私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

こうして綴ってみると
いとも簡単な旅立ち
に思えるかもしれないけれど、

実際は
準備の時から不安な気持ちがいっぱいで
(健康面が一番不安に感じた…)
ほんとに出発の時を迎えられるのかしら
と思っていたほど。

出発前日なんて一睡もできなかった。

「慣れ親しんだ所(コンフォートゾーン)から
一歩を踏み出す時は
不安をともなうけれど
そこから踏み出したら
学び(ラーニングゾーン)になるんだよ」

出発直前に受け取ったその言葉は
ストンと自分に入ってきて
「不安な気持ちのままでいい」
と思えて気持ちが軽くなったようだった。

"一歩を踏み出す前には不安がともなう。
それでも踏み出してしまえば不安は消えていく"

この経験から学んだこと。

あんなに不安だらけだったのに
いざ出発してみたら
不思議と不安だらけの心は
いろいろな感謝の心へ変わっていった。

10年ぶりのオーストラリア(メルボルン)滞在は
たった1週間だったというのに
観光客という感覚は全く無く
あたかもそこに住んでいるかのように
すぅっと溶け込めた感じがした。

DSC_0294_20170304222820865


年齢も職業も異なる友人達との
10年越しの会話には
自分を知る手がかりとなる
キーワードがちりばめられていた。

過去を懐かしく回想し
会わずにいた時間の出来事を話し
未来のやりたいことを語りあう

気心の知れた友人達との会話は
自分自身を客観視する手助けを担ってくれた。

たくさん笑って、たくさん泣いた。
悲しみの涙ではなく感謝の涙。

オーストラリアを去るときには
劇的な変化ではないものの
"オーストラリアで友人達と会う"という
自分との約束に応えられたことによる
達成感のような、自信のようなものが
気持ちの余裕といったかたちで
感じられるようになっていた。


自分が経験した人生の転機5~不安から始まった旅(後編)~
自分が経験した人生の転機6~気づきとともに~

いつまで続くのかわからない
終わりのない不安を
必死に無くしたいと思っていた日々。

出産を期に止めていた
テニス、ヨガ、アイヌ刺繍を
再開したのはその頃。

改めましてブログへようこそ。

自分らしい暮らしを選ぶための
気づきをお手伝いする
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

ヨガのレッスンの中で
瞑想と出会うことになり

瞑想を知るために読んだ本から
気づきの瞑想を指導されている
タイのスカトー寺に出家した
日本人僧のプラユキさんに巡り合った。

日本とタイを行き来されており
東京での講演会にて

感覚的に生きてきた私は
様々な思考を特に気にすることなく
過ごしてきた、と言った私に

「心を育てていくんだよ」

そうおっしゃって
"気づきの大切さ"を教えてくださった。

こうして
気づきの大切さを知った私。

少しずつ不安は減っていったものの
なかなか思考の整理ができず
ぼやっとした未来に
不安は払拭しきれずにいた。

もう少し自分と向き合うことが
必要かもしれない。
そう考え、かつての留学先である
オーストラリアへ友人を訪ねる旅を
考え始めたのはこの頃。

夫が背中を押してくれたこともあり
もう何年も前になるけれど
私の結婚式にオーストラリアから招待した友人が
その時のお返しとして飛行機のチケットを
プレゼントしてくれたこともあって
旅の話は現実となっていった。

オーストラリアへ行くならと
タイにストップオーバーして
スカトー寺へ行く日程も組み込んだ。

こうして
出発する春休みがやってきて
子ども達は私の実家へ
私は一人旅に旅立ったのである。


自分が経験した人生の転機4~不安から始まった旅(前編)~
自分が経験した人生の転機5~不安から始まった旅(後編)~
自分が経験した人生の転機6~気づきとともに~










41歳だった昨年の私。

子育てに奮闘する毎日。
子ども達の幼稚園時代を
一緒に楽しむと決めてから
子ども達によかれと思ったことには
自ら進んで取り組み
充実した日々を送っていました。

そう、あの頃までは…。

改めましてブログへようこそ。

自分らしい暮らしを選ぶための
気づきをお手伝いする
新百合ヶ丘のライフオーガナイザー
大村純子(おおむらじゅんこ)です。

幼稚園時代も残り一年となり
子ども達の成長を感じる度に
私自身この先どうしよう
そんな事をちらほら考えていた頃。

ちょうど時を同じくして
命の有限性について
考えさせられる出来事が重なって。

そんな出来事の後に
未来に対する期待感というのか
ワクワクした気持ちを感じられない
自分になっていたことに気がついたのです。

40年間で初めての経験でした。

具体的な要因は考えてもわからないのに
不安だけは増幅していく
そんな感じでした。

そんな時に自分ができたことは

信頼できる人に話を聞いてもらう
自分の時間を持つ
体を動かす
ということでした。

こうして少しずつ半ば強制的に
子育てで二の次になっていた
自分自身のための時間を
増やしていったのでした。


自分が経験した人生の転機3~出会いと旅立ち~
自分が経験した人生の転機4~不安から始まった旅(前編)~
自分が経験した人生の転機5~不安から始まった旅(後編)~
自分が経験した人生の転機6~気づきとともに~

このページのトップヘ