私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

2016年12月

何か新しい事を始める時には
気持ちがザワザワすることがある。 

私がこのブログを始めた時がそう。

ブログを始めるまでには
しばらく時間がかかった。

ネットサーフィンして
ブログの始め方についての
情報を集めてみたり…。

ブログ書く時間がとれないし
まだ情報が集まってないから
また後で、といった調子。

そんな状況が続くと
なんだか余計に腰が重くなってしまい…。

ある方にその状況を相談したとき、

人からの評価が気になる
って考えている自分に気づいた。

それで改めて
どうしてブログを書くのか
考えてみた。

以前の私は
頭がモヤモヤしているときには

人に話をすることで

自分の頭を整理したり、
自分の本当の気持ちに気づいたり
することができていた。

でも、1年前の
私の頭の状態は
話しても、話しても
整理が追い付かなかった。

そんな時、
一冊のノートに気持ちを書き込んでみた。

ただの気持ちのなぐりがき。
ただの気まぐれ日記みたいに。
そこからのスタート。

こうして
これまで選択肢になかった
気持ちの整理方法として

書くこと

が私に加わった。

ブログは自分の考えを綴るところ
だから良い、悪いもない。
という考えにたどり着いた。

自分軸で生きていく

それってとても大切なこと。

そんなこんなで
このブログの一番最初は
はじめのいっぽ









 

ただいま朝の4時。

連日の運動で心地よい眠気に誘われ
子どもと一緒の早い時間に就寝。

身体がもう充分ですと言っているかの
ようにぱっちりと目が覚めた。

ここ数年、恒例になりつつある
年末の家族旅行中。

布団の中で昨年の旅行の事を
思い出していた。

昨年と今年で大きく違うこと

それは

気持ちの余裕。

こうして一言になると
なんと軽く感じられることか。
もう少し的確に表現する言葉が
欲しいけど、自分の語彙力だから
まぁ、しかたない。

昨年の今頃の私は
考えることに忙しいというか
頭の中がぐちゃぐちゃしていて
自分と向き合っているというよりは
自分の中でもがいてたという感じ。

そんなだから、
景色とか
美味しいご飯とか
大切な人との楽しい時間とか
気づくことができなかった。

あれから1年。
いろいろなことがあって
いろいろな人と会って
今現在。

旅行の出発は早朝、夜明け前。

車を走らせていると
日の出が近づいてくるにつれ
真っ暗闇だった景色が
うっすらと浮かび上がってきた。

久しぶりに見た

オレンジ、水色、青の
朝焼けのグラデーション。

オレンジでまんまるな太陽。

初めて見た

朝日を浴びてオレンジ色に
縁取られた富士山。

この景色を見て
ただただ感謝の気持ちがわいてきた。

何よりも大切な人と
この感動を共有できたことが
ほんとに嬉しかった。


そんな感動的な夜明けで
明るくなって空に浮かぶ
雲の存在に気がついたときのこと

もともとそこにあったのに
暗くて見えていないから
勝手に無いものとイメージして
明るくなって存在が見えた時に、
そこにあったなんて意外だなと感じた。

これってなんだか

人は見える確かなものだけを
認識しやすいっていう例。

ちゃんと視点(考え方)を変えると
見えないものにも気づける。

そういうことなんだな、と
はっとさせられた夜明けエピソード




















DSC_1851

帰省してクリスマスを過ごし
新しく服やバックを買ってもらったり
お下がりの服をもらったり
新年に向けて新しい下着を購入したりと
新しいモノをたくさん手にした子どもたち。

クローゼット整理はだいたい
衣替えの時にするものだけれど 
今回はイレギュラーな整理をすることに。

それぞれの洋服やバックは
ワードローブに収まる分と考えています。

ちなみにワードローブはIKEAのSUNDVIK
引き出しにはSKUBBを使用して整理しています。

DSC_1853

今回は洋服の追加なので
全てを取り出すことはしません。

お下がりのモノはサイズなど
使用できるかどうかを子どもたちと
一緒に確認してから仕舞います。
ここだけは飽きてちょろちょろする
下の娘にも参加してもらいたいので
最初にぱぱっとやってしまいます。

下の娘は主に私と仕舞う作業をしますが、
小2の娘には畳み方、
仕舞い方のポイントなどを教えて
自分で作業を進めてもらいました。

ちなみに洗濯した洋服を畳むときに
そのまま仕舞える畳み方を意識すると
引き出しの状態はほぼキープできます❤

どこに何があるのかを子どもが
把握しているので洋服選びは
子ども達だけで行えます。

ざっと30分程の時間で修了。
長すぎる作業は子どもたちも
飽きてしまいます。
案の定、下の娘は途中で飽きて
行ったり来たりしておりました。

でもね、キレイに新しいモノが
仲間入りしたクローゼットに
ご満悦な子どもたちでした。


 

DSC_1847

ぐんぐんと成長する子どもたち。
季節が変わる時に
クローゼットの中身の
見直しをしています。

サイズアウトしたものは
子どもに確認しながら
処分していきます。

これまでモノの状態によって
誰かにあげたり
フリーマーケットに出したり
ゴミとして捨てたりしてきました。

でも、
どんなにボロボロになろうが
サイズアウトしようが
ずっと手元に置いておきたいと
言って譲らなかったモノが
こちらの長袖シャツ。

うーん、もう、捨てて欲しいけど~。
お互いが幸せである方法あるかしら?
と考えた末に
お気に入りである
リスの部分を切り取って
トートバッグへ縫い付ける提案をしました。

提案したものの、しばらくの間
トートと長袖Tシャツはそのまま…
それでも自分の性格はわかってるつもりなので
目に入る所に放置です(笑)
見えなくなったら存在を忘れてしまいますから~
こうして娘がこの事を忘れた頃にやっと完成
捨てても大丈夫だったのかもと思ったけれど
娘の喜んでいる顔を見て
良かったーと思いました。

ちょっと歪んで縫えてるけれど
良しとしてもらおう!

そして、このトート、
パン屋さんでポイントが貯まって
いただいたモノだったのだけれど、
なかなか丈夫だし
ちょうど一人分のパジャマを
入れておくのにピッタリなサイズだと
いうことに気がつきました。

これまで味気ない100均のプラカゴに
私が脱け殻のように散らばっているパジャマを放り込んでいたので、
この際だから、好きなモノで
新しい習慣づけをしても~らおうっと。







昨日から実家に来ています。

クローゼット整理を終えた後に
車を運転して移動。

実家に行ったらのんびりできるから
まぁ、良しとしようとばかりに
少々タイトなスケジュール。

今日はのんびり過ごします。

皆さんもステキなクリスマスを!

このページのトップヘ