私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

カテゴリ: 子育てと片づけ

こんばんは。

我が家の冬休み、
今年もスタートダッシュで
始まりました。

昨日、娘たちの学校が終わり
私も今年最後の太極拳レッスンを終え
電車へ飛び乗りました。

年末が近づくと
逆算しながら動くことが増えます。

帰省や旅行などの
荷造りもそうですが

その他に年末にやることは
年賀状とか大掃除とか。
(我が家は大掃除らしき
大掃除はしませんが…)

そしてモノの見直しも。

先日の木曜日が年内の
ゴミ出し最終日でした。
(年内にはまだ収集日があるけど
我が家が利用できる最後の日だった)


ゴミ収集前日の夜
小3の長女が新しい年を迎える前に
モノの見直しをしたいから
手伝って欲しいと言ってきました。
(片づけの主導権を子どもたちに渡して一年ほど
そう、まだ1年しか経ってないんだけど
自分からモノを見直したいと
言ってくるようになったのが嬉しい)

小1次女はそんな長女につられて
私も見直ししておきますか~ってな感じ。

子ども用収納棚に設けた“何でもBox”
(作った作品などを一時的に仕舞える箱のこと)
ギュウギュウに詰められた中身を
全部出して残すものを選びとります。

次女の何でもBoxから
出てくるモノと言ったら

作った作品のみならず

お店からもらってきたパンフレット類
私から貰い受けたレシート
おまけでもらったオモチャ類

それらを手に取っては
『なんでこんなモノ入ってるの』
な~んて言っちゃってる次女

ずっと捨てずに取っておいたのはあなたですけど〜(笑)

これまで見直しをしても残すモノは比較的多めだった次女

今回の見直しでは
これも残さない、あれも残さない
これももういい、これも赤ちゃんっぽい
と迷いなくモノを選び取る次女の姿にビックリ!
私と長女も信じられないと思わず顔を見合わせたほど。

残すものを選び取る際は、
娘が迷った時には助言をするものの
基本的に私自身が娘たちの所有物を
どうこうしろと指示することはありません。

私の役割と言えば
ごみ袋を持って横で見守りつつ、
脱線して他のこと(玩具など)に気が向いてしまった時に
作業に戻す役割を担っております。

選び取る作業は大人でも疲れるもの。
最初は集中していたはずが
だんだん玩具などに目移りしがちな時は
これはどうしよう?と気持ちを戻して
選びとる手伝いをしてあげます。

最初の頃は、一つ一つ残すかどうかの確認を
一緒にしていたものでしたが、
選び取る作業を繰り返していくうちに
こちらが口を出さなくても
今のその子に必要なモノを選び取れる
ようになっていきました。
(まだまだ試行錯誤中だけど)

子どもが選びやすくなるようにどうするか
ということを考えながら
片づけのサポートをすることで

最終的に自分が選び取った
好きなモノ必要なモノに囲まれて
スッキリするってこういうこと
スッキリするって気持ちがいい
自分は自分でこういう状態を作り出せるのだ
と感じる経験をしてもらいたいなと思っています。


片づけは、仕舞う場所が決まっていて
使ったらそこに戻すということだけじゃなくて
モノを選び取ることや分類することも必要なことです。

こうして片づける仕組みを作ってあげて
常に入ってくるモノに対して
必要なモノを選び取っていく力を養ってあげる

片づけは面倒だと思うこともあるかもしれないけど
自分にだってできることなんだと感じ
興味を持ってもらえたらいいなと思います。

冬休み初日の今日、
長女が自分の誕生日にもらった図書券を使って購入した本は
「整理整頓」の本でした。
33DDE1A4-E0E4-4212-86AC-EEF1712AC23A
頼もしいほど片づけが上手になってきている長女。
自分のモノの見直しをさっさと終わらせて
次女の見直しを手伝ってくれるほどになりました。

私の仕事に興味を持ってくれるのも
何とも嬉しいこと。
本を読み終えたら感想を聞いてみようと
思っています。

さて、
新年に入って最初の片づけのお客様は
ちょうど小学生お子さん二人。
お母様も一緒に参加されて
子ども部屋の作業を予定しています。
子ども達との片づけは、それぞれの子どもの特徴が出ていて
ほんとに面白いものです。今からとても楽しみにしています。
(※お子さまとの片づけサービスは継続のお客様へのオプションサービスとなっております。詳しくはお問い合わせください)

来年、たくさんの方に
スッキリを実感していただけるよう
頑張っていきたいと思っています!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村


子どもの片づけ
これでいいのかなって考えたことありますか?


こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

晴れた週末の朝に
テレビにはりついていた娘たちを
公園へ誘い出して、私はカメラマンに変身


DSC_2752

砂場横に置かれていた、砂場道具の入ったカゴ
”いつもおかたづけしてくれてありがとう”
の張り紙がありました。
(公衆トイレにもこの手の張り紙よく見かけます)

小3の娘は片づけながら
「おかたづけありがとうって言われたら
お片づけしなくちゃね~」
とニヤニヤしながら独り言

どんな反応なんだか・・・。

その張り紙がなかったら
片づけしなかった、
ってことはないと思うけれど
反応したことは確かです。

娘の調子良さを垣間見た(笑)

☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それはさておき、本題へ戻りますが

子どもの片づけってどうすればいい?
気になったことありませんか?

子育て全般に言えることだけれど
これといった正解がないことは
人と比べてもしょうがないけれど
気になるんですよね。

自分はどう考えるのか
どれが間違っているとか
どれが正解ではないこと。

だからこそ悩むことでもありますね。

私はというと
”片づけを子どもに任せる”
という考えのもとに
子育てを行っています。

それは現在のライフオーガナイズに
出会う前から変わらない方針です。

ただ、ライフオーガナイズを
知ってから、その方針で
自分が納得できていると
確信できたので
子ども達に片づけを任せることの
次のステップに移行することができました。

そう、私の中には
子どもに片づけを任せるための
ステップがあるのです。

☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、そのステップとは


ステップ1:遊んだオモチャを片づける

当たり前に思えるこの行為、
「オモチャは片づけるものだよ」
をまずは大人が実践することで教える時期。


ステップ2:遊んだオモチャを一緒に片づける

「オモチャを片づけるとは
こういうことだよ」と手順を教えるとともに
「ちゃんと片づけられるんだ」
という”出来る”実感を与えることにもなります。

なんだ簡単!と思われるかもしれませんが
これを実践するということは
・オモチャの定位置も決まっており
・おもちゃが適量である
ということができていることが前提なんです。

気をつけてほしいのは
どこかに押し込んでおしまい~の仕組みでは
子どもだってどこに片づけるの?と迷うことになります。


ステップ3:子どもが片づけを実践する

手取り足取りで教えてきた片づけを
実践してもらう時期。
ここまで積極的に関わってきた片づけから
一歩ひく状態です。
もちろん、一緒に片づけもしますが
これまでの片づけ率
大人7:子ども3から
5:5、3:7といったように徐々に
大人の片づけ率を減らしていくイメージです。

これまで問題なかったけれど
このステップになったら
上手くいかなくなったというなら

「収納方法が子ども自身にあっているか」

を確認してみること。

大人がこうしてほしい収納ではなく
あくまでもその子自身が使い易く
わかり易い収納にする必要があります。
(行動特性を知るために
利き脳を参考にするのもいいですね)

とはいえ、あまり難しく考えずに
使いにくいところがないか
子どもに聞けばいいんです。

その子に合った仕組みとなるように
少しずつ改善していけばいいのですから。

参照:片づけなさい!から片づけられる仕組み作り2

ステップ4:手放す

ここは子ども云々ではなく
大人の覚悟が必要です。

任せると決めないと
いつまでも片づけてあげる状態が続きます。

子どもってちゃんと見てて
お母さんがやるから
やらなくてもいいじゃない
になってしまうんです。

手放すと決めたら手放す。

だからといって
勘違いしないでもらいたいのは
大人が全く手を出さないわけではないこと。

片づけリーダーは子どもであることを
子どもにも認識してもらったうえで
「いつでも手伝うから言ってね」と
寄り添いの姿勢を伝えます。


我が家が手放したのは最近です。
ライフオーガナイズで
”自分のこうしたい”が
明確になったことも
ステップアップを後押し
してくれたと思っています。
参考:子どもの片づけ~見守りの段階~


ステップ5:見守る

ここからは大人と子どもの
コミュニケーションが要となります。

声をかけたり
時には片づけを手伝ったり
(あくまでも受け身です)


私自身も現在は見守りの段階です。

子どもに任せずに
自分でやれば早いのに
と思うこともあります。

私がきれいにしてほしいときに
子どもの片づけスイッチが入るとは
かぎらないのです。

でも、来客があるときなどは
「お客さんがくるから片づけてほしい」
と伝えると片づけてくれます。

↓こんな状態でもね(爆)

20170610171719_IMG_4412


こんな状態であっても
片づけられると
私も子どももわかっているんです。

子どもですから
モノを出しすぎて
「わぁ、片づけ面倒くさいなぁ」
なんて言っていることもあります。

そんな時に
「今なら片づけ手伝うよ」
とさらっと言ってみたりして。

私自身が
きれいな空間で過ごしたいから
手伝いますよ~と思うのです。

なのに
わたしは今、このブログを書きながら
上の写真の状態を眺めているわけです…

ほんとはね、片づけたい(笑)

でも片づけません。

その行動がわたしの
望む結果に繋がることはないから。

片づけを任せることで
信頼・選ぶ力・自信・楽しさ・考える力
子どもが得るものがたくさんあると思うから

先回りはしない
けど
整った状態を維持するお手伝いはする

そう考えてステップを踏んでます。

☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在は
私の講座やオーガナイズを受けられた方
に限定し、要望がある場合にのみ
お子さんとの仕組みづくりをしています。

その理由は

まずは大人(お母さん)自身が
”どうしたいのか”
ということを明確にしてもらいたいし

お母さん自身が気が付かなかった
行動特性を知ることで
子どもを見る目を
(新たな視点など)
養ってくれると思うのです。

子どもの仕組みだけれど
お母さんはその仕組みを維持するために
重要なキーパーソンになるから。

まずはお母さんから。
そう思っているからです。

☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

片づけのサポートを行っています。

ライフオーガナイズはあなたの家を
一時的に片づけるサービスではありません。

これまでのやり方ではいまいち上手く片付けられない。
こうなりたいという理想と現実のギャップに悲しくなる。
夫や子どもと片づけが合わなくてイライラする。
今のままではだめだと思っている。
暮らしにくさを感じる。
一人では片づける自信がない。
整えるってどうすればいいの?
どうすれば過ごしやすくなるの? 

そう思っているなら
自分にとってより良い暮らしを選ぶ
一歩を踏み出してみませんか。

ライフオーガナイズは
ヒアリングによって思考の整理から始めます。
それが全ての軸となるから。

あなたのほんとうに望んでいることは何でしょう?

あなた自身がきづいていない行動特性を知ることで
あなたに合う仕組みを見つけませんか?

 あなたの「できた!」を応援します。


初回限定の特別価格(期間限定)となります。
 予約可能な日程、詳細はこちらからどうぞ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村



















































これまた正解がないことだから
人と比べられない。




そう思っているのであれば
やることはざっくりと

1その子に合った仕組みを作ること
2”片づけをやってあげる”を手放す覚悟をすること

だと思っています。

1はプロに依頼するのもあり、親がやるのもよし
2に関してはプロの代行が不可能なところ
(アドバイスはできますが)

最初から子ども達だけでやる
それはちょっと無理な話です。
出来るようになるための
ステップを踏んでいくこと。

子どもの片づけは
子ども自身でできるようになってもらいたい。
そう思ったことありますか?

自分らしい暮らしを選ぶための
気づきをお手伝いする
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

以前に片づけをサポートしたお子さんの
アフターフォローへいってきました。
参照:オーガナイズ記録2~左右脳の仕組み~


お母さんの話によると

自分でできるようになった片づけを
最近になってやらなくなってしまった。

時期を同じくして作業をしたお姉ちゃんは
今でも問題なく片づけをしており
(二人の部屋は一緒です)
参照:オーガナイズ記録1~右右脳の仕組み~
弟くんが部屋を片付けないので
一緒の部屋で遊べないと
嘆いているとのことでした。

学校から帰宅した弟くんと部屋へいってみると

床にモノはあるものの
収納棚は以前の状態から
あまり変わっていない印象。

作業を始めてみると
迷わず定位置にモノを戻す弟くん

その点をみても弟くんは
片づけられないわけではない。

しかも定位置が決まっているモノは
そこまで散乱していなかった印象で

それよりも彼が作った作品類を
ひとまとめにしたら
あっという間に空間が片づきました。

子どものモノで増えていくものは
”おもちゃ”だけではないもの。

石も拾うし、作品もつくる、絵も描くし、
折り紙で作ったモノだってたくさん。

そういった作品などの一時置き場を設けてあげる
(しかも出し入れしやすい仕組みにすること)

モノ作り大好きな時期に
その一時置き場は活躍してくれるのです。

我が家の娘たちを見ていても
置き場を設置する重要性を実感しています。

もう一つ彼が作った作品と言えば

片づけられずそのままになっていた
ブロックの作品たち
崩したくないらしく
しばらくそのまま置いてあったとのこと

この日一緒に崩してボックスに戻しました。
不思議なもので、
一定の時間を経ると
手放せるものが出てくるのですよね。

弟くんと作業をして思ったのは

作ったモノに思い入れが強いぶん
手放すことや片づけることが優先順位として
低くなるのかもしれないということ。

本人にしてみれば
なぜ片づけなくちゃいけないの?
って感じなのだろうけれど。

ブロックを例に考えると
片づけることを
「せっかく作った作品を壊す」
と考えるのか
「新たな作品を作る準備」
と考えるのかでは違う。

作ったモノが大切である
弟くんの場合は前者の見方。

それが悪いとかではなくてね、
後者のような
こんな考えもあるんだよを提示しながら
その子に考えてもらう。

片づけを子どもに任せるってことは
その子が考える力も必要なこと。

その後、弟くんは片づいたスペースで
お姉さんと楽しく遊んだとのことでした。
ほんとによかった。

そして何よりも
弟くんの変化に気がついて
何とかしようと行動したお母さん

収納の改善案まで相談してくれました。
子ども達の向き不向きまで
行動特性をよく理解していて
こちらがなるほどね~
と感心してしまいました。

親の見守りって要ですね。
そう思ったアフターフォローでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

子どもの片づけは
自分でできるようになってもらいたい

そう思っているのであれば
やることはざっくりと

1その子に合った仕組みを作ること
2”片づけをやってあげる”を手放す覚悟をすること

だと思っています。

1はプロに依頼するのもあり、親がやるのもよし
2に関してはプロの代行が不可能なところ
(アドバイスはできますが)

最初から子ども達だけでやる
それはちょっと無理な話です。
出来るようになるための
ステップを踏んでいくこと。

この件に関してはまた後日にでも説明します。

→参照:子どもに片づけを任せるステップ




にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!











おはようございます。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

我が家の娘二人は
IKEAトロファストを
小さな頃から使用しています。

20170503132926_IMG_3674_20170524131008127

そんなトロファストも
娘たちの成長にあわせ
DIY本棚を追加して
ちょっぴり姿を変えています。

この前のGWには
本をグレードアップしたばかり

だいぶ絵本が少なくなってきました。


本棚にある本の大部分は
夫が幼い頃に使用していたもの。

義理の母が大切に保管してくれ
長女が産まれた時に
引き継ぎました。

絵本から小・中学生対象の本まで
幅広く残されておりました。
ほんとにありがたいことです。

引き継いだ全ての本を
並べるスペースはなく

大きくなるまで別の場所に
保管されていた本たち

次女が小学生となったこの機に
娘たちの本棚へ移しました。

20170601084342_IMG_4331

これまでにも
子どもたちと一緒に
本の見直しを数回してきました。

本を手放すのは子どもたちの選択

長女がもう読まないといった本も
次女は読んでるよと本棚へ戻す

二人が手放せると選択した本は
1才の従弟のところへ引き継がれます。

小1の娘は絵本中心
小3の娘は読み物中心

そんな状態を象徴する
我が家の本棚の今です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村



オーガナイズのサポートを行っています。
あなたに合う片づけ方法を見つけませんか?

 あなたの「できた!」を応援します。

一人ではどうしていいかわからない
整えるってどうすればいいの?
どうすれば過ごしやすくなるの?

初回限定の特別価格(期間限定)となります。
 予約可能な日程、詳細はこちらからどうぞ




子育て中の親に
関心度が高い"子どもの片づけ"

子どもを産んでから
片づけが追い付かなくなってしまった
そんな思いの方もいるのでは?

改めましてブログへようこそ。

自分らしい暮らしを選ぶための
気づきをお手伝いする
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

好き嫌いは別として
片づけられないより
片づけられるほうがいいと思いますか?

いいと思うから
子どもにも片づけの習慣を
持ってもらいたいと思うし、
子どもに片づけをしつけなくてはと
思っている方も多いのではないでしょうか。

そう思う反面、
自分自身が"どう片づけたらいいのか"
いまいちわかっていないってことも…。

知らないことを教えるのって難しい。

私自身もそうだけれど
片づけ方法を教えてもらった記憶はなく
親と一緒に片づけたり、
親が片づける姿をみて学びました。

子どもに片づけを教えるスタートは
片づけている親の姿をみせること
だと考えています。

整っている状態を経験してこそ
「キレイってこういうことだ」という
感覚を育てることができるのだと思います。

片づけを身に付けてもらいたいなら
片づけられる環境を整えてあげること
それが大切だと思うのです。

「まだ、子どもが小さいから~」
つい言い訳にしてしまうけれど、

子どもが小さいからこそ、

誤飲の危険性もあるから
片づけないと危ない。

片づけに時間がかけられないから
仕組みを作っておくと楽ですね。

しつけなくちゃと身構えるより
まずは自分自身が過ごしやすいように
暮らしを整えませんか?

自分自身が片づけの見通しを
持てるようになると
子どもにも具体的に
伝えることができるようになります。

小さなお子さんがいらっしゃるお母さんにも
無理なく暮らしを整える方法を知ってもらいたい。

そんな気持ちがあって
出張講座を始めます!
詳しくはこちらをどうぞ


このページのトップヘ