私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

カテゴリ: 子育てと片づけ

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

いったいどうしたら
子どもが自分で片づけられるようになるの~
子育てしていてそう思うことありませんか。

小1と小3の娘がいる我が家も
これまで試行錯誤してきました。

子どもたちに片づけを任せるようになり
今では子どもたち自身で管理しています。

私が片づけサポートの仕事を始めてから
年長児から小5までの子どもたちと
一緒に片づけ作業をする機会がありました。

なるほど~と思うような自分のやり方を教えてくれたり
そうくるか~と発想力の豊かさをのぞかせたり
違うよ○○だよ~としっかり考えを伝えてくれたり
様々な面白さがあるんです。

出して→わけて→選んで→おさめる

子どもたちに主導権を渡して
このステップにそって一緒に片づけして思うのは
みんな片づけできるじゃない!なんです。

こうやって片づけを一緒にしていると
あ、このステップが抜けてたのかも~
と感じることもあります。
(これは大人でもそうなんですが)

片づけ=どこでもいいから収納できる場所におさめる
という現状になっているなら
そこには『わける』ステップが抜けているかも。

一緒に片づけしましょうね~
って言いながら小さな子どもと一緒に片づけするお母さん
公園などでも多くみかけますよね。

使ったものは戻すんだ
お母さんから子どもたちは学びます。

戻すことを教える方は多くみるけど
「分ける」とか「選ぶ」はどうなんだろうって
ちょっと考えてみました。

私がやってきた試行錯誤の片づけでは
成長に合わせて
戻すを学ぶ時期があるように
分けるを学ぶ時期もあったなと思うんです。
(選ぶ・おさめるも実践中ですよ)

赤ちゃん時期

玩具はまださほどない状態
しかも玩具一つ一つが大きいから
一つのカゴやケースなどに
まとめて投げ入れる収納で十分でした。
実にシンプルなざっくり収納。

皆さんだいたい我が家と同じように
ざっくり収納からはじまることが多いのではないかしら。

2、3歳の頃

おもちゃの種類が少し増えました。
誤飲しない程度の
細かいオモチャを持つようになるころ

子どもは使いたいおもちゃを
大人に言われなくても自分で取り出します。
さて、戻すはどうでしょう?

この時期に子どもは
“おもちゃは使ったら戻すもの”ということを
親の姿から学ぶ時期だったかと思います。

さて、戻すとしても
量も種類も増えていれば
これまでと同じ1箇所にまとめてだと
ちょっと片づけにくいなぁ
そう思う時期だったりします。

大きめのケースを用意して
そこにまとめておもちゃを収めるにしても
巾着袋や箱などを利用して
異なる種のおもちゃ同士が混ざらないような
工夫が必要になるかもしれません。

ただし、このように
1:オモチャを袋(箱)に入れる
2:その袋(箱)をケースに仕舞う
となると、そのワンアクション増える収納方法が
上手くいくのは、お母さんが一緒に片づけをするから
だということもチラリと覚えておいてほしいことろ。

幼稚園・保育園時代

玩具は増えていくばかり
工作モノも増える時期です。

いよいよ収納場所を見直したり
どんな収納がいいか考える時期でもあります。

我が家はこの時期に「分ける」を取り入れました。

使う用途や種類に分けて
おさめるようにしました。

モノの量が増えるとそれぞれのモノの定位置を覚えるのは
結構大変なのでことですよね。
分けることで、モノ一つ一つ覚えずに
モノの種類で覚えればいいということになるわけです。
(分類分けしておくことで、モノを戻す時に
なんとなくここだよねという手掛かりになります)

我が家はこんな感じで分けていました。
おままごとセットで一つのケース(我が家は引き出し)
ぬいぐるみで一つのケース
木工玩具で一つのケース
楽器の玩具で一つのケース
工作グッズで一つのケース
作ったモノ(作品)で一つのケース


分けておさめるなら
そのケースの中は多少ぐちゃぐちゃでも
次に取り出す時でも影響しないものです。

投げ入れてもOK
(モノを大切に扱っていないわけではなく、
キッチリ戻すは要求していないということね)

細かすぎずに適度に(シンプルに)分けることで
とにかくこのケース(引き出し)には○○を戻す

という「分ける+戻す」を教えた時期でした。

この分けるがなく
おもちゃ用の収納場所だけを大きくした場合

扉付き収納や押入れといった
大きなスペースに玩具が山積み
扉を閉めたら見えませんから~
になっていたとしたら
(いや、山積みでも毎回戻る場所が決まっていて
それが戻す時にちゃんとわかるなら全く問題なしですよ)

その姿を見た子どもは
収納できる場所にモノを入れる=片づけ
だと認識しているかもしれません。


「片づけなさい」って言った後に
とりあえず空いてる所にモノを押し込んで
「片づけたよお母さん!」って言われても
「なにこれ、片づけになってないでしょ!」
なんて言えないじゃないの…
と思ったお母さん、それいい気づきです!

使ったら戻すを教えてきたけど
その戻すために必要な
分けるはわかっているかしら

もしかしたら、分けるを教えてないけど
そこを要求していたりしませんか?
子どもの片づけ方をチェックしてみるといいかも。


その他の「選ぶ」も「おさめる」も大切なこと。
今日は長くなるのでそちらについては
小学生時期としてまた別記事にすることにしますね。

子育て中のお母さん達と
子どもの片づけ
こんなことに困っているんだけど〜
というような意見を交換できるような会を
開催しようと計画しております。


3月には
3月16日(金)に
聖蹟桜ヶ丘のサロンにて

新百合ヶ丘周辺でも開催したいなと
計画しております。


お問い合わせは
こちらのフォームからお願いいたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村



こんばんは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html)

スギ花粉のせいなのか
はたまた何かしらのウィルスなのか
だんだん鼻詰まり症状が出てきており
なんとなく不快な状態

そんなこんなで
三連休の最終日は家にこもり
図書館で借りて返却期限の迫った本を読んだり
娘たちのチョコ作りを応援したり
横になって身体を休めたり
家事も放棄しております。
(家族の協力に感謝です)

私は元々、やらなくちゃ、やらなくちゃって
義務感に追われあれもこれもと
動き過ぎるところがあったんです。

頑張ることが悪いわけじゃないけど
その無理した後には
ダウンしたり、イライラしたりが多かった。

今では、なるべく
やらなくていいを手放し
頼れる(任せる)ところは誰かに頼る(任せる)
そこを意識するようにしています。

それが最終的に
イライラを手放すことにつながる
そう思っています。

手放すは諦めるじゃなくて
自分をご機嫌にする方法のひとつだと。

子育てしていて大事なことのひとつに
お母さんのイライラを手放す
ということがあると思う。

子どもとの片づけ
これも子育てイライラの要因になりがちなこと。

自分の子どもに対して
片づけできるようになって欲しい
そう思いますよね。

わかります、わかります。

でも、そこに注目しすぎて
片づけできる子ども
片づけできない子ども
気がついたらそんなふうに
⚪︎と×で評価してる
なんてことになっていませんか?

子どもが片づけできない。
そんな時には
できない子に着目するのではなく
できないことは何なのか
に着目したほうがいいはずです。

子どもが片づけできるようになるために
私も協力しよう!そう思ったなら

考える視点は
子どもが片づけられるようになるには
私はどうしたらいいのだろうか?


相手を変える努力より
自分が変わる選択をする
その方がお互いに良い関係を築くこともでき
結果的に早道だと思います。

例えば
片づけのやり方を見直す
声のかけ方を見直す
子どもを信じて任せる覚悟をする

お母さんができることです。

そうすることで、
結果的に子どもが片づけられない
イライラを手放すに繋がります。

さて、我が家では
お風呂あがりの濡れたタオルを
床に投げ捨てられている状態…

どうしたもんだか
このイライラをどう手放すか
思案中でございます(笑)

子育てしてればいろんなことがある
でも手放せることなら手放して
お母さんのイライラを減らしていこう
そんなスローガン⁉︎のもと


子育て中のお母さん達と
子どもの片づけ
こんなことに困っているんだけど〜
というような意見を交換できるような会を
開催しようと計画しております。


3月には
3月16日(金)に
聖蹟桜ヶ丘のサロンにて

新百合ヶ丘周辺でも開催したいなと
計画しております。


お問い合わせは
こちらのフォームからお願いいたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村



 

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

昨日は小学生の女子と一緒に片づけをしました。
(ビフォー・アフター写真は後日掲載しますね)

オプションの片づけサービスとしている
お子さんと一緒の片づけです。
(昨日はお母さんとキッチンの片づけをした後にお子さんと片づけでした)

私がお子さんと片づけをする理由。

片づけを習慣にする「できた」を実感してもらいたい。
(これは大人でも同じですが)

私は片づけで養える力があるって思っています。
「自分で考えて選択する力」
これは、自分らしくイキイキと生きるうえで
とても大切なことだし、様々な場面で必要となる力だと思います。


片づけでそれを育むには、
親であるお母さんがキーパーソンになります。
だからお母さんの考えを聞く必要もあります。
まず、お母さんが実際に私と一緒に作業してもらうことも。

私がお母さんとタックを組んで、
その力を養える環境にするために仕組みを一緒に作るのです。

お母さんがまず仕組み作りを体感していたら
見守りする時の理解に繋がると思うのです。
仕組みを作った後にその力を育んでいくのはお母さんだから。


片づけを小さいころに学んだ覚えは自分にありません。
親の片づけを見ながら覚えたのかもしれません。
小学生の頃の自分の部屋を思い出すと
それなりに散らかっていたイメージがあります(笑)

自分が母となり、子育てをしていく中で
片づけが得意なことに気がつきました。
得意というか、片づけに苦を感じないということに
気がついたんです。

片づけは得意なんて言っている私も、
自分の子どもと片づけすると
なんだか威圧的になってしまったり
手を出し過ぎて
自分ばっかり片づけをしているように感じたり
なんでだろう…上手くいかないわ
と思っていた頃もありました。
(今では私の小学生の頃より娘たちの方が片づけ上手です!)

そんな私がライフオーガナイズを学んで
片づけの仕事を始めるようになってから

子どもの片づけのSOSをもらうようになり
子ども達と一緒に作業をしていくことで
どうして自分の子どもとの片づけは難しいと感じるのか
そんなことも考えるようになりました。

大人であっても子どもであっても
片づけのプロセスは同じなんです。

私が大切にしていることは、問うこと。
そこから自分の考えが出てくるから。
気がつかなかった自分の考えに気づくから。

やりがちなのが、自分の子どもに問うときに
「ねぇ、これはもう捨てていいよね?」
「これ、使っているの?しばらく使っている所見てないけど」
ってお母さんの意図が入っていることが多い。

そうなの。
自分がどうしたいのかを考えさせるどころか
子どもはお母さんの答えを探るのに一生懸命。
それじゃ、正解があるみたいじゃない!

こう思うから、こうだから捨てるとか
こう思うから、こうだから残すとか
これでいいんだと納得する答えではなく

お母さんがこう思っているからこうする
になっちゃう。

もはや考えさせるではなくコントロールです。

お母さんはこう思うけど、あなたはどう思う?って
議論ならいいと思います。
そうして決断された答えがどうであれ
受け止められるならいいですよね。

やりがちなのは質問しておきながら
自分の考えと違うならダメって否定するパターン

質問する側にとっては
最終的にあなたが出した答えだから
私には非がないわよってことになるから
責任はないし楽なのでしょうけど。
(これ、私がやりがちだったことなんです。
子どもにだけでなく、夫にもこうだったから)

こうなってもらいたいという希望があるなら
問いではなく、説得なり
希望を伝える手法を本来とるべきなのでしょうね。

自分のこうありたいを子どもに押しつける
のではなく
自分のこうありたいは自分で叶える

子どもに片づけられるようになってもらいたいの前に
私が子どもにとってどうありたいか
子どもができるようになるように
自分ができることはあるのか
そこを考えてみる必要があるのかもしれません。

「自分で選ぶ」に必要なのは
なぜ、どうしてを考える必要がある。
だから、自問するなり、問うということは大切なのです。

問いながら、残すものを選ぶ
問いながら、どこに置くのか考える

問いながら行う片づけのサポートですが
私が正解を持っているわけではありません。
持っている正解を問いで引き出すだけ。

この、問いをお母さんの意図抜きで
行うことが結構難しいと感じる部分かなと思うのです。

皆違った価値観を持っているものである。
たとえ頭ではわかっていても
日常でおこる価値観のズレを
それもよし!とするのが結構困難。

それが遠慮なく物申せる家族となると…ね。

さて、
お子さんと一緒に片づけをする前の
注意事項としてお母さんとお話をする事のひとつに
こんなことがあります。

子どもと片づけしていると
お母さんが予期していないモノを
すんなり手放すこともあるものです。

皆さん、捨てるにフォーカスを当てがちだから
えー、これ捨てないの?
は想像しやすいのですが
逆のパターン
えー、これ捨てちゃうの?
は考えてないことが多いもの。

それはそれは衝撃ですよね。

お母さんは、予想外の出来事に
高かったのに、あんなに欲しがったのに・・・って
反応しますよね。

でもね、
そんなやりとりを繰り返さないためにも
自分でほんとうに必要かどうかを考えて
ちゃんと入ってくるモノを選ぶことのできる子
になってくれた方がいいと思いませんか?
お母さんとの信頼関係が出来た方がいいと思いませんか?

お母さんがえー!という気持ちでも
その子の選択なんです。
あー捨てちゃった、捨てなきゃよかったなんてこともあるかもしれないけど、誰だってやっちゃった…ってこともあるでしょ?でも無駄ではなく、そこから学ぶのですよ)


子どもがもう捨てていいと判断したもので
お母さんが手放せないモノは
子どもの管理外になるので
お母さんが管理しましょう。
見えないところに一時置きして
お母さんが納得してから処分でもいいじゃないですか
と伝えています。

もちろん、
子どもはいらないといったけど
子どもの作品を取っておきたい
そう思う方もいるでしょ。

こういう時に大切なのは
あなたの判断に反対するわけではなくて
お母さんがこういう理由で取っておきたいと思ったのよ
ということを伝えてあげることかなと思います。


私も子育てをしながら
日々成長だわと思っている一人の母です。

子ども達がのびのびイキイキと成長するできるよう
(お母さんものびのびイキイキと見守りができるようにね)
一緒に見守っていくことができればいいなと
そう考えています。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


~現在募集中の講座・片づけサービスです~


★1月2月各種片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28902540.html




こんばんは。

我が家の冬休み、
今年もスタートダッシュで
始まりました。

昨日、娘たちの学校が終わり
私も今年最後の太極拳レッスンを終え
電車へ飛び乗りました。

年末が近づくと
逆算しながら動くことが増えます。

帰省や旅行などの
荷造りもそうですが

その他に年末にやることは
年賀状とか大掃除とか。
(我が家は大掃除らしき
大掃除はしませんが…)

そしてモノの見直しも。

先日の木曜日が年内の
ゴミ出し最終日でした。
(年内にはまだ収集日があるけど
我が家が利用できる最後の日だった)


ゴミ収集前日の夜
小3の長女が新しい年を迎える前に
モノの見直しをしたいから
手伝って欲しいと言ってきました。
(片づけの主導権を子どもたちに渡して一年ほど
そう、まだ1年しか経ってないんだけど
自分からモノを見直したいと
言ってくるようになったのが嬉しい)

小1次女はそんな長女につられて
私も見直ししておきますか~ってな感じ。

子ども用収納棚に設けた“何でもBox”
(作った作品などを一時的に仕舞える箱のこと)
ギュウギュウに詰められた中身を
全部出して残すものを選びとります。

次女の何でもBoxから
出てくるモノと言ったら

作った作品のみならず

お店からもらってきたパンフレット類
私から貰い受けたレシート
おまけでもらったオモチャ類

それらを手に取っては
『なんでこんなモノ入ってるの』
な~んて言っちゃってる次女

ずっと捨てずに取っておいたのはあなたですけど〜(笑)

これまで見直しをしても残すモノは比較的多めだった次女

今回の見直しでは
これも残さない、あれも残さない
これももういい、これも赤ちゃんっぽい
と迷いなくモノを選び取る次女の姿にビックリ!
私と長女も信じられないと思わず顔を見合わせたほど。

残すものを選び取る際は、
娘が迷った時には助言をするものの
基本的に私自身が娘たちの所有物を
どうこうしろと指示することはありません。

私の役割と言えば
ごみ袋を持って横で見守りつつ、
脱線して他のこと(玩具など)に気が向いてしまった時に
作業に戻す役割を担っております。

選び取る作業は大人でも疲れるもの。
最初は集中していたはずが
だんだん玩具などに目移りしがちな時は
これはどうしよう?と気持ちを戻して
選びとる手伝いをしてあげます。

最初の頃は、一つ一つ残すかどうかの確認を
一緒にしていたものでしたが、
選び取る作業を繰り返していくうちに
こちらが口を出さなくても
今のその子に必要なモノを選び取れる
ようになっていきました。
(まだまだ試行錯誤中だけど)

子どもが選びやすくなるようにどうするか
ということを考えながら
片づけのサポートをすることで

最終的に自分が選び取った
好きなモノ必要なモノに囲まれて
スッキリするってこういうこと
スッキリするって気持ちがいい
自分は自分でこういう状態を作り出せるのだ
と感じる経験をしてもらいたいなと思っています。


片づけは、仕舞う場所が決まっていて
使ったらそこに戻すということだけじゃなくて
モノを選び取ることや分類することも必要なことです。

こうして片づける仕組みを作ってあげて
常に入ってくるモノに対して
必要なモノを選び取っていく力を養ってあげる

片づけは面倒だと思うこともあるかもしれないけど
自分にだってできることなんだと感じ
興味を持ってもらえたらいいなと思います。

冬休み初日の今日、
長女が自分の誕生日にもらった図書券を使って購入した本は
「整理整頓」の本でした。
33DDE1A4-E0E4-4212-86AC-EEF1712AC23A
頼もしいほど片づけが上手になってきている長女。
自分のモノの見直しをさっさと終わらせて
次女の見直しを手伝ってくれるほどになりました。

私の仕事に興味を持ってくれるのも
何とも嬉しいこと。
本を読み終えたら感想を聞いてみようと
思っています。

さて、
新年に入って最初の片づけのお客様は
ちょうど小学生お子さん二人。
お母様も一緒に参加されて
子ども部屋の作業を予定しています。
子ども達との片づけは、それぞれの子どもの特徴が出ていて
ほんとに面白いものです。今からとても楽しみにしています。
(※お子さまとの片づけサービスは継続のお客様へのオプションサービスとなっております。詳しくはお問い合わせください)

来年、たくさんの方に
スッキリを実感していただけるよう
頑張っていきたいと思っています!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村


モノを減らそうと一生懸命になりすぎて
行き詰っていませんか?

こんにちは。
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

私の家には余計なモノがないと思うかたもいますが
ありますよ。余計なモノも。見直しが必要なモノも。
子どもが生まれて成長するにつれて
モノだって多くなってきていますしね。

ただ、ゴールデーンゾーンといわれる
使う人にとって使い勝手の良い位置に
そのモノたちを置くことは避けています。

我が家の収納の考え方の基本です。
(自宅講座に来て実際に見てもらうと、
その点が理解してもらいやすいと思います)

子ども部屋の洋服なども日常用の収納と
たまに使う収納に分けています。

20170917160520_IMG_5260_1

子ども部屋に備え付けのクローゼットは
(写真左側の茶色の扉)
ポールの位置が子どもには扱いにくく
(我が家は私も娘も小柄なので)
収納スペースも限られていたので

IKEAのワードローブ
(SIZE80x50x171 cm)を購入し、
そちらをメインに使っています。


20170917154015_IMG_5256
ちょうど写真は最近の衣替え時に見直して
サイズアウトした服をまとめたもの。

メインで使用しているワードローブは
日常のモノが中心です。

畳むモノが少ないほうが管理も楽なので
子供服は今やハンガー収納がメインです。

トップスはすべてハンガー
ボトムス・下着・靴下・予備パジャマは
引き出しに収納しています。

ただ、このワードローブに
オールシーズンを収納してしまうと
パンパンで使い勝手が悪くなってしまいます。

しかも、子供服はサイズアウトしたり
服がシミ汚れでヨレヨレになっていたりと
一定時期に確認が必要なこともあるので
既存のクローゼットも活用して
衣替えをする仕組みにしています。

20170917154110_IMG_5257


こちらの既存クローゼットにはオフシーズンのもの
夏には、冬服のアウター類を
冬には、半袖Tシャツなどをハンガー収納しています。
(女子ならではの姫ドレスなども常時ハンガー収納♡)

引き出しには季節の小物類・水着・
オフシーズンのパジャマが入っています。
一週間に一回の頻度となる習い事のユニフォーム
習い事の道具も常時こちらの引き出しに収納しています。

管理が楽になるからと一個所にまとめたけれど
一個所にまとめたことでパンパンになったら
使い勝手は悪くなるのです。

モノを減らすと管理はしやすいですよね。
わかっているけど、モノが減らすのができなくて・・・
と悩んでいる方は、
まず、ゴールデンゾーンに置くものを考えてみませんか?
ほんとにそれ、ゴールデンゾーンに置いておくものですか?
そこに置いておかなくてもいいのでは?
使い勝手の良い空間になるといいですね。

ちなみに、私のクローゼットは
自宅講座でもお伝えしているのですが
衣替えしませんが、ゴールデンゾーンを
意識した収納にしています。

衣替えしないと言うか、数分で終わるというか…
引き出しの入れ替えをしたりして
ゴールデンゾーンへ並び替えるだけなのです。
(自宅講座ではその仕組みを詳しくお伝えしております)

興味があると思った方は
自宅講座にぜひ参加してくださいね。

10月自宅講座、募集中です。
10月13日(金)3名様
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25188085.html


~現在募集中の片づけサービスです~

片づけサービス・個別相談
9月末・10月募集中です。
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25326857.html



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村



このページのトップヘ