

いくら協力してほしいって
訴えても相手を変えることは
できないものだからね。

片づけも同じなんだよね。

子どもに片づけてもらいたい
そう訴えてもなかなかそうならない。

そこで大事なのは
自分ができることにシフトする!

出来ていないことはどんなことか、
どうしたらできるようになるのか
そこを考えていきます。

我が家の子どもたちはモノゴトの
優先順位をつけるのが難しいので

朝の支度ですることや
空いた時間でやりたいことを書き出してごらん
必要ならそれを確認しながら進めてみるといいよ
とアドバイスしました。

24A6D077-21D6-43D8-B52C-1E6045B8DF60

そのアドバイスだけで
しっかりスケジュールを貼り出し
翌日の朝にはサクッと動く長女

に対して

スケジュールを書き出してみたけど
翌朝また泣き出した次女
朝、起きたかった時間に起きられなかったから
もうスケジュール通りにいかない!だめだ~とぐずること数十分…
まぁ、甘えたかったんだろうね~)
結局、作成したスケジュールどおりに
声かけしてみたら、サクサク動いておりました~

アドバイスで進めることができる人
伴走があったほうが上手く進める人
ほんとにそれぞれだな~と思った出来事。

スイッチの入り方ってそれぞれですよね。

片づけのスイッチもそう。
どんなことでスイッチが入るのか。

片づいた空間を見るだけでスイッチが入るひと。

アドバイスだけでスイッチが入るひと。

一ヶ所だけ片づけを一緒にやってスイッチが入るひと。

定期的に伴走することでスイッチが入りやすくなるひと

それぞれのスイッチがあるもの
あなたのスイッチはどうでしょうね。

片づけのスイッチが入らなくて~という方

誰かを家に呼んだり
プロに片づけを頼んだり
スイッチが入るような
シチュエーションを作って
とにかく行動してみること

スイッチが入るから片づけする
というよりも
行動することでスイッチが入るものですからね。

さぁ、スイッチいれていきましょう~

 
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

6月の片づけ作業承っております。





こんにちは。

自分らしい片づけ方を選ぶサポーター
SEN選:ライフオーガナイザー®の
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

片づけサービスはこちらから→

0F92C64A-ABFE-49D7-AABB-98E5AC977864


今週末が子どもの運動会って方
結構いらっしゃるのではないかしら〜

我が家も昨日が運動会でした。
運動会といえばお弁当作り!

運動会メニューと言ってもいいほど
我が家のお弁当内容は定番化していて
何つくろう〜って迷わないんです。
(メニューは覚書として携帯のメモに残してあります)

ただ、今年はちょっと事情が異なり
雨の予報が出ていたこともあり
当日の朝までは開催がはっきりしない
という状態だったんです。


延期の場合に対応できるよう
定番のおかずをちょっとだけ変化させ
前日の下準備も最小限にとどめて
当日お弁当作りの手順をねりました。


我が家の定番メニューは

おいなりさん
おにぎり
サンドウィッチ

焼きそば
チキンのピカタ
ミニハンバーグ
(今年はローストビーフに変更)

かぼちゃの煮物
(今年はきゅうりの浅漬けに変更)

フルーツ盛り合わせ
付け合わせ野菜
(茹でたコーンやプチトマト、冷凍えだまめなど)

基本的に子どもたちの好きな食べ物
かつ、母が無理せず作れるものです。


揚げものは数年前に手放して
今は
焼くおかず中心です。

今年はさらに焼く工程を最小限にできる
湯せん調理のローストビーフへと変更
(昨年教えていただいてからよく作るようになった
チャック付き袋に入れてお湯にかける簡単レシピ)


前日に作るものは煮物系だけど
天候を考慮した結果、今年は無し!
(子どもたちが好きなかぼちゃの煮物。秋の運動会(幼稚園の時は秋だった)にはいいけど、この時期ならきゅうりのほうがいい~と変更してみて納得←季節にあった食べ物ってことなんだね。
おいなりさんだけは前日に下準備しましたよ~)



そして、作ったものは
冷たいもの、温かいもの、種類によって
野田琺瑯のレクタングルに詰めていきます。

0874C652-41B5-407F-B985-330C6F7973BC

深型にはサンドウィッチがぴったりだし

普段は下ごしらえなどでも使用している
浅型にはおかずを詰めるとちょうどいい

フルーツ盛り合わせは容器ごと冷やして
そのまま保冷状態で持っていきます。

これが我が家の定番:運動会お弁当

お弁当作りが好きで得意という方は
毎年作るものを考えたり
詰め方を工夫したりと

きっと様々な工程を楽しんでいるかもしれませんね。

私は
お弁当作り(料理)そのものを楽しむ
というよりも、
どう効率よく作るか
ということを楽しんでおります。


前日に考えてるのは、この定番の品を
どうつくるかの工程なんです(笑)

だから、メニューや盛り付けは定番化。
そこで悩むより、定番から足し算
引き算するほうが楽ちんなのね~。

開けて楽しみなお弁当♡ではないけど
いつもの運動会ならではのメニューを
子どもたちは楽しみにしてくれています。
(娘とは、ママ今年もあれだよね~的な会話がある)

無理なく私流で楽しむ
これが私のちょうどいい方法。

さて、あなたのちょうどいい方法って
どんな方法でしょう?




6月の片づけ作業承っております。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

 

こんにちは。

自分らしい片づけ方を選ぶサポーター
SEN選:ライフオーガナイザー®の
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

片づけサービスはこちらから→

私、観葉植物を育てるのが苦手でした。
枯らしてしまいがちだったの~。

そんな私ですが、今は子どもたちと
ベランダガーデニングを楽しんでいます。

食べられる野菜を子どもたちと
一緒に観察がてら育ててみたのが最初。
(実はね、トマトが苦手な長女。プチトマトだったら食べられるんじゃないかな~、しかも自分で育てたらなおさら…という下心があってね~。そのおかげ?!じゃないと思うけど…トマトの種類によっては食べられるようになってます~)

少しでも長く日が当たるように
多くの植物を置けるように
棚を作ったりして現在に至ります。
(棚を作った時期がベランダガーデニングを開始した頃で、家族全員で作ったのもいい思い出。もう5年くらい前かな~)

今では
娘たちを巻き込みながら始めた
野菜育て中心のガーデニングが

今では、リビングからの観賞用としての
寄せ植えを楽しむまでになりました。
(子どもたちも自分で植物を選んで
寄せ植えにしてお世話をしています)

でもね
我が家のベランダは
洗濯物を干すことがメイン
(床もある程度掃除しやすいようにしておきたい)

だから
日常に必要な動線の邪魔をしないような
限られた場所でのガーデニングなのですが
私にとっては朝の洗濯干しが
ちょっと楽しくなるような
生活の質をちょっとあげてくれる
そんなスペースでもあるんです。

私のガーデニングは時間ができて
思い立った時にたまにやるような
ゆる~いガーデニング。
(水やりは出来る人がやる)

今日もすきま時間に思い立って
「バジル」と「コリアンダー」を植えることに。
(明日は娘たちの運動会なので、お弁当の材料に地元野菜を買いにいって、そこで思い立って苗も一緒に買って帰ってきたという。今はパセリしか植えてないのに、先日夫にピザに入れるからバジルとってくれ~って言われたのが頭に残ってたんだよね~)

47BBA3F6-4196-48B0-A27C-8CBDCB7F5CF7


そんなすきま時間でも楽しめるように
道具一式、土・肥料のストックも
ベランダにまとめて置いてありまして
思い立った時にすぐ取りかかれるように
準備万端な仕組みになっているんです!
楽に楽しむための仕組みね。

我が家のベランダガーデニングは
暮らしニスタで紹介しております。
よかったらみてくださいね。




6月の片づけ作業承っております。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村

 


毎月1回慶應義塾大の日吉キャンパスにて
開催されている全6回の無料の講義
幸せなパートナーシップについて考える講義シリーズ
幸福学・夫婦編


とっても素晴らしい内容なので
学んだことや自身の気づきを
皆さんにシェアしたいな~と
ブログにしております。

こちらは第2講の後編です。

第2講前編についてはこちらからどうぞ
あきらめたくないんだ、私。
幸せなパートナーシップについて考える講義シリーズ
幸福学・夫婦編の学び 第2講(前編)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そしていよいよ講義は
今回の講座テーマでもある
「愛情地図」へ

本題に入る前にみせてくれた
動画がありましてね。


夫婦もこれと同じように
お互いを知ることが大事だよ
と義さんが見せてくださったのね。

実は、その母の日テスト
我が家の長女が新聞でみつけて
(厳選20問バージョンでしたが)
やっていたテストだったんです。

娘は全問埋めたテストを
「私、100点だと思うんだ」
って私にみせてくれて。

その数日後にこの動画を
パートナーシップ講座でみるという。

娘が見せてくれた時は
良く知ってるね、びっくりしちゃった~
ってくらいに軽く反応しただけでね、私…

映像を見ながら
いろいろ思いが込み上げてきてね
うるうるしてしまった。

講座の映像が終わってからも
しばらく頭の中は
あのテストが載っていた新聞
まだあるのかしら…
娘は楽しそうに答え合わせしてて
100点だって喜んでたっけ…
とかグルグルしちゃって。

CB8ED3E3-BFA2-427E-87C8-30A86834E8BB
(帰宅して慌ててその新聞を探し出した私。
内容を改めて読んで娘が私をどう見ているのか
そんなことも感じさせる解答もあって
それはそれは幸せに浸りました)

そんなところにバーンと
義さんが紹介してくださった
ジョン・ゴットマン博士の言葉
D844B26A-9715-42AC-9295-19135C1ADAA9

知識って言われると
パートナーシップを維持する方法
のように捉えてしまいそうだけど
ここでの知識とは、
相手(パートナー)に対する知識だそう。

相手を知るということですね。

講義では、ジョンゴットマン博士の
20の質問(パートナーに関する質問)
ワークをしたのですが

質問はこちらの本に載っているそうですよ。
結婚生活を成功させる七つの原則
ジョン・M・ゴットマン
第三文明社
2017-08-07



私の回答数は20問中12問

その中には
昔はそう聞いたけど
今もそうなのかな~
なんていう不確かな答えもあり。

なんとなくこうだろう
きっとそうだろう
と自分が想像している部分が
とても多いものだと気がつきました。

自分は相手をどのくらい知っているのか
そのあやふやな感じに
娘のように
「私あなたのこと良く知ってると思う」
って言える状態がどれだけすごいことか
(もちろん娘も想像が入っているけど)
そう言ってもらえることが
どれだけ幸せなことか気づきました。

「愛情地図」
そこには目的地が描かれており
注意すべきところも描かれている
と義さん。

お互いを知っていれば
困難なことがあっても
解決策となる手掛かりが
見つけやすくなりますものね。

8F131C75-C4ED-488C-B81B-F50BFAC34B0F

パートナーのことを知る質問を
考えてみるワークがあったのですが

全体でシェアする時間で
素敵な質問があってね。

「10年後に二人が笑いあってます。
何をしていますか?」
という質問なのだけど

楽しそうな会話している姿が
頭に浮かんでくる質問だな~と。

皆でシェアしてみるとね
質問の内容ってそれぞれだな~と
気づかされるのね。

問いかけやすい質問とか
相手が答えやすい質問とか
あるんじゃないかな~
と思ったりしましたが
(経験から感情にからむと話し合いが
困難になるなと感じていることもあって)


でもそれよりも大切なのは
「お互いをもっと知りたい」
あなたに関心があるんだという姿勢
なのかもしれないですね。

これまで意識していなかったけど
日常のちょっとしたタイミングで
じゃぁ、これはどう?って
聞けることもあるかもしれないな~
少しずつ相手について
知っていることを
増やしていきたいな~
と思っています。

最後に興味深い“ワザ”を
教えていただいたのでシェアしますね。

そのワザのキーワードは
「リペアアテンプト」(修復する努力)

リペアアテンプトとは
険悪なムードを鎮め、
関係を再構築しようとする行為のこと。

重要なのは相手がリペアアテンプトした時
それに乗っかることだそう。

喧嘩などに険悪なムードを
打破しようと相手が何かしら試みてきたら
まだ怒っているんだと言わんばかりに
無視を続けたりするような
反応をするのではなくて
それに乗っかるといいよ。
ということなんだそう。

あるよね、
素直に乗っかれないこと。

それができずに、
仲直りのチャンスだったのに…
と後悔するやつだわね。

険悪なムードを打破するためにも
皆さん、乗っかりましょう!
(はい、わたしもね。)


今回も内容の濃い3時間でした。

パートナーシップを学び
気づくことがほんとに多いこの頃

当たり前だと思い込んでいたことも
当たり前なんかじゃなかったんだって

講座を終えてから気づくことや
今ある幸せに気づかせてもらうことも
とても多くてね。

今回も長いブログになりましたが
少しでも皆さんの
より良いパートナーシップの
ヒントになれば幸いです。

こちらの講義、次回以降の詳細は
こちらで確認できますよ。
幸せなパートナーシップについて考える講義シリーズ 
幸福学・夫婦編



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ    にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ

にほんブログ村

~現在募集中:大村純子による片づけサービス~
★5月の片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ



こんにちは。

自分らしい片づけ方を選ぶサポーター
SEN選:ライフオーガナイザー®の
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

大切な人とより良い関係を築くこと
自分にできることはなんだろうか。

毎月1回慶應義塾大の日吉キャンパスにて
開催されている全6回の無料の講義
幸せなパートナーシップについて考える講義シリーズ
幸福学・夫婦編

そちらでいろいろ学ばせていただいています。

パートナーシップについて学べる場って
なかなかみつけられなかったり
何をどう学んだらいいのかさえわからない

そんなところにありがたい講座

これまでに2回参加したのだけど
パートナーシップだけでなく
自分の幸せについて
いろいろ気づく機会をいただいています。

とっても素晴らしい内容なので
学んだことや自身の気づきを
皆さんにシェアしたいな~と
ブログにしております。

ちなみに、第1講についてはこちらから
読んでいただくことができますよ。
あきらめたくないんだ、私。
幸せなパートナーシップについて考える講義シリーズ
幸福学・夫婦編の学び 第1講(前編)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第2講「しあわせの絆を育む愛情地図」
講義を担当してくださったのは
一般社団法人ウェルビーイング心理教育アカデミーの渡邊義さん・渡邊奈都子さんご夫妻です。
B2750D2C-994C-49EB-8B6B-1448AEC3551D


講義の前にはアイスブレイクのワーク
(前回は「あなたがいて良かった」をお隣の方にいうワーク♡)
前回が前回だっただけに
一体どんなことをするんだろう…
と内心ドキドキワクワクしていると

でた!
ペアになって「パートナーシップビート」
ペアの方とお互いの手を合わせるように
指定回数、手をたたき合うワーク
いや~ドキドキを裏切らないわ~(笑)

子どもの時に友達と
手遊びしませんでしたか?

私は一瞬、その手遊びを
思い出したのだけど
友達以外とやった覚えはなく…

これを「はじめまして」の方と!?
しかも、3回目はお互い目をつぶって!

リズムを合わせるように
意識して声を出してみたりして

相手のこと知らないから~
なんて言ってる場合じゃなくて

目を閉じてやる時なんて
手を合わせる高さを確認したり
テンポを確認したり

もうね、協力しかありません!

クリアできた時には
思わずガッツポーズして
相手の方と喜びを分かち合いました(笑)

ワーク後に説明いただいたのですが
目を開ける、目を閉じるには理由があって

目を開けているときには
課題をクリアするになりがちなことも
目を閉じることで
相手を感じ取って協力する
そんなことを実感するワークだったんですね。
えぇ、実感しましたとも。

相手はどういう人なのかを理解し
どうしたらうまくいくのか
そう協力していくことが
パートナーシップでも大事だと。

このアイスブレイクのワークでも
その行動を振り返る時間があり
理由を説明してくださるご夫妻

そうなんです
渡邊ご夫妻の講義って
「なぜ」「どうして」が明らかなので
とても理解しやすいんです。

そんな渡邊ご夫妻ならではの講義には
「ほー」「へぇー」「おぉー」
などのどよめき!?がいっぱい。

講義では
ロバート・ウォボルディング博士の
ピラミッドの図から
説明してくださったのですが
私、頷きっぱなし。
(こちらの図は友人関係にも当てはまるそうですよ)
F61607BA-997A-4A55-81BA-5F78FF0B2631


ピラミッドの一番上にある
A話し合い・問題解決
これが一番良い関係性になるそう

夫婦関係もこの状態を目指したい
なんて目標にもなる関係性ですよね。
(私もそんな夫婦になりたいなと思うもの)

「でも実際は、話し合いができないから
困っているんですけど…
ってことが多いと思うんです」

その言葉に大きくうなずく私。

AができていないならBの関係を見直す
そんな必要があるとのこと。
B:日常会話・コミュニケーション

うーん、確かに!
日常会話もないのにいきなり話し合いは
出来そうにないですものね。

そしてBができていないなら
そう、Cを見直す。
C:クオリティタイム(一緒に何かをする)

これは、ただ一緒にいるのではなくて
お互いに価値があると感じ
相手を意識するものをする必要があるそう。

我慢しながら相手に合わせることは
クオリティタイムにはならないのですね。

そして一番下の土台に
Dコントロールタイム(一人で何かをする)
があるそうです。

自分の欲求を満たす時間。
そこが土台になるんですね。

より良い関係性を築くには
自分が機嫌よく過ごす必要がある!

確かにイライラしている人と
一緒に過ごしたくはない。

自分のことを後回しにしていた頃
土台がなかったのに
一番頂点のAレベルを
目指していたのね、私。

「なるほど、そうだったのか。
それじゃ、崩れるわけだ」と
大きく大きくうなずくばかり。

より良い関係性を築くためにも
土台である自分自身を満たしておく
そんなことも重要なのですね。

そして今回の講座で
一番どよめきが起こったのは
アメリカや日本での離婚に関するデータが
表示された時だった気がします(笑)

アメリカでは
結婚40年経った夫婦を調べたところ
離婚率は67%。しかも
その半数は最初の7年で起きている。

そして、再婚同士の離婚は
初婚同士より10%離婚率が高いという。

日本では
2016年度の婚姻数と離婚数を比較すると
離婚数が結婚数の1/3に及ぶという。

この事実をみせていただいた後に
どうして離婚に至ってしまうのか
考えて全体でシェアする時間が
あったのですが

価値観の違い
親から学んでいない
方法を学ぶ機会がない

といった意見が出たんですよね。

それを聞いた時は
あれ!?片づけの世界と同じだわ~
(私の仕事はライフオーガナイザーなのでね)
なんて思った次第。

そうなの、より良く生きるために
身近な人から学べたらいいけど
パートナーシップを学ぶこと
なんてないまま日々実践している
そんな状況が多いんじゃないかな。
(片づけもそうなんだよね。
自分にあったやり方を学べるんだよ~)


そして、そのシェアのなかには
第1講の講師であった
前野教授の意見もありましてね。

「結婚後3年ほどで脳内ホルモン
(名前が聞き取れなかった)
が切れて、これまで見えなかったことが
見えてくるようになるから」

と興味深い意見。

私は新婚時代が一番大変な時期だった
(一緒に生活してみて、考え方の違いが
こんなにもあるんだと驚いたんです)

と感じていたのですが
出会って4年経過していたという
時間に関係していたのかしら
な~んて心の中の声。

でも、関係性はより良くできる
ですからね!

「パートナーシップには
ひけつがあるんです」

とご夫妻からご紹介いただいたのが
ジョン・ゴットマン博士の
4つの危険因子

C583AC9A-C3D5-45A2-9F72-18607D3AC8B6

夫婦の言動を5分間観察し
この4つの危険因子を測ることで
平均91%の確率で離婚に至ることが
予測できるという!

この4つのうちの「逃避」については
その他の「非難」「屈辱」「自己弁護」
が起こらなければ起こらないのだそう

「相手が向き合ってくれない」
なんてときには
自分の言動にその3つがなかったか
振り返ってみることをオススメします
とのことでしたよ。

幸せな結婚関係を維持するには
4つの危険因子のような
反応的コミュニケーション
を取るのではなく
マイナス面よりプラス面を重視し
知的に感情を処理することが
大切なのだそうです。

それには自分が満たせている
必要があるとのことでした。

講座の中で印象的だったのは

「良い関係性へと
変えていくことができます。
でも忘れてはいけないのは、
自分の幸せから溢れて
誰かに幸せを分けてあげられるのです。
シャンパンタワーのようにね」
という奈都子さんの言葉でした。

そして講義は
今回の講座テーマでもある
「愛情地図」へ

長くなるのでつづきは後編へ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/31504779.html

こちらの講義、次回以降の詳細は
こちらで確認できますよ。
幸せなパートナーシップについて考える講義シリーズ 
幸福学・夫婦編



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ    にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ

にほんブログ村

~現在募集中:大村純子による片づけサービス~
★5月の片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ



このページのトップヘ