私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

昨日は小学生の女子と一緒に片づけをしました。
(ビフォー・アフター写真は後日掲載しますね)

オプションの片づけサービスとしている
お子さんと一緒の片づけです。
(昨日はお母さんとキッチンの片づけをした後にお子さんと片づけでした)

私がお子さんと片づけをする理由。

片づけを習慣にする「できた」を実感してもらいたい。
(これは大人でも同じですが)

私は片づけで養える力があるって思っています。
「自分で考えて選択する力」
これは、自分らしくイキイキと生きるうえで
とても大切なことだし、様々な場面で必要となる力だと思います。


片づけでそれを育むには、
親であるお母さんがキーパーソンになります。
だからお母さんの考えを聞く必要もあります。
まず、お母さんが実際に私と一緒に作業してもらうことも。

私がお母さんとタックを組んで、
その力を養える環境にするために仕組みを一緒に作るのです。

お母さんがまず仕組み作りを体感していたら
見守りする時の理解に繋がると思うのです。
仕組みを作った後にその力を育んでいくのはお母さんだから。


片づけを小さいころに学んだ覚えは自分にありません。
親の片づけを見ながら覚えたのかもしれません。
小学生の頃の自分の部屋を思い出すと
それなりに散らかっていたイメージがあります(笑)

自分が母となり、子育てをしていく中で
片づけが得意なことに気がつきました。
得意というか、片づけに苦を感じないということに
気がついたんです。

片づけは得意なんて言っている私も、
自分の子どもと片づけすると
なんだか威圧的になってしまったり
手を出し過ぎて
自分ばっかり片づけをしているように感じたり
なんでだろう…上手くいかないわ
と思っていた頃もありました。
(今では私の小学生の頃より娘たちの方が片づけ上手です!)

そんな私がライフオーガナイズを学んで
片づけの仕事を始めるようになってから

子どもの片づけのSOSをもらうようになり
子ども達と一緒に作業をしていくことで
どうして自分の子どもとの片づけは難しいと感じるのか
そんなことも考えるようになりました。

大人であっても子どもであっても
片づけのプロセスは同じなんです。

私が大切にしていることは、問うこと。
そこから自分の考えが出てくるから。
気がつかなかった自分の考えに気づくから。

やりがちなのが、自分の子どもに問うときに
「ねぇ、これはもう捨てていいよね?」
「これ、使っているの?しばらく使っている所見てないけど」
ってお母さんの意図が入っていることが多い。

そうなの。
自分がどうしたいのかを考えさせるどころか
子どもはお母さんの答えを探るのに一生懸命。
それじゃ、正解があるみたいじゃない!

こう思うから、こうだから捨てるとか
こう思うから、こうだから残すとか
これでいいんだと納得する答えではなく

お母さんがこう思っているからこうする
になっちゃう。

もはや考えさせるではなくコントロールです。

お母さんはこう思うけど、あなたはどう思う?って
議論ならいいと思います。
そうして決断された答えがどうであれ
受け止められるならいいですよね。

やりがちなのは質問しておきながら
自分の考えと違うならダメって否定するパターン

質問する側にとっては
最終的にあなたが出した答えだから
私には非がないわよってことになるから
責任はないし楽なのでしょうけど。
(これ、私がやりがちだったことなんです。
子どもにだけでなく、夫にもこうだったから)

こうなってもらいたいという希望があるなら
問いではなく、説得なり
希望を伝える手法を本来とるべきなのでしょうね。

自分のこうありたいを子どもに押しつける
のではなく
自分のこうありたいは自分で叶える

子どもに片づけられるようになってもらいたいの前に
私が子どもにとってどうありたいか
子どもができるようになるように
自分ができることはあるのか
そこを考えてみる必要があるのかもしれません。

「自分で選ぶ」に必要なのは
なぜ、どうしてを考える必要がある。
だから、自問するなり、問うということは大切なのです。

問いながら、残すものを選ぶ
問いながら、どこに置くのか考える

問いながら行う片づけのサポートですが
私が正解を持っているわけではありません。
持っている正解を問いで引き出すだけ。

この、問いをお母さんの意図抜きで
行うことが結構難しいと感じる部分かなと思うのです。

皆違った価値観を持っているものである。
たとえ頭ではわかっていても
日常でおこる価値観のズレを
それもよし!とするのが結構困難。

それが遠慮なく物申せる家族となると…ね。

さて、
お子さんと一緒に片づけをする前の
注意事項としてお母さんとお話をする事のひとつに
こんなことがあります。

子どもと片づけしていると
お母さんが予期していないモノを
すんなり手放すこともあるものです。

皆さん、捨てるにフォーカスを当てがちだから
えー、これ捨てないの?
は想像しやすいのですが
逆のパターン
えー、これ捨てちゃうの?
は考えてないことが多いもの。

それはそれは衝撃ですよね。

お母さんは、予想外の出来事に
高かったのに、あんなに欲しがったのに・・・って
反応しますよね。

でもね、
そんなやりとりを繰り返さないためにも
自分でほんとうに必要かどうかを考えて
ちゃんと入ってくるモノを選ぶことのできる子
になってくれた方がいいと思いませんか?
お母さんとの信頼関係が出来た方がいいと思いませんか?

お母さんがえー!という気持ちでも
その子の選択なんです。
あー捨てちゃった、捨てなきゃよかったなんてこともあるかもしれないけど、誰だってやっちゃった…ってこともあるでしょ?でも無駄ではなく、そこから学ぶのですよ)


子どもがもう捨てていいと判断したもので
お母さんが手放せないモノは
子どもの管理外になるので
お母さんが管理しましょう。
見えないところに一時置きして
お母さんが納得してから処分でもいいじゃないですか
と伝えています。

もちろん、
子どもはいらないといったけど
子どもの作品を取っておきたい
そう思う方もいるでしょ。

こういう時に大切なのは
あなたの判断に反対するわけではなくて
お母さんがこういう理由で取っておきたいと思ったのよ
ということを伝えてあげることかなと思います。


私も子育てをしながら
日々成長だわと思っている一人の母です。

子ども達がのびのびイキイキと成長するできるよう
(お母さんものびのびイキイキと見守りができるようにね)
一緒に見守っていくことができればいいなと
そう考えています。


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


~現在募集中の講座・片づけサービスです~


★1月2月各種片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28902540.html




首都圏の雪、凄かったですね。
皆さま、大丈夫でしたか?

雪は日常だよ、
という地域にお住いの方もいるでしょう。

私が住む場所では大雪は稀なので
雪かきなど不慣れで大変な反面
真っ白な世界に興奮したりします。
(特に子どもたち。あ、私もですが・・・)

そんな非日常のような状況下で
助け合いと言うのでしょうか
普段よりも人の繋がりを感じます。

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html


雪の中、
スキーウェアに着替えて
雪かきをする私と次女。

私の住むマンションの駐車場は屋根なし。
しかも、接する道路がマンションの北側にあり
太陽の光が当たらないので
雪が溶けるまでに時間がかかります。

数年前の大雪の時に
雪かきをしなかったら何日も車が使えなかった
そんな経験をしております。

だから、雪が溶けて重くなる前に雪かき開始。

ご近所さんも出てきて雪かき
普段会話を交わす機会が無いご近所さんとも
不思議な一体感が生まれる雪かきが私は大好きです。
(全身筋肉痛になるけどね)

普段、共通点がない(であろう)生活をしているご近所さん
雪かきという同じ目的を持って行動するからなのか
一体感が生まれ、お互いを労う言葉が行きかい
そこからお会いした時に挨拶したりと繋がります。

小1次女なんて、話したことも会ったこともないご近所に住む
中学生ぐらいのお兄さんと雪投げして遊んでもらい上機嫌。
(雪かきの手を止めて娘と遊んでくれてた。その間、母は無心で雪かきを楽しむ)

助け合いを感じられるからでしょうか。
こういう繋がりって
人との繋がりっていいなとしみじみ。

人との繋がり、ご縁。
その繋がりの中で
「教えていただいたこと」
「学ばせていただいたこと」
「気づいたこと」が
そのまま自分の生き方に反映されてる
そう思うのです。

私のライフオーガナイザーという仕事も

お客様の目的に向けて
お客様に問いかけ
お客様と考え
お客様と一緒に行動していく。

こういう繋がりの中には学びがあります。

より良く、イキイキと暮らすための学び。

私からお客様へだけではなく
「なるほど、こういう考え方もあるのだな」
自分には思いつかないような考え方を
お客様からいただくこともあります。

私はお客様とそんな繋がりの中で一緒に
より良く、イキイキと暮らすを目指したい
そう改めて思いました。

なんだか、幻想的な雪景色に少し興奮しすぎたか…

昨日、夕方6時近く、雪の舞う中
公園にはこの時間なのに人がたくさんおりました。

やっぱり、雪に興奮している人多いじゃない!
なんて私もね(笑)
9B9E25C9-4E82-4457-BE9B-E9AC6DC5D052


にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


~現在募集中の講座・片づけサービスです~

★1月自宅講座、募集中です。
1月26日(金)3名様
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28755381.html
(講座の依頼も承ります。お問い合わせフォームからご依頼ください
小さなお子様がいるお母さんも、ご相談ください)
問い合わせフォーム

★1月2月各種片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28902540.html





○○をしたほうが状況がよくなるとわかっているのに
行動に移せない。そんなことありますか?

こんにちは。

新百合ヶ丘のライフオーガナイザー®
大村純子(おおむらじゅんこ)です。
(ライフオーガナイザーって何?の人はこちらを読んでね
http://watashinoerabukurashi.com/archives/25054397.html

私は小3と小1女子の母で子育て真最中。

我が家の娘たち、
ギュッとして~とかわかりやすく甘えてくるときと
変化球で甘えさせて~の時があるんです。
(変化球の時って、だいたいは真逆の態度をとるあまのじゃくになっています。長女の場合は怒りの言葉で表現したり、次女の場合はひっくり返りの行為で表現されたりね)

そこには「私の気持ちをわかって~」
なんてメッセージがチラリ・・・
「言葉にしてくれたら楽なのに」と何度思ったことか。

わかりやすい態度で来る時には
「かわいいなぁ~」「よしよし」と私もニコニコ。

拗ねるように「甘えたくないもん」
なんて態度の時は、私の余裕に左右されるも
「またやってるわ~」で対応できることもある。

ただ、それを繰り返されたり
「泣く」を出されてしまうと
とたんにお手上げになっちゃう。


先日、次女の算数の宿題を手伝っていた時

必死に教えようとする母に
なんだか、他人事のような態度の娘

正しい答えを教えてもらいたかっただけの娘
解き方を考えて理解してもらいたかった私
そこがぶつかっちゃったみたい。

ちょっとしたことから泣き始め…

「泣いたって解決しないんだから」
娘の泣きに影響されたくないと思いつつも
もれなく反応しイライラ開始。
そんな母の気持ちをよんだのか、
大泣きが始まる娘。

だって、やるしかないじゃない!
私も時間取ってるんだから。
〇×※△〇××△※!!

感情任せで言葉を放つ母
(後で後悔するのだけど)

娘はひとしきり泣いて、
私もひとしきりイライラして
二人ともすごいエネルギーを消耗する結末。

そんなことが起こった後は
子どもが寝た後にひとり冷静になって考える。

次女の気持ちを受け止めてあげなかったことに
反省をする私。

始まりのときに、「大丈夫だから」って
抱っこしたらすぐに解決できたのにと思う私。

そうなんです。
泣き始めの時に抱っこしちゃえばいいのにって
頭の中ではそう考えているのに行動できないのです。

なんだろう、勝ち負けなんてないのに
そうしちゃうと負けちゃう気がするような
自分の気持ちがイヤだって言っているから。

改善する方法はわかっているのに
気持ちが引っかかって行動に出せないでいる。

子育てに限らずあると思うのです、こういうことって。

どうしたらいいのかな、こんな時。
そう思っていた時にちょうど

このブログにも何度かご紹介している
タイ僧のプラユキさんと直接お話できる機会があったので
(プラユキさんについてはこちらへ「よき縁ねっと」

プラユキさんに相談させていただいたのです。

「大泣きする娘を抱きしめたら
すぐに解決できるのにと考えてるけれど
なぜか辛くなってできないのです」

そしたらプラユキさん一言
「抱っこしちゃえばいいよ~」

ん?えっ?ええっ?なんと!
(私の頭の中はこんな感じの衝撃)

「行動しちゃうんだよ」

気持ちが辛いのに行動するの?
?が浮かぶ私に、こう説明をしてくださいました。

感情は自分を知る手掛かりにはなるけれど
感情に行動をコントロールさせるのではなく
理に沿った考えを主軸にするのだと。

より良くなるために理に沿った行動が
「抱っこする」なのであれば感情にとらわれず行動をすること。
そうしていけば感情も変化していくというのです。

それを聞いて気づきました。
私、いつの間にか
自分の気持ちに従う=自分を大切にする
だと思い込んでいたことに。

それにしても衝撃的だった言葉。

ただ、やりなさいと言われるのではなく
私の考え方のどこがズレていたのか
気づきをいただけるってほんとにありがたいことです。

これまで嫌だなと思ってきた娘たちへの対応は
自分を変えるチャンスなのだ
という新たな視点をいただきました。

よし、次のチャンスは逃さないぞ
そう思えたらワクワクしてくるから不思議です。

さて、そのチャンスはすぐにやってきました。

何やら思い通りにいかなかったのか
ひっくり返ってバタバタする次女。

一瞬たじろぎましたが
とりあえず手を伸ばして
抱っこ…じゃなくてコチョコチョしました。
抱っこよりハードルが低かったからか
とっさにコチョコチョ。

そうしたらなんだか娘も私も可笑しくなっちゃって
一緒に笑っていつの間にか私、娘を抱き上げていました。

「あ~、できた!私、できた!」って
皆は当たり前にできることなのかもしれないけど
私はできずに苦しんでいたことが出来たって
ほんと嬉しくなりました。

おもしろいことに、その様子を見ていた長女が
いつもの怒りっぽい変化球を出してきました。
(次女はひっくり返りの変化球が定番で、長女は怒りの変化球が定番です)

なんだか試されたみたい(笑)

同じくコチョコチョからの抱っこ。
なんだか幸せ(ほんと単純な私)

辛いからできない。
気持ちを大切にするなんて言いながら
気持ちに囚われていたんですね。

「自分ってこうだから」
「こう思うから」
そんな思いに囚われているところから
自分にとってより良く生きる方法とは何かを考えて、
その変われる一歩を選ぶこともできるのですよね。

それでね、
理に沿った行動で一歩を踏み出してみると
以前のやり方が、どれだけ自分を疲弊させていたのか
そこに気づくこともできたわけです。

どちらが自分を大切にすることなのか
身をもって知ることができました。

プラユキさんとお会いする時には
いつも気づきを頂くのです。
その気づきや学びは、日常に直結していて
そのたびに生きやすくなっていくこと、
特に今回の気づきと学びは
私のライフオーガナイズの仕事にも
生かしていける深い学びだったと感じています。

皆さんには
○○をしたほうが状況がよくなるとわかっているのに
行動に移せない。そういうことがありますか?

何がストップをかけているのでしょう。

より良くイキイキとした暮らしができるよう
理に沿った考えで行動してみる
そんな一歩を踏み出せるといいですよね。



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
ブログ読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村


~現在募集中の講座・片づけサービスです~

★1月自宅講座、募集中です。
1月26日(金)3名様
詳細はこちらをどうぞ>>>
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28755381.html
(講座の依頼も承ります。お問い合わせフォームからご依頼ください
小さなお子様がいるお母さんも、ご相談ください)
問い合わせフォーム

★1月2月各種片づけサービス承っております。
詳細はこちらをどうぞ
http://watashinoerabukurashi.com/archives/28902540.html

このページのトップヘ