私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

カテゴリ: 私のこと

何となくわかっている自分の強みを
改めて文字にして見せられると
何とも言えないくらい
「あ、自分だ」と思うものですね~。

こんにちは。
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

なんのこっちゃ?ですが
私、ストレングスファインダー診断を
やってみたのです。

ストレングスファインダー
直訳で「強み探し」、その名の通り
自分の持っている強みを診断するサービスです。

ちなみに私がサービスを受けた方法ですが

アクセスコード付きの本を購入して診断しました。



アクセスコードが使用できるのは一回のみだそう。

中古本で本を安く手に入れても
アクセスコードが使われていたら
診断ができないので注意してね。

私はこの方法がベストだと思ったけど
他にも方法があるみたいなので
興味を持った方は検索してみてください。
詳しい情報がいろいろアップされていますよ。

本を購入し、診断をしてわかることは
自分の才能(強み)の上位5資質です。
(希望すれば有料にて34資質全ての順番が
わかるようになるようです)

34もの資質があり、人によって
順位が異なるのだそうです。

さて、私の診断結果
上位5つの資質は

1社交性
2最上志向
3ポジティブ
4コミュニケーション
5共感性

この5資質、さらりと説明しますと
(自分解釈に置き換えた説明ね。あくまでも)

1の「社交性」
知らない人と出会い、人との関係を構築することに満足感を得る
2の「最上志向」
強みに着目してそれを最大限に磨き上げようとする
3の「ポジティブ」
良い面に着目して周囲に熱意や希望をもたらすことができる
4の「コミュニケーション」
自分の考えを巧みに表現し、わかりやすく伝えることができる
5の「共感性」
他者の状況・感情を自分のことのように感じ取ることができる

昔から自覚していたことだけれど、
資質をまえに、改めて自分を一言で表すと
人が大好き~(笑)

だからでしょうか

留学をしようと決めた時に
突き動かした思いは
「自分から外に出なくては
出会える人の数は変わらない」
だったのは。

どんな仕事がいいのか考えた時に
「人と接する仕事がしたい」
いつもそういう基準があったのは。

ライフオーガナイズの仕事は
やりがいがあると感じるのは。

講座を開催して充実感があるのは。

そう考えながら納得しました。


この資質の理解をもう少し深めたいなと思いまして
先輩オーガナイザーに教えていただいた
ストレングスコーチのはなわひであきさんに
読み込みをしていただいたのです。

無料メール資質読み込み
http://learning-playce.com/strength/index.html


資質一つ一つの特徴を簡潔にわかりやすく
まとめて下さっていたのはもちろんのこと
資質の組み合わせから読み込んでいただきました。

例えば
「ポジティブ×共感性」は
相手を元気づけることが自然にできます
「最上志向×ポジティブ」は
相手のよいところを見つけてそこを伸ばすサポートができます
といったように。

これを見た時、
ライフオーガナイザーとしての活動を
肯定してもらっているような気持ちになりました。

これらの上位資質が悪い方に出てきてしまうと
ブレーキがかかることも教えていただきました。
私にしてみれば、最上志向の求める完璧さが
ブレーキになることもあるということでしょうね。

ストレングスファインダーでわかる資質も
ライフオーガナイズの利き脳も同じですが
こうである自分にとらわれ過ぎず
今の自分を知ることで
なりたい自分へ向かうヒントになるといいですよね。

なんだか私のことをずらずらと書いてしまいましたが
皆さんの資質わかっていたらぜひ教えてくださいね。
教えてもらえたら喜びます、私(笑)

そうそう、
子育て中のママが診断受ける時の注意
記載しておきますね。

診断テストは30分ほどかかります。

1問ずつ20秒の回答時間制限が設けられており
途中でストップすることができません。
子どもや家事で中断されるような環境下での
テストは厳しいかと思いますので
診断を受ける時間は要考慮ですよ~。

それでは皆さま、
長くおつきあいありがとうございました。

すてきな週末を~



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村

~現在募集中の講座・片づけサービスです~

★10月自宅講座、募集中です。
10月13日(金)3名様
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25188085.html
(講座の依頼も承ります。お問い合わせフォームからご依頼ください
小さなお子様がいるお母さんも、ご相談ください)
問い合わせフォーム


★片づけサービス・個別相談
10月募集中です。
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25326857.html

こうして自分と向き合った時間は
大切な人に感謝する時間でもあったし
様々な考え方に学び、
新たな視点を見いだす時間でもあった。

帰国してからは
自分がしたいことって何だろう?
自分がしたくないことは何だろう?
と考えることが多くなった。

思ったことを書き出すということを
始めたのもこの頃から。

少しずつ
今ここに起きていることに
意識を向けて生活していくと

あれはダメ
これはそう考えるべきではない
というジャッジなしで
自分の感情に気づくようになってきた。

そんな日常の中で
夏にキャンプへ行った時のこと。

使いやすいようにとモノの配置を
あれこれ動かしていた私。

もう何回もキャンプに来ているけれど、
来るたびに整理整頓を楽しんでいる自分に
これまでちっとも気がつかずにいた。

整理整頓は私の好きなことで
得意分野であるということに
そこで始めて気がついた。

それを生かせる仕事が
世の中に存在するのか知りたくなって
「整理整頓 仕事」で検索したら
「ライフオーガナイザー」に行き着いた。

始めて知った職業だったけれど
調べていくうちに
これまで自分が学んできた

インテリアのこと
瞑想のこと
心理学のこと

その全ての点と点を
結ぶことができる職業だと感じた。

これだ!という直感とともに
ライフオーガナイザーの道を進み始めた私。

時には不安も感じつつ
それでも今できることをやることで
それ以上の楽しさを感じている今がある。

私にとって転機とは
これまでの視点とは
異なる視点が開けた時
なのだと思っている。

反対に言えば

これまでの考え方で
物事が解決できていたのに
ある時、その思考回路では
解決できない事が生じて
それに向き合い、
学ぶ必要が出てきた時が転機なのだと思う。

一歩を踏み出したいけど…というときや
何かを変えていきたいというときに

アドバイスにそのまま従うよりも
どうして?何故?どうしたい?
をしっかり問いかけ、
自分なりの答えに気づくことが
大切なことなのだと経験から学んだ。

片づけ(オーガナイズ)を通じて
自らが自分なりの答えに
気づくようにサポートしていくこと

それが自分も周りの皆も
楽しく暮らすために私ができること
なのだと考えている。


渡豪によって
気持ちの余裕が出てきた一人旅の
次なる目的地はタイ。

日本人僧侶のプラユキさんが
副住職を務めるスカトー寺にて
瞑想をご指導いただきながら
1週間ほど滞在するのが主な目的。

タイ東北部の山奥に所在するスカトー寺。

ありがたいことに二組の友人が
リレー形式でお寺まで送ってくれるとのことで
空港にて朝の6時にピックアップしてもらい
15時にお寺に到着。

友人達と別れ、1週間の瞑想生活が始まった。


DSC_0457


規則正しい生活リズムに
身体が楽になっていくのを感じる。

プラユキさんとの貴重な対話の時間から
自分が気づかずにいた
"クセ"や"本音"といった
様々な気づきを得られたことは
帰国後の日常生活で大きな助けとなった。


自然の中に身を置き、
瞑想によって"今ここ"に
戻ってくるようにしていると
日を重ねるほどに五感が冴えてくる。

頬を撫でる風
虫の羽の音
雨の匂い

遂に靴を脱ぎ捨てて
地に足をつけている感覚を味わう。

DSC_0462


限りのある人生の中で
思考にとらわれて過ごすか
とらわれずに自由に過ごすか
自分でどちらにでもなると考えたら
今ここで経験していることを楽しもうと
心からそう思えた。

私のタイ人の友人達も経験ありと
答えていたことなのだが
タイでは一般人がお寺にて
修行を行うことは
決して珍しくないことなのだそう。

私が滞在中にもたくさんのタイ人が
瞑想を実践しに各地から来ていた。

言葉が通じる、通じないに関わらず
同じ目的のもとに生活している人々。
こういったコミュニティーの中で
自ら進んで関わり合いを持つ楽しさを
久しぶりに感じていた。

忘れていた懐かしい気持ちやら
気づかずにいたほんとの気持ち
いろいろな気持ちが湧いてきたけれど

なかでも感謝の気持ちが
途絶えることがなかったタイでの滞在。

何よりも"気づくことの大切さ"を学んだ滞在だった。

自分が経験した人生の転機6~気づきとともに~

こうして綴ってみると
いとも簡単な旅立ち
に思えるかもしれないけれど、

実際は
準備の時から不安な気持ちがいっぱいで
(健康面が一番不安に感じた…)
ほんとに出発の時を迎えられるのかしら
と思っていたほど。

出発前日なんて一睡もできなかった。

「慣れ親しんだ所(コンフォートゾーン)から
一歩を踏み出す時は
不安をともなうけれど
そこから踏み出したら
学び(ラーニングゾーン)になるんだよ」

出発直前に受け取ったその言葉は
ストンと自分に入ってきて
「不安な気持ちのままでいい」
と思えて気持ちが軽くなったようだった。

"一歩を踏み出す前には不安がともなう。
それでも踏み出してしまえば不安は消えていく"

この経験から学んだこと。

あんなに不安だらけだったのに
いざ出発してみたら
不思議と不安だらけの心は
いろいろな感謝の心へ変わっていった。

10年ぶりのオーストラリア(メルボルン)滞在は
たった1週間だったというのに
観光客という感覚は全く無く
あたかもそこに住んでいるかのように
すぅっと溶け込めた感じがした。

DSC_0294_20170304222820865


年齢も職業も異なる友人達との
10年越しの会話には
自分を知る手がかりとなる
キーワードがちりばめられていた。

過去を懐かしく回想し
会わずにいた時間の出来事を話し
未来のやりたいことを語りあう

気心の知れた友人達との会話は
自分自身を客観視する手助けを担ってくれた。

たくさん笑って、たくさん泣いた。
悲しみの涙ではなく感謝の涙。

オーストラリアを去るときには
劇的な変化ではないものの
"オーストラリアで友人達と会う"という
自分との約束に応えられたことによる
達成感のような、自信のようなものが
気持ちの余裕といったかたちで
感じられるようになっていた。


自分が経験した人生の転機5~不安から始まった旅(後編)~
自分が経験した人生の転機6~気づきとともに~

いつまで続くのかわからない
終わりのない不安を
必死に無くしたいと思っていた日々。

出産を期に止めていた
テニス、ヨガ、アイヌ刺繍を
再開したのはその頃。

改めましてブログへようこそ。

自分らしい暮らしを選ぶための
気づきをお手伝いする
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

ヨガのレッスンの中で
瞑想と出会うことになり

瞑想を知るために読んだ本から
気づきの瞑想を指導されている
タイのスカトー寺に出家した
日本人僧のプラユキさんに巡り合った。

日本とタイを行き来されており
東京での講演会にて

感覚的に生きてきた私は
様々な思考を特に気にすることなく
過ごしてきた、と言った私に

「心を育てていくんだよ」

そうおっしゃって
"気づきの大切さ"を教えてくださった。

こうして
気づきの大切さを知った私。

少しずつ不安は減っていったものの
なかなか思考の整理ができず
ぼやっとした未来に
不安は払拭しきれずにいた。

もう少し自分と向き合うことが
必要かもしれない。
そう考え、かつての留学先である
オーストラリアへ友人を訪ねる旅を
考え始めたのはこの頃。

夫が背中を押してくれたこともあり
もう何年も前になるけれど
私の結婚式にオーストラリアから招待した友人が
その時のお返しとして飛行機のチケットを
プレゼントしてくれたこともあって
旅の話は現実となっていった。

オーストラリアへ行くならと
タイにストップオーバーして
スカトー寺へ行く日程も組み込んだ。

こうして
出発する春休みがやってきて
子ども達は私の実家へ
私は一人旅に旅立ったのである。


自分が経験した人生の転機4~不安から始まった旅(前編)~
自分が経験した人生の転機5~不安から始まった旅(後編)~
自分が経験した人生の転機6~気づきとともに~










このページのトップヘ