私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

2017年08月

あなたはどれだけ自分を知っていますか?

自分の望む生活ってなんだろう。
自分はどうしたいのか、どうありたいのか。

考えたことありますか?

片づけにしても、自分らしい人生にしても
基準となるのは自分の価値観。

一瞬にしてわかるものでもありません。
誰かがあなたの価値観はこうだと
決めつけることでもありません。

自分でも気がついていない考え方があるかもしれません。

改めて自分を振り返る時間を持ってみませんか?

誰かのために頑張る人ほど
自分を知って自分をケアできる人であってほしい。

片づけられなくて困っています・・・という方も、
どうして片づけられないのか、
一度ご自身の考えを整理することで
グルグルめぐるループから抜け出すヒントになるかもしれません。

この講座では
「片づける」より前に行われる思考の整理を行います。
Discovery~自分を発見すること~に重点を置き
・片づけの先にある目的
・自分の行動のクセやパターン
・自分の本当の困りごと
などをワークを通じて明確にしていきます。

もちろん、ライフオーガナイズならではの
捨てるから始めない片づけについても
実際のクローゼットをお見せしながら
お伝えしていきます。

「もっと自分らしく暮らす講座」
日時:9月19日(火)10時~12時30分
費用:3500円(事前振込みとなります)
定員数:3名(1名様から開催) 満席となりました
講師:大村純子
(ライフオーガナイザー1級、インテリアコーディネーター、DIYアドバイザー、第二種電気工事士)
開催場所:講師自宅
(最寄り駅:小田急線百合ヶ丘駅)

※自宅場所・振込先などの詳細はお申し込み後にメールにてご連絡致します。

お申し込みはこちらのフォームからお願い致します。
https://ws.formzu.net/fgen/S41918771/

※お子様連れの参加はご遠慮いただいております。
小さなお子さまを連れての参加のご希望がございましたら
別日での開催を設定いたしますので
フォームの問い合わせ欄にその旨記載してくださいね。




あなたの「やりたいこと」ってどんなことですか?

20170830123609_IMG_5218


こんにちは。
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

「やりたいこと」と「やらねばならないこと」の
バランスを崩して自分が何をしたいのか
いったいどうしたらよいものか、迷子になった経験が私にはあります。

自分に気づき(自分を知る)
自分のためにモノゴトを選択し
自分が人生をコントロールしていることを実感する

私自身そうでありたいし
ライフオーガナイザーという仕事を通じて
そんなお手伝いをしたいと思っています。

皆がイキイキと暮らせるようになるために
貢献していきたいと活動をしています。

そのやりたいことに対して猛進しています!
と言いたいところですが

「あれをやりたい、これもやりたい」
と言いつつも、子育てを理由にして
後回しにしたくなる時があります。

子育てに限りませんが、

何かをやらなくていい理由

できなくてもしょうがないよね
と自分を許してあげられる理由

自分が罪悪感を感じないようする理由を探しがちです。

他人に害を及ぼすわけではないけれど
やりたいこと、なりたい自分には近づかない。

私自身、そんな出来ない理由を探したくなる時には
「やりたいこと(目的)」を現実にするまでの
「これをやればいい」という手段(目標)が
明確になっていないことが多い気がします。

行動できないっていう時には
行動の前に「これだったらできる」
という目標が明確になっているでしょうか。

”考える”習慣がなかった私には
考えることが面倒に感じたりすることも正直あります。

でも、ライフオーガナイズを学んで、
目的と目標を明確にすることはやっぱり重要だと思うのです。


ライフオーガナイズでは
「どうありたいか」の目的を大切にします。
とすると、片づけは目的ではなく目標になります。

片づけたいという人が数名いたとして

「どうして片づけたいのか?」の答えに
ある人は「スッキリさせたいから」
ある人は「家族と豊かに暮らしたいから」
ある人は「家事を楽にしたいから」
となったとしましょう。
その答えがいわばその人それぞれの目的になるわけです。

では、その目的に近づくために
どのようにすればいいのか
自分の強み・困りごとなどを確認しながら
具体的なできることを明確にしていくのです。
その”具体的なできること”が目標になるわけです。

「片づけたい」そう思っている人、多いのではないでしょうか。
だけど・・・と出来ない理由が出てくるようであれば

本当に片づけは必要なのだろうか
目的ってなんだろう
これだったらできるという目標はなんだろう

それを考えてみることをおススメします。


考えるってなかなか難しい、そう思う方は
一度、講座にきて一緒に整理してみませんか?

次回の自宅講座は
9月19日(火)10時~12時30分での開催予定です。
詳細・申し込み方法は近日中にアナウンスいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村

タオルのたたみ方はどうしていますか?

こんばんは。
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

子どもたちの学校が始まり
目標達成型おこづかいが再開されました。
DSC_3113


次女のお手伝いのひとつに
タオルたたみがあります。
今日は、次女の仕事である
『我が家のタオルのたたみ方』を紹介します。

『ホテル風タオルのたたみ方』
とネットで検索すると
キレイにたたむ方法が出てきます。

見た目がキレイだからといっても
これまでのたたみ方からかけ離れていると
やっぱり続かないもの。
毎日のお仕事ですから洗濯たたみは。

では、ワンアクションプラスするだけで
見た目がキレイになるならどうかしら?



我が家のタオル収納はこんな感じ
pixlr_20170413201447992

洗濯機横の無印ストッカーに入ってるのは
薄手のタオル(旅館などでもらえるタオルね)
なぜ、2ヶ所に別れているのかは
こちらの記事へ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/20926255.htm

我が家ではバスタオルはほとんど使わず
フェイスタオルを使っています。

バスタオルもたたみ方の基本は一緒なのですが
フェイスタオルで説明しますね。

多くの方がたたむ方法①はおそらく
pixlr_20170829214029002

1半分に折って
2それをまた半分に折って
3それまた半分にして終わり
なのではないでしょうか。

ホテル風たたみ方②で多く紹介されているのが
pixlr_20170829214210712
1横長になるように二つ折り
2それぞれの端を半分のところまで持ってくるようにたたむ
3それをぱたんと二つ折りにすれば完成
(見本のタオルとして使用したのが旅館タオルなのはご愛嬌(笑))

我が家のたたみ方③は
pixlr_20170829215739298

1半分に折って
21/3に折る
(この時、”わ”の方ではなくピラピラした方から折ると
さらに仕上がりがキレイです)
31/3に折ったところ
4それを半分に折れば完成

いかがでしょう。
多くの方の方法として紹介した①と
1/2に折るのを1/3にしただけなのです。

そしてたたみあがりの大きさを比較すると
DSC_3128

我が家のたたみ方③の方が一回りコンパクトです。
そりゃそうだ、半分と1/3折りの差ですものね。

写真で確認できるように
フェイスタオルの幅が無印ストッカーに
ピタッと納まります。

いつだったか、自宅講座の際に
このタオルをみた方が
小さめのタオルを使っているのですか?
と質問されたことがありました。
「いえ、旅館タオルです(笑)」
たたみ方までレクチャーする時間は
その時はありませんでしたが…

そうそう、
子どもが小さい頃は
半分、半分、半分でたたむ方法①が
覚えやすくてやりやすいはずです。
我が家でも幼稚園の時は
「ママ、手伝うね」と言いながらその方法で
お手伝いしてくれました。

教えてあげて三つ折りができるようになれば
我が家のたたみ方③でもお手伝いできるようになりますよ。

今では次女は、私よりキレイに
タオルたたみを仕上げてきます(爆)

キレイにそろったタオルは
たとえ旅館タオルでも
気分がいいものですよ。

いかがでしょう?
タオルは新調しないけれど、
見た目をちょっと変えたいな~という方はぜひお試しあれ!
少しでも参考になれば幸いです。


~大村純子と片づけを一緒にしませんか?~

片づけのサービスを行っています。

ライフオーガナイズを試してみたい方も
どうしたいのかモヤモヤしている方も
詳しくはこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/23839776.html


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村




時間を生みだす片づけ・収納のコツを
ライフオーガナイザーがお伝えするサイト
片づけ収納ドットコム
本日の記事に、我が家の「あると便利だけど、なくても平気なもの」が紹介されています。
http://katazukeshuno.com/2017/08/12010/

片づけのプロ3人に聞く!「あると便利だけど、なくても平気なもの」持ってますか?




こんにちは。
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

今日から娘たちは学校へ
私は、朝に家事をして
それからブログをかくという
いつものペースが戻ってきました。

茨城の実家から持ち帰ってきて
廊下にそのまま置かれていた
大量のジャガイモとお米も
何とかそれぞれの場所に納まりました。
お米は、邪魔にならないところへ移動しただけ…

消耗品や食料品、子ども服や靴、おもちゃ
この夏休みで我が家にきた新しいモノたち
サイズアウトして出ていくモノたち
夏の後にはモノの出入りが頻繁になります。

それぞれがいつものペースを取り戻したら
手放すモノ、残すモノを見直すつもりです。

さて、生活をしていると増えていくモノですが
家の中には、あたりまえのように
そこに居座っているモノがあるものです。

あたりまえすぎて、気にとめていないもの。

そんなモノたちを、どうして持っているのか
そう問いながら改めてみてみると、
そこに居座っていてもいい存在なのかどうか
はっきりするものです。

私も先日、上記に紹介したサイト
『片づけ収納ドットコム』から新たな視点をもらい
家の中のモノを見渡してみたところ
その存在があたりまえになっているモノを発見しました。

理由があって居座っている便利グッズたちです。

こういう視点になると
モノに合わせた生活ではなく
自分に合ったモノに囲まれた生活
モノに振り回されず
コントロールできている実感を得られるものです。

TVでもいろいろと特集の組まれている便利グッズ
それを見ていると、便利グッズが全ての人に万能なように
見えてしまうものですよね。
買ってみたけれど、自分に合わなかった経験、私もあります。
他人の便利は必ずしも自分の便利ではない
参考程度にするといいのでしょうね。

でも、便利グッズをみるのは
なんであんなに楽しいのかな(笑)

あなたは、どんな理由でその便利グッズを持っていますか?

片づけ収納ドットコム編集チームより~
「私も、こんなの持ってるよ!」という方は、
Twitter上で片づけ収納ドットコムのアカウント(@katazukeshuno)をフォローして、
「#あったら便利はなくても平気」もしくは「#なくても平気だけどあったら便利」
というハッシュタグをつけてツイートしてください。
編集チームがこっそり拝見いたします!


だそうですよ。
私も知りたい、皆の便利グッズ!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村



手元に残しておきたい思い出のモノはありますか?

こんばんは。
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

今日は、夫の実家にて
レゴで遊んでおりました。
3時間以上も夢中で遊んだ私たち。
(私も仲間)

DSC_3100

私は、レゴで遊んだ経験なし。
娘たちは、夫の実家に遊びに来た時に
たまに遊んでいるようで、遊び歴は先輩。
(私は娘たちが遊んでいるのを見るのも初めて)

初めてのレゴは、細かいパーツに
どう組み立てて良いのやら迷っていたら

さささーっと消防自動車を作り上げた夫

パーツを手に取って眺める私に
何のパーツか教えてくれました。

そう、このレゴは
夫が小さいころに使っていたモノ

誕生日になると、
レゴをプレゼントしてもらっていたそうで
今では、様々な種類のレゴが
箱にまとめられて保管してあります。
こうして30年近くの時を経て、
娘たちが遊んでいるのです。
(あ、私もね)

DSC_3071

遊び始めた時には、
箱にバラバラにまとめられているより
パーツ毎に分類されていたら
作業効率だってよさそうなのに
なんて、思っていましたが

実際に遊んでみたら
かきわけながらパーツを探すのも楽しいもの。
遊び慣れてくると、パーツが早く見分けられるようになるからまた不思議。

オモチャは、やっぱり
使う本人が使いやすいように
仕舞うのが一番。

実際に使ってみないとわからない
こういう使い勝手があるものだ、
と妙に納得したりして。

幼いころの夫は
箱にごちゃ混ぜという
この状態で使っていたようで

ガラガラ、ガラガラと
箱の中でパーツを探す時に発生する
パーツがぶつかり合う独特な音を
久しぶりに聞いた義理父が
懐かしい音だと微笑んでいました。

それにしても、なんて物持ちがいいのでしょう。

夫が小さいころからの絵本や本なども
娘たちが引き継いでいます。
20170601084342_IMG_4331


義理の両親は、
私たち夫婦が結婚してから
知っているだけでも、
2回引っ越しをしているのです。

その都度、手放す選択もあったでしょう。

それでも残ってきたモノたち。

出番が再びやってくるかどうか
そんなことはわからないけど、
とにかく残されてきたモノたち。

モノを捨てるに注目されがちだけれど
残せるようなモノを選ぶことも重要ですね。

自分が残したいものは、
残してもいい。

基準は自分の価値観。

そんなことを考えさせられる
30年前のレゴたち。

それにしても、レゴって面白い!
何でも形にできるところが楽しいのね。

でも、イメージできないモノは
やっぱり作れないものなんだね。

消防車を作ろうと思ったけれど
消防車のイメージが
全く浮かばなくて作れなかった…

なんとなくなじみのある
電車やトラックなら作れたけど。

何よりも自分が興味関心のある
家や家具を作るのが一番楽しかった。

自分の好きなモノ
面白さは、そこにあるのでしょうね。
やっぱり!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
読んだよ‼のクリックお願いします!

にほんブログ村

このページのトップヘ