私の選ぶ暮らし

自分らしく暮らす これが好き これがしたい こんなふうにしたい 自分の気持ちに気づくお手伝い、 いまここをステキに過ごすためにサポートしていきます。

日常で起こった出来事やら
今の自分が思うこと感じたことを
こうして徒然まとめているブログ


もちろん、何かしらのご縁で
このブログを読んでもらえて
その人の暮らしかたの
ヒントになるようであればいいな
と思っている。

それと同時に

自分のアウトプットだけあって
書いた内容が今の自分に必要なことだったりする。

認識できていない自分の現状に
気づくきっかけになることもある。

昨日のブログがそう。

ここ数日
「やらなくてはならないこと」が
重なっていたところだった。

気持ちって正直なのだなと
つくづく思うのだけれど

不安っていうより
違和感といった感覚を感じて。
(以前に不安をグルグルと
巡っていた時期を経験してから
違和感として受け止めるようになった)

抱えすぎってことに気がついて
なにか方法を考えようって思えた。

よくよく考えたら
モノゴトを「誰かにふる」「頼る」が
できることまで抱えていたみたい。

「頼ること」をしてるつもりでいたけれど
まだまだその余地はあるよ。
ということだった。

昨日のブログ(思考)は
抱え込むクセがある自分への
メッセージだったなぁ
としみじみ思ったのである。

日々わいてくる様々な感情に
つい良い感情、悪い感情などと
評価をつけがち。

嬉しい=良い感情
不安=悪い感情
みたいに。

人は悪いとみなされる感情に
敏感になる。

悪い感情を排除しようと
「そんな考え方するべきではないのに」
「そう考えるのはダメだ」
と自分を責めてしまったり。

そうすると
その感情自体が問題として
扱われるようになる。

同じ体験をしても
嬉しさを感じる人もいれば
悲しみを感じる人だっている。

人それぞれの価値観や
体験したことによっても
モノゴトの捉え方は違うように
感情の捉え方もそれぞれ。

感情って自然とでてくるものだから
無くすことはできないけれど
捉え方は変えられる。

良し悪しのジャッジはせずに
「そう感じているんだな」
と感情を客観視するだけ。

感情は自分を知る手がかりでもあるから。
本当の自分の感情を見逃さないためにも。








「サレンダードワイフ」の本を久しぶりに読み返したら…。
からのつづき


当時の私は
この本を読んで

○○したほうがいい
○○にすべきだ

と夫に対する対応を
変える努力をしたものだった。

とりあえず、実践可能な事から
試してしていったのだけれど

実践する時は

自分の気持ちから
素直にそう行動するというより

「○○しなくちゃならない」
と計画的にやっていた状態。

今、考えてみると
その行動は自分にとって
「我慢すること」
になってしまっていたのね。

だから
実践してると
なんで自分だけ~なんて
気持ちがどんどん膨らんで
イライラ大爆発!
なんてことがあったり…。

私のノウハウ通りの対応によって
夫の反応が変わり
ステキな関係に変化する
より先に
自分の我慢の限界が来てしまったわけ。

そして、いつしかこの本は
本棚へ仕舞われたまま
かなりの年月が経った。

結婚生活も15年以上
私が40才を過ぎた最近になって

自分の視点がグルリと変わったのが
きっかけとなり
夫婦の関係はノウハウ本無しでも
だんだん楽になっていった。
(もちろん山あり谷ありだけれど、
以前と比べたら断然楽だと感じる)

今となって本を読み返したら

大事なことを実践するのを
怠っていたことに気がついた。

私にとって最初に実践すべき事は
「自分を大切にしてケアすること」
だったってことに。

私がやってきた実践って
ケアがちゃんとできている人なら
我慢してるって感覚とは違うはず。
自然とそうしたいようになるのだと思う。

本には
「セルフケアできるようにならないと
夫を立てるだけのエネルギーはわいてこない」
ってしっかりかかれてた。

当時の私は
それが最優先事項だとは気がつかず

優先順位なんてお構い無しで
できることから片っ端に
実践していたから
目標まで到達できなかったわけ

この本に限らずだけれど
ノウハウ本を実践するときに
共通する落とし穴だと思う。

重要なのは
まずは自分を自分で労わってあげること

そうしないと欲しい結果が
得られないなんてことにだってなり得る。

私の仕事でもあるライフオーガナイズは
自分の価値観を軸として
あらゆるコト・モノを整えていく。

「自分がどうありたいか」が軸になる。

自分がどうありたいかを知って
自分にとっての優先順位を明確にする。
そのうえで自分にとって必要なモノを
選び取っていくということをするのだ。

そうすることは何より自分を
大切にしていることだと思う。

これってなんて理にかなったことなのだろう。

すべてのモノ・コトってここがポイント。
だれかとの関係性であっても。

たまたま読み返した本からもらったメッセージ
いろんな意味で勉強になった本だったなぁ。

2017.10.20追記~
こちらの記事を読んでくださって
ありがとうございます。

私自身、夫との関係を
より良いものにしていきたいと
試行錯誤でやってきました。

ずっと自分を大切に生きてきたつもりでした。

誰かの目を気にしてみたり
罪悪感を感じながら誰かを頼ってみたり

でもそれは自分軸で生きることとは
少し違う生き方だったのかもしれません。

自分を大切にするって
こういうことかなと思うことを最近ブログにしました。

そんなことをブログにしたすぐ後に
一冊の本と出会いました。
その本を紹介したページも載せておきます。
時間があったらぜひ読んでみてください。

誰かとの関係性をより良くしたい
そう思う方のヒントになりますように。


タイトル:自分を大切にするってどういうこと?
http://watashinoerabukurashi.com/archives/26135684.html


タイトル:サレンダードワイフの本が気になる人へ この本よかったら読んでみて
http://watashinoerabukurashi.com/archives/26339139.html

このページのトップヘ